*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは、なめこです。

コロナ禍って精神的にも疲れますよね。菊陽にある「Cafe&gallery Vessel」は、なんと陶芸体験ができるカフェ。チリ料理やメキシコ料理など多国籍な料理を頂けて、なおかつ空間に癒されるのだそう!

陶芸に癒されるのは分かるけど、空間に癒される!?これは気になる!早速行ってきました!


三里木公園向かい、町民センター側道沿いの住宅街へ

「Cafe&gallery Vessel」は、三里木北公園向かい、菊陽町三里木町民センター側の道沿いの住宅街にあります。この看板が目印です。

奥へ進むと「Cafe&gallery Vessel」があります。外から見ると全く中が見えません!中へ入って行きましょう!

おぉ~!中へ入るとお洒落な空間が広がっていました。海外で空間デザインを学んだ店主の裕介さんが手がけたそう!この空間がやたら癒されると評判なのですが、その理由は母胎がイメージされています。だから落ち着くんですね。納得。

チリやメキシコなど様々な国の料理が楽しめる!

メニューは、チリの家庭料理であるチュッぺスープにメキシコ料理チリコンカンライス、ペルーの伝統的な料理サルタードなど他のカフェではあまり見ない料理名ばかり。

今回は、セットのメインを「地中海野菜のチリコンカンライス」にして頂きました!

まずは、サラダと冷製オニオンスープ。豆乳入りでなめらかな味でした。

メインの「地中海野菜のチリコンカンライス」お豆や野菜、豚肉がごろごろと入っていて飽きない美味しさでした!

デザートは、ミックスベリーを乗せたフルーツオープンサンド。デザートまで手作りされていて日替わりだそう。しっとりしたケーキがミックベリーとマッチしていて最高に美味しかったです!

ドリンクが豊富すぎる!

めちゃめちゃ豊富すぎてびっくり!コーヒー1杯飲みにくるのもOKだそうです。

その中でも気になったのが、フレッシュミックスジュース!ベースから1つ、ミックスから1つ好きな味を選ぶことができます。セットに+200円すると全てのドリンクから好きなものを選べるとのこと。ミルクベースにイチゴをミックスしたものをチョイスしてみました!

思ってたよりでかい!しかし、どっかりせずに、めちゃめちゃ飲みやすくてごくごくいけちゃいました。

陶芸体験で癒されたい!

実は、陶芸体験が看板の上の建物、「陶房恵泉」でできます!とのこと。なめこ20歳。癒されるべく、初めての陶芸体験に挑戦です!

今回体験するのは、“手びねりたたら作り”という初心者にも易しい手法。この粘土の塊から作っていきます。

まずは、手で粘土を伸ばしていきます。

さらに、手動の機械で伸ばしていきます。

いい感じに伸ばされました!

次に、型紙に沿ってカットしていきます。

すると、たくさんのお皿の型が用意されました。この中から好きな型を選んで!と言われ、カレーが食べたかったので、深いお皿を選びました。

型に当てはめたものがこちら。お皿っぽくなってきました!

次は、この中から好きなスタンプと色を選びます。好きなものを選ぶ時間ってわくわくしますよね!

選んだスタンプを粘土に押していきます。

出来たのがこちら。めちゃめちゃ可愛い!

口縁を綺麗に整えたら型をとります。

あとは焼き上がりを待つのみ!

焼き上がったら完成!つやが思った以上にすごくてびっくり!色はマリンブルーにしました。スープを入れたり、サラダボウルにも活用できそう!

想像していた陶芸よりも遥かに楽しくてあっという間でした。

土と触れ合うことで癒される一時を過ごすことができました。癒されたい方、陶芸体験をしてみたいという方はぜひ。

ご予約は、こちらから

2階には、器やアロマランプが並ぶ

カフェから2階へ上がると「陶房恵泉」で作られた数々の器が飾られています。購入も可能で、展示会も開催しているそうです。作られた器は、カフェでも使われています。

アロマランプもあります。2階も癒される空間が広がっていました。

日々の疲れを癒したい時は、「Café&gallery Vessel」で非日常な癒し空間を満喫されてみてください!

Cafe&gallery Vessel

住所

〒869-1101       熊本県菊陽群菊陽町津久礼2966-5

営業時間

火曜~金曜11:30~16:00

土曜11:30~17:00

日曜11:30~18:00

定休日

月曜日、第1・3日曜+不定休

SNS

Instagram

電話番号 096-232-6656

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

営業再開した人吉の老舗、醤油・味噌醸造元「緑屋本店」のアイスもなかはコクがあってたまらない!

2022.06.20

最近ワンピースが熱いので、ロマンを追い求める僕は船上で日の出を見たくて有明フェリーを利用した。

2022.06.18

湯前の老舗和食屋さん「魚八」はリーズナブルで地元の方に愛されているお店だった。

2022.06.12

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

流れ星にお願い事をするんじゃなくて、自らの手で叶えたい!!!~ビジネスの作り方を女性起業家に届けるWeb集客コンサルタント〜

2022.05.29

PUBLIC RELATIONS

流れ星にお願い事をするんじゃなくて、自らの手で叶えたい!!!~ビジネスの作り方を女性起業家に届けるWeb集客コンサルタント〜

2022.05.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal