*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本のイメージキャラクターはどっちだ!お披露目された「全国都市緑化くまもとフェア」くまモンを出し抜こうとして玉砕した話。

ライター:川上 川上
キーワード:

肥後ジャーナル読者の皆様こんにちは。
「全国都市緑化くまもとフェア」って知っていますか?

来年、熊本の一大イベントの全国都市緑化フェアが開催されるのです。本番はまだ先ですが、実はもうすでに関連イベントは始まっています!

熊本の明るいニュース!もちろん、肥後ジャーナルもしっかりと盛り上げていきたいと思います!


「全国都市緑化くまもとフェア」なるものがあるらしい

それはある日の昼下がり。

「おおーーーーーー!」

伊藤の叫び声が。

「わー凄いのが開催される!」

話をきくと、熊本で緑化フェアが開催されるらしい。緑化フェア…?

「なんで分からないかなぁ!サマソニ!サマソニが熊本で開催されるようなものなんだよう!!」と、叫んでいますが、サマソニが熊本で開催されたらそれは大変なこと。

聞くと

昭和58年(1983年)から毎年全国各地で開催されている全国都市緑化フェアは、日本最大級の『花と緑の祭典』で、たくさんのお花や緑にふれることができるそうです。

なるほど。全国規模で行われるイベントのようです。そして、次回の会場が熊本なんだとか。初耳。

くまモンお披露目されるってよ

全国規模で行われるイベントである緑化フェアですもの。できることならばイメージキャラクターになりたい。そう思い調べると

「あれ。イメージキャラクターにくまモンが就任している…先越された…」

さらには、6月14日(月)に緑化フェア用の特別衣装をまとったくまモンがお披露目されるそう。居ても立っても居られません。

「よし、こうなれば直接対決だ!どっちがイメージキャラクターに相応しいか白黒つけてやる!」

目指すは熊本市動植物園

6月14日(月)、本当に伊藤は熊本市動植物園にいました。


ここが全国都市緑化くまもとフェアイメージキャラクター『くまモン』がお披露目される会場、もとい戦場です。

いざ出陣!

背中からみなぎる闘志をおさえることができません。


えっ

マジでどうした。

なんということでしょう。

あんだけ気合入っていたのに…

時間まちがえた。(ガチです)

伊藤絶望

そうだ、全国都市緑化くまもとフェア事務局へ行こう


改めてこんにちは。伊藤です。

気付いたんです。イメージキャラクターを決めるのはくまモンじゃない。全国都市緑化くまもとフェアの事務局にお願いすればいいじゃん。

なんで私が花を持っているかって?その理由はこれ!

これが全国都市緑化くまもとフェアのイメージキャラクターくまモン。これさえあれば私もイメージキャラクターになれるかもしれない。


羽根!


これで準備万端。早速行きましょう。

こんにちは~!

熊本と言えば!肥後ジャーナルの伊藤です〜!


突然ですが、全国都市緑化くまもとフェアのイメージキャラクターにしてください!!!!


熊本市全国都市緑化フェア推進室 室長 井戸さん

「こんにちわ〜。」

緊張感をなくす羽根


「あ、あの私、全国都市緑化くまもとフェアのイメージキャラクターになりたいんです。」


「そもそも緑化フェアって知っています?」


「はい!!サマソニが熊本であるような素晴らしいイベントです!」


「(笑)そうなんですよ。このイベントは2022年の開催に向けて2018年から4年かけて準備しているくらい熊本市が気合を入れている事業なんです。」


「4年がかりで。すげー。」

で、「全国都市緑化くまもとフェア」って結局なんなの?


どんどんずれ落ちる羽根


「緑化フェアは、街なかエリア、水辺エリア、まち山(立田山)エリア、3つのメイン会場でくまもとの魅力を発信していきます。

フラワーアンバサダーに世界的フラワーアーティストであるニコライ・バーグマンさんを起用して熊本県産の花でメイン花壇を作って頂く予定です。

さらにはガイドツアーマルシェリレーもあるし、あっそうだ個人宅や地域、企業のみなさまが育てられている、お庭や花壇などを会場としたオープンガーデンはもうスタートしています!」


ずれ落ちすぎて、もはや羽根でない


「ほうほう。」

「ってちがーう!!!!」

「すごいイベントだと言うことは分かりました!しかし今日来たのはイメージキャラクター!私はイメージキャラクターになりたいんです!なんでくまモンなんですかっ!?熊本と言えば肥後ジャーナルでしょう!伊藤でしょう!」


「ほらっ!くまモンに引けを取らないくらい可愛いですし!」


温かい目で見守る井戸室長


「伊藤さん、言い忘れていたんですが…くまモンは広島で前回開催された緑化フェアの閉会式ですでに次回のイメージキャラクターとして紹介したんですよね。だからイメージキャラクターを変えることはできません。」


えっそうなの?


「あっ伊藤さん。また羽根が落ちかけてますよ。」


ベリっ


「あっ。」


ぺたぺた


「あっありがとうございます。」

くまモンには負けちゃったけど


熊本はもちろん、日本、そして世界でも人気があるくまモン。熊本でよく見られる紋黄(もんき)蝶をモチーフにした特別衣装で緑化フェアを盛り上げてくれます。

『たくさんのお花が咲き誇る会場で、蝶に扮したくまモンが飛び回り、集めたお花とともに笑顔と幸せをみんなに届けられるように』という想いが込められているそうです。

全国都市緑化くまもとフェアは開催までにも様々なプレイベントが予定されています。

10月に150日前イベント、12月に100日前イベント、来年3月に直前イベントなど。

くまモンには負けちゃったけど、肥後ジャーナルは緑化フェアをこれからも追いかけていこうと思います。

第38回全国都市緑化くまもとフェア

愛称

くまもと花とみどりの博覧会 ~THE GREEN VISION 未来への伝言~

提唱

国土交通省

主催

熊本市、公益財団法人都市緑化機構

事業主体

第38回全国都市緑化くまもとフェア実行委員会

開催期間

令和4(2022)年3月19日(土)~5月22日(日)(計65日間)

HP

https://kumaryokkafair.com

Instagram

https://instagram.com/kumaryokkafair?utm_medium=copy_link

Twitter

https://twitter.com/kumaryokkafair?s=21

電話番号 096-328-2525
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal