*
とじる
*
とじる
*
とじる

【祝・再開】水前寺成趣園に行ってきました【5月31日まで入園無料!】

ライター:りよう りよう

image

熊本の観光名所の1つ水前寺成趣園(水前寺公園)が再開されました。

震災により被害を受けて休園していた水前寺公園。
関係者の努力により再開へとこぎつけました。

地震直後は鳥居が崩れたり灯籠の崩壊、さらには園内の水が干上がってしまうというネガティブな報道がなされていただけに
「再開までにはかなり時間がかかるかもしれない」と予想していただけに思ったよりも早い再開となった気がします。

━━━早速、再開したばかりの水前寺公園に行ってきました。

なんと5月31日までは入園が無料とのことです。
image

園中に入り、やっぱり気になったのは池の水でした
image

image

image

image

完全復活とはいかないまでもかなりの水位まで戻っているようです。

そして水前寺公園と言えば『鯉』が有名ですが、地震の際には別の所に避難させてたようで、水位が回復したところで池に戻したそうです。(一部に集められています)
image

お馴染みの鯉のえさも売ってありましたよ
image

そしてもう1つ気になるのが【出水神社】の存在です。
地震後の報道では、鳥居が崩壊したと伝えられていました。

image

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
image

鳥居は完全に撤去されていました。少し寂しいような気もしますが、今は参拝できるだけでもありがたいことです。

本殿はこのようにまだ修復が必要なようです
image

稲荷神社の赤鳥居
image

細川藤孝公・細川忠利公の銅像は無事だったようです
image

南のほうの壁は一部破損が見られ震災の被害を物語っています
image

image

綺麗な富士山を見るとホッとします
image

水前寺成趣園のすぐ近くにあり今回の地震により被害を受けた【夏目漱石第三旧居】及び【ジェーンズ邸】はまだ見学を再開していないようです。

夏目漱石第三旧居
image

image

ジェーンズ邸
image

image

能楽殿
image

お食事処もまだ再開しておりません
image

売店やお土産屋さんも閉まっているところが多いのですが、公園入口の2店は営業されています
image

image

古今伝授の間
image

image

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
再開された水前寺成趣園、熊本の観光名所の1つが再開されたことは、復興に向けた第一歩だと思います。
まだ観光客は少ないですがこれから徐々に客が戻り熊本が元気になることを祈ってます。

最後にパンフレットを。
スタッフの方が手書きで丁寧に今の気持ちを書いてくれています。
image

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【プレゼント有り!】大津の「ファームヨシダ 」へバーベキューに行ったら、4人総額3300円でお腹いっぱいになった

2020.06.19

三十路子連れ女が車について考えてみた #3 友だちのクルマがキレイだった秘密

2020.06.03

PUBLIC RELATIONS

【プレゼント有り!】大津の「ファームヨシダ 」へバーベキューに行ったら、4人総額3300円でお腹いっぱいになった

2020.06.19

三十路子連れ女が車について考えてみた #3 友だちのクルマがキレイだった秘密

2020.06.03

三十路子連れ女が車について考えてみた#2 汚部屋化に歯止めを。

PR

2020.05.20

勃発!「ママチャリvsクロスバイク論争」どちらが便利か主婦としゃりんかん浜線店のガチンコバトル!

2020.05.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal