*
とじる
*
とじる
*
とじる

みなさまこんにちは。川上です。

ひとりで飲食店に行くと、ご飯を食べている時以外は何をしていいか悩みませんか?私はひたすら仕事のメールを送るフリをします。

10月21日、宇城市三角町にオープンした「天城鐡道(てんじょうてつどう)」はとにかく飽きないカフェなんです。

食べたり飲んだりしている時はもちろん、注文してからメニューが到着するまでも飽きる暇がないそう。

その理由は鉄道模型!

本日は、鉄道模型×カフェの「天城鐡道(てんじょうてつどう)」をご紹介します。


宇城市三角港近く10月21日オープン!「天城鐡道(てんじょうてつどう)」

本日は、宇城市三角町三角浦へやってきました。お店があるのはJR三角駅の近く。駅前の道から1つ入った通りです。

こちらがミニチュアカフェ「天城鐡道(てんじょうてつどう)」。スタイリッシュでお洒落な外観です。車は、お店の前と隣に敷地に停めて良いそうです。

中に入るとこちらも無機質でおしゃれ。実はこの店舗、古民家を改装されたもの。今まで見たことのある古民家と雰囲気が違ってびっくり。

元々は鉄筋の家で、当時の柱も活かしてカフェになっています。この店舗のデザインにはオーナー自ら携わられたそうです。

全く飽きない!目の前の鉄道模型で広がるドラマ

席はカウンターのみ。しかし、このカウンターが凄いんです。

巨大な鉄道模型が目の前に!

「天城鐡道」は巨大鉄道模型を眺めながら楽しめるカフェ。ジオラマには種類があり、そのスケールによって呼び名が異なります。こちらにあるのはNゲージと呼ばれるものです。

元々、鉄道模型はオーナーの趣味。奥様がカフェを始めたかったことから、融合したら面白そう!と思ってこのような形になりました。

さらに、暇になることなくカフェを楽しんでほしいという想いもあったそう。

だから常にこの鉄道模型もアップデートされています。さらに、毎日違う車両が走っています。

実際に熊本を走っているくまモンの電車もありました。

熊本にゆかりのあるものも多数。こちらは荒尾市の万田坑をモチーフにしたもの。

こちらは天草エアラインの飛行機。

人々が生活している様子やドラマも再現されています。

川で釣りをしている人がいたり

交通事故が起こっていたり。鉄道模型は1つ1つのパーツを組みあわせてこの空間を作りだすんだそう。なんと、この模型を作るには毎日作業して1ヶ月半~2ヶ月の時間が掛かっています。

鉄道模型を眺めれば眺める程、色んな発見があるのでどれだけ見ていても飽きません。子供から大人まで楽しめます。

フードもこだわりたっぷり。おすすめはバスクチーズケーキ!

鉄道模型に加えて、フードメニューにもこだわりがあります。

お店のおすすめはバスクチーズケーキ

色んなお店やコンビニスイーツを食べて1年以上研究し、オープン直前まで改良を重ねて完成したお店の自信作です。

また、カヌレラスクもこだわって作られた一品。人気メニューのカヌレを子供向けにアレンジしたものです。

子供だと、カヌレは硬くて食べられないことからカットしてラスクにしたそう。兄弟で分け合いこともできるので気軽に購入できていいですね。

コーヒーは焙煎所から直接仕入れている豆を使い、注文してから1杯1杯丁寧に淹れてくれます。

浅煎り・中煎り・深煎りとブレンドの4種類あり、オリジナルハンドドリップコーヒーはお店のオリジナルの配合でブレンドされています。

クセがなくて食べやすいフードとドリンクが魅力

それではおすすめのメニューを頂きます!

バスクチーズケーキ500円/オリジナルハンドドリップコーヒー400円

今回はバスクチーズケーと・オリジナルハンドドリップコーヒー、カヌレラスクを頂きました。

頂いたブレンドコーヒーは、まろやかな口当たり。あっさりしていてとても飲みやすい。どんなフードにも合いそうです。

次にバスクチーズケーキを頂きました。このバスクチーズケーキは、生地の密度を高めるために牛乳、小麦粉、クリームチーズの配合にこだわり、さらにケーキのサイズまで計算されています。

とても滑らか!舌の上で溶けるような感覚です。バニラの香りも強く、口の中に広がります。

生クリームも使われており、チーズの特有の風味は抑えられているのでチーズが苦手な方でも食べられそう。さっぱりと甘さのバランスがちょうどよいスイーツです。

味はあっさりしていますが、重量があってずっしりしているので食べた後の満足感がとても高いのも魅力的です。

最後にカヌレラスク。カヌレをスライスした砂糖がまぶしてあります。

カヌレ特有の固さはありますが、薄いので噛み切るのに苦労することがありません。

サクッ

もちっ

食感も楽しめます。砂糖がまぶしてあって甘さも倍増。ガツンと甘くてコーヒーとの相性も抜群です。

ワクワクが止まらないカフェ

宇城市三角町にオープンした「天城鐡道」に行ってきました。

無機質でお洒落な空間に広がる鉄道模型がインパクト大なカフェです。見れば見るほど興味が出てくるほど、細かい設定の鉄道模型に子供から大人まで楽しめるスイーツ、コーヒーと沢山の魅力がありました。

今後はカフェで模型のワークショップも開催していく予定だそうです。いつ行っても楽しめるワクワクしたカフェ、ぜひ行ってみて下さいね。

天城鐡道(てんじょうてつどう)

住所

熊本県宇城市三角町三角浦1159-153

営業時間

月・水・金 11:00-16:00
土日祝 11:00-17:00

定休日

火・木

ホームページ

https://tenjotetsudo.wordpress.com/

instagram

https://www.instagram.com/tenjo_tetsudo.jp/

電話番号 090-3195-9902

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【熊本市東区】ガツンと肉!つなぎなし黒毛和牛100%ハンバーグが最高すぎ「平家の郷」

2024.05.21

【サクラチル】開花宣言はするけど落花宣言はしないので肥後ジャーナルがやれば初になるかもしれない。想像をはるかに超えた境地に行き着いてしまった。

2024.05.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal