*
とじる
*
とじる
*
とじる

震災後、ビル改装のため休業していた「赤のれん」が復活!

創業が昭和46年、今や昭和の熊本ラーメン店を代表するお店のひとつである「赤のれん」さん。

建物の老朽化があった以前のお店から新市街アーケード内に移転後、順調に経営も出来てきた矢先の熊本地震。

どうにか応急処置等で一度は営業再開していたものの、今度は入居ビル自体の復旧工事のため、やむなく再び休業。

そして今年6月3日に、待ちに待った営業再開となったようです!

たくさんの祝いのお花に囲まれたリニューアルオープン!

このラーメンのモニュメントも、新市街に赤のれんあり!という象徴となっています。

英語の表記もしっかりあります。今や海外からのお客様にも名が知れた「chinese kumamoto noodle」。

赤のれんも熊本ラーメンのスタイルを継承しているお店。

濃厚なとんこつとにんにくの香りが広がる絶妙なスープと、中太麺のしっかりとした麺がたまりません。

もはや世界に誇れる熊本ラーメン店。来熊の際は一度ぜひ!

表の入り口も以前と変わりまして、以前はザ・昭和!なスタイルでしたが、リニューアル後は少しお洒落なスタイルに変わりました。

県外のラーメン通からすれば、まさに求めていた熊本ラーメンの味ともいえる「赤のれん」さんです。

飲んでシメのラーメンとして最高の一杯! ぜひまた足を運びたいですね!

■赤のれん■

住所:熊本県熊本市中央区新市街8-1

電話:096-322-9662

営業時間:11:00~3:00

定休日:日曜日

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

パルコパーキング前にタイマッサージ&雑貨の店「nimroom(ニムルーム)」がオープン!天国かと思う時間を過ごしてきた

2020.07.23

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

7/18オープン!コロナ対策もバッチリな「エミナースプール」で今年もたっぷり遊ぼう!

2020.07.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal