*
とじる
*
とじる
*
とじる

震災後、ビル改装のため休業していた「赤のれん」が復活!

創業が昭和46年、今や昭和の熊本ラーメン店を代表するお店のひとつである「赤のれん」さん。

建物の老朽化があった以前のお店から新市街アーケード内に移転後、順調に経営も出来てきた矢先の熊本地震。

どうにか応急処置等で一度は営業再開していたものの、今度は入居ビル自体の復旧工事のため、やむなく再び休業。

そして今年6月3日に、待ちに待った営業再開となったようです!

たくさんの祝いのお花に囲まれたリニューアルオープン!

このラーメンのモニュメントも、新市街に赤のれんあり!という象徴となっています。

英語の表記もしっかりあります。今や海外からのお客様にも名が知れた「chinese kumamoto noodle」。

赤のれんも熊本ラーメンのスタイルを継承しているお店。

濃厚なとんこつとにんにくの香りが広がる絶妙なスープと、中太麺のしっかりとした麺がたまりません。

もはや世界に誇れる熊本ラーメン店。来熊の際は一度ぜひ!

表の入り口も以前と変わりまして、以前はザ・昭和!なスタイルでしたが、リニューアル後は少しお洒落なスタイルに変わりました。

県外のラーメン通からすれば、まさに求めていた熊本ラーメンの味ともいえる「赤のれん」さんです。

飲んでシメのラーメンとして最高の一杯! ぜひまた足を運びたいですね!

■赤のれん■

住所:熊本県熊本市中央区新市街8-1

電話:096-322-9662

営業時間:11:00~3:00

定休日:日曜日

地図

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

PUBLIC RELATIONS

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal