*
とじる
*
とじる
*
とじる

荒尾でステーキを食うならココ!「カフェレストランZORO」!

ライター:上野P 上野P

荒尾にある「カフェレストランZORO」で、活力がつく美味いステーキが食べられるとの噂を聞きつけ、早速伺ってきました!


場所は「キャットン」さんの隣!

おしゃれな佇まいの「カフェレストランZORO(ゾロ)」。

壁にたくさんのワインの空瓶が取り付けてあるというユニークなデザイン!

実はZOROの隣にあるのが、以前紹介した猫ジュエリー工房の「Catton」です。

おしゃれなお店が並んでいて、とても素敵な場所ですね!

店内は広くでゆったりできるスペース!

店内はテーブルの間隔も広く、ゆっくり落ち着いて座ることができます。

大きなガラス窓が全面に付けられているので、開放感も抜群!

豊富なメニューも素晴らしい!

ZOROのオススメはなんと言ってもステーキ!

ランチステーキはお値段もとてもお得!しかもライスはおかわり自由で、+600円でステーキの量が2倍になる素晴らしさ!

料理はお肉が中心ではありますが、パスタや、お魚、和食ランチなども用意してあり、お肉を食べない方も安心してお食事することができます。

また夜の営業でも、夜ランチというお得なセットもありますので、お酒を飲まない方でもリーズナブルに夕食を楽しめます!

人気No.1の「サービスステーキランチ」をいただきます!

やはりここは、オススメのNo.1メニュー「サービスステーキランチ」を!

メインのステーキの前に前菜のサラダを。

お野菜は店主こだわりの地元産無農薬栽培野菜を使用!ドレッシングもお店で一から手作りのオリジナル無添加ドレッシングです!

スープももちろん手作りオリジナルポタージュ。暖かい優しい味わいです。

私はパンを選択してみましたが、この手作りのオリジナル焼きたてパンも絶品!バターも付きますが、このままでも美味しい。

メインのステーキが登場!

もう思わず生唾が口の中に溜まりそうな、魅力的なハラミステーキ!

またハラミ肉ステーキがサービスランチだなんて、とても贅沢ですね。

これもお店オリジナルのステーキソースでいただきます!

本当に堪らない最高のステーキ!すでにカットされた状態で提供されるので、お箸だけで美味しくいただけるのも嬉しいですね!

お皿にある副菜もまた素晴らしい!サーモンも和食店のようなな味!

各種ソースもうまく絡まって、もはや芸術的な雰囲気さえ醸し出しています。

ランチはいわゆる立ち食いステーキ店並みのお得なお値段ですが、まるで高級フレンチかのよう。

これだけでも結構な量ながら、ライスならおかわり自由だったり、追加で肉も二倍の量になったりと、本当にお客の贅沢な希望も次々と叶えてくれています。

サービスしすぎじゃないかとも思えてしまう、お客様目線の素敵なステーキレストランでした!

多彩なメニューはとてもこちらでは紹介しきれないので、お店のHPをご確認ください。

■カフェレストランZORO■

住所:熊本県荒尾市万田字西ノ峰725-1

営業時間:11:00~15:00/17:30~21:30

休日:毎週月・火曜日

電話:0968-62-7733

※夜営業は店名は「炭焼きグリルSAKABA-揃(ゾロ)-」に変更して営業しています。

地図

お店のHPはこちら!

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

熊本の老舗ラーメン店「健軍めんきち」で、あの志村けんさん・ダチョウ俱楽部上島竜平さんの写真を発見!

2022.06.04

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

流れ星にお願い事をするんじゃなくて、自らの手で叶えたい!!!~ビジネスの作り方を女性起業家に届けるWeb集客コンサルタント〜

2022.05.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal