*
とじる
*
とじる
*
とじる

昨年4月に渡鹿の住宅街にオープンした「ごはんとおやつのお店 ユルリト」。店名の通りゆったりできて、あったかい気持ちになれる居心地のよいお店です。


シンプルでぬくもりのある店内

こちらが、昨年4月に渡鹿にオープンした「ごはんとおやつのお店 ユルリト」。

ドアを開けると、店内はシンプルで明るく、広々とした開放的な雰囲気です。

テーブル席や窓のあるカウンター席、ソファー席などがあり、くつろげる空間となっています。

インテリアや照明も無駄がなく洗練されたものばかりで、居心地の良さは抜群です。

おいしくて幸せになれる手作りスイーツ

こちらがメニュー。

ランチやデザートの日替わりメニューは、店内の黒板に記載されています。

日替わりや週替わり、季節ごとに変わるメニューがあるので、何度行っても楽しめるのが魅力です。

今回は、ベリーベリーチョコパフェと、いちごのチーズケーキをオーダーしてみました。

こちらが見た目もかわいいベリーベリーチョコパフェ。

パフェグラスの中には、手作りのチョコチップシフォンケーキや、ベリーのソース、バニラアイスなどがぎっしりつまっていて、上にはチョコアイスにマーブルケーキ。チョコとベリーの間違いない組み合わせに、ふわふわのシフォンケーキが絶品で幸せな気分になれるパフェでした。

いちごのチーズケーキは、とてもしっとりした食感!甘さもほどよく、優しくて飽きのこない味で、こちらも美味でした。

お子様にも安心のこだわりのお菓子

「ユルリト」には、手作りの焼き菓子もたくさん並んでいます。

厨房の前にカウンターがあり、かわいい焼き菓子がたくさん!

愛らしい顔の「ユルリトサブレ」や…

ビスコッティやフロランタン。

レジの横にはチーズまんじゅうもあり、どれも食べたくなってしまいます。

そして、なんといっても魅力的なのが、原材料へのこだわり!

高千穂バターや奄美きびざとうなど、体に優しい材料が使われているので、小さなお子様でも安心して食べることができます。

こんな愛情いっぱいの素敵なお菓子を焼いているのが、オーナーの森内さん。二児のママで、看板やサブレのぼうやの顔は、息子さんをモデルに自分でデザインされたそうです。気さくに笑顔で話しかけていただいたり、森内さんの人柄もお店の魅力のひとつです。

まとめ

ぬくもりのある空間で、おいしくて体に優しいごはんやおやつを楽しめる「ユルリト」。お店を出るときには、不思議と優しくあたたかい気持ちになってしまう素敵なお店です。皆様も「ユルリト」で、癒しのひとときを過ごされてみてはいかがでしょうか。

■ごはんとおやつのお店 ユルリト■

営業時間:ランチ11:00~15:00(L0 14:30)  ティータイム15:00~17:00
定休日:日・月曜日
TEL 096-295-1962
住所:熊本市中央区渡鹿6丁目7-46 Rent昌1F
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal