*
とじる
*
とじる
*
とじる

【山鹿市】秘密にしたいけど教えたい!時間を忘れてくつろげる素敵な足湯カフェ「森の雫」が至福だった!

ライター:ぎんじろう ぎんじろう

こんにちは ライターのぎんじろうです。

ずいぶん秋めいて、肌寒い日が続くようになりましたね。

寒くなってくると行きたくなるのが温泉。

市内から一時間弱の場所に天然温泉の足湯カフェがあると聞いて出かけてきました。


穏やかな田園風景の中におしゃれな建物!足湯カフェ「森の雫」発見!

のどかな景色の中に、突如現れるおしゃれな建物。道路を挟んで左右に見えるのが「足湯カフェ森の雫」。

「P」と看板が出ていますが、実は2023年6月に増設したところなのだそう。

まずは増設された方の足湯カフェに向かいました。

8人くらいは座れる四角いタイプが一つと

5人くらい座れる丸いタイプが二つ、とてもきれいです。

こちらのタイプの足湯も座布団を用意してもらえるので、板張りは気になりません。

屋根や、柱がしっかりした作りだと見ていたら、宮大工さんの作なんだとか。細部までこだわりが感じられます。

実は私、足湯カフェ初体験。

念のためにタオルも持参していったんですが、ちゃんと準備してありました。

靴下を脱いでいざ!

お~!!!あったかい!

浸かるのは足だけなんですが、ふぅぅ~って声が出てしまう。

たまった疲れもストレスも吐き出せそう。まさに極楽です。

水深20センチ程度でしょうか、

毎日、お湯を完全に抜いて掃除をされているそうで、タイル張りの床はつるつる、清潔感あふれる足湯です。

タイルの凹凸が足裏への適度な刺激をくれて気持ちいい!

そして青く光るライトがなんとも幽玄な雰囲気。

暗くなったらきれいだろうなぁ。

足だけとはいえさすが温泉。あっという間に全身ポカポカです。

お天気も良かったこの日は少しお湯の温度が熱めに感じましたが、気候に合わせて「源泉に水を足して」温度調整しているとのことで、頼めば調整してもらえるようでした。

道路沿いではありますが、車の通りは多くはないので、とても静かでした。

おこたでみかん、ならぬ、足湯でスイーツ!

さて、うっかり足湯を満喫していましたが、ここは足湯カフェ!

お料理やスイーツを一緒に楽しめる場所でした!

こちらが増設された店舗で楽しめるメニュー。

足湯ですっかり血の巡りがよくなった私が頼んだのはメロンソーダとあんみつ!

バニラアイスと、クリームソーダの接地面のシャリシャリがお気に入りなんですよね。

フルーツが盛りだくさんですごいボリュームでした!抹茶アイスとあんこ合わないはずがない。

足元ポカポカで口から冷たい甘味。

足湯につかりながらの食事は何となく背徳感を覚えますが、気持ちいいには逆らえない!

全身浸かってゆったりくつろぐことはもちろん気持ちいいですが、靴と靴下を脱ぐだけでこれほどリラックスできるとは思いませんでした。

足湯カフェ…これからの季節、特に冷え性に悩む方にはぴったりです。

キッチンを増設し、足湯をエアコン完備のお部屋仕様にするといった計画もあるとのこと。完成時期はまだ不明とのことですが、さらにグレードアップしていくそうなので楽しみです。

さて、こちらは道路挟んで反対側の店舗のメニュー。お料理が中心のメニューでした。


こちらのお料理も注文することができ、お店の方が運んでくださるとのことでした。

お料理の一番人気は「エビフライ」とのことで、特に女性のお客様から絶大な人気を誇るメニューらしいです。

懐かしの昭和にタイムスリップ!

屋外にある足湯だけでなく、店内のおしゃれなキッチンカウンターでもお食事やスイーツを楽しむことができます。

案内された奥には、面白い空間が広がっていました。

なんともレトロなお部屋。懐かしの看板シリーズ、古いテレビ!こんな時代は知りませんが…落ち着きます。

さらに案内された反対側のお部屋は、一転ゴージャスな空間。

カラオケを楽しむことができる「スナック」なんだそうです。

夜だけでなく、予約すればお昼も楽しめるそうですよ。カラオケ付きの女子会とかどうですか?

ここは…桃源郷かもしれない!抜群のロケーションに感嘆!

一番ロケーションのよい足湯が空いたと聞いて、見せていただきました。

素晴らしい!!

時間がゆっくり流れているような感覚。ここはどこだっけ?

自然の地形が生かされ、まるで秘境。なんとも贅沢です。

こちらの足湯もお湯を抜いて掃除がされているので、水面を眺めているだけでも癒される。

水遊びならぬお湯遊びを始めてしまうお子さんも多いらしいです。

その気持ち、よくわかります!ましてや天然温泉ですものね。

やっぱり温泉にも浸かりたい!方は!

こちらへどうぞ

併設された一棟丸ごと貸し切り温泉です。人数何人で借りても一棟1万円!驚きの安さ!

男湯、女湯とそれぞれありますが、残念ながら宿泊はできないとのこと。

風情ある石造りの半露店のお風呂

囲炉裏にも変化するスペースもありましたよ。

近くにあんずの丘がありますし、泥んこになって遊んで、貸し切り温泉なんてどうですか?

今回は情報盛りだくさんとなってしまいました。

菊鹿温泉は1300年前から湧き出ている美肌温泉といわれています。

美肌温泉を手ぶらで手軽に楽しめて、心もおなかも満たされる足湯カフェ「森の雫」おすすめです。

足湯カフェ「森の雫」

住所

熊本県山鹿市菊鹿町松尾字合瀬川509-1

営業時間

11:00〜20:00

定休日

火曜日

ホームページ

https://morinoshizuku.biz/

Instagram

https://www.instagram.com/morinoshizuku_._boisrosee

電話番号 0968-41-8033

ライター紹介

ぎんじろう

ぎんじろう

興味があればとりあえず始めて…形から入り道具をそろえるタイプ。 多趣味なのでものがあふれていますが、片づけは壊滅的に下手です。 声フェチでアニメ好き!夜な夜なアニメ視聴なので、割と慢性的に睡眠不足です。 ただ…睡眠時間が短くても影響なかった身体が、最近は言うことをきかなくなって困ってます。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】小さなお菓子屋さん pour toi (プフトア)で飲み物のようなシュークリームに感動!

2024.05.22

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal