*
とじる
*
とじる
*
とじる

カフェで食べる太平燕(タイピーエン)!?北区楠の「cafe山桃」

ライター:かなこ かなこ

北区楠の住宅街に佇む「cafe 山桃」。

アットホームな雰囲気が漂うこのお店は、美味しい太平燕(タイピーエン)が食べられるカフェだという噂を聞きつけ、ワクワクしながら早速行ってきました!


国産の厳選材料を使用した「太平燕(タイピーエン)」

メニューを見ると、美味しそうな料理がたくさん載っていました!

が、初心を貫き、ここは迷わないで太平燕(タイピーエン)を注文!!

こちらが「cafe 山桃」の太平燕です!(税込810円)。

豚骨とチキンをベースにしたこのスープが、すっごく美味しい!!!

多くのお客さんからも、スープが美味しいと評判のようですよ。お好みでスパイスをかけて食べてもOK!

材料は、すべて国産のものにこだわっているんだとか。水も、野菜も、お肉も。

しかも、季節によって変わり、旬の野菜がたっぷりと入っていました!!

野菜の焼き加減にもひと工夫。

野菜をしっかりと焼いてから提供しているため、野菜特有の臭みを感じませんでした。

海鮮も豊富に入っています。エビもぷりっぷり!

野菜の下にはさっぱりとした味わいの春雨が!

クセになりそうな、美味しくて優しい味がする太平燕でした!

フルーツをふんだんに使用したこだわりドリンク

こちらの「パッションフルーツソーダ」の味にも驚きました。

熊本県産のパッションフルーツを、なんと1杯につき3個分も使用しているそうなんです!

パッションフルーツ本来の味を思う存分楽しめちゃいますよ。

今までパッションフルーツは食べたことがなかったんですが、パッションフルーツってこんなに美味しいんだ!と感動しちゃいました。

2019年8月からはドリンクのテイクアウトが始まるそう!ドリンクは、こちらの可愛いカップに入れてくれます。

これからの暑い季節、美味しくて可愛いドリンクを気軽にテイクアウトできるなんて楽しみですね。フルーツは季節のものを使用しているため、事前に問い合わせてから来店することをオススメします。

アットホームで芸術的なお店「cafe 山桃」

「cafe 山桃」は創業して16年目。

「山桃」の文字を頭にあしらっている可愛い女の子の絵。こちらの絵は、店主が描いたものだんだとか!温かい雰囲気がとってもステキです。

お店の中にも、多くの手作りの芸術作品が並んでいました。

「cafe 山桃」は、太平燕などの美味しいお料理が楽しめるアットホームなカフェ!!気さくで朗らかな笑顔の温かい親子が切り盛りされています。予約制のお店ではないですが、「山桃ランチおまかせコース」は予約制なのでご注意くださいね。

カフェでゆったりと太平燕を食べるひとときは実に最高!!!皆さまも一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

cafe 山桃

営業時間

11:30~18:00(O.S.17:00)

定休日

木、日

駐車場

5台

住所

熊本県熊本市北区楠4-13-25

SNS

Instagram

電話番号 096-338-8777

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

かなこ

かなこ

経営情報誌の記者、業界新聞の営業を経験した後、一般事務職、専業主婦を経て現在に至る。 長いこと東京に住んでいたが、やっぱり熊本が好きで戻ってきた、二児のママライター。 好奇心旺盛な行動派。趣味はドライブと温泉。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

下水って流したあとどうなってんの?よく分からなかったので、う〇こ目線で学んでみた

PR

2020.10.18

商品総数約10万点!第一回「売れていない商品を探せ!inスーパービバホーム熊本中央店」開催!

2020.10.10

PUBLIC RELATIONS

下水って流したあとどうなってんの?よく分からなかったので、う〇こ目線で学んでみた

PR

2020.10.18

10/17新メニュー登場!「肉肉うどん」の期間限定かき揚げうどんとカキフライが最高だった

2020.10.17

商品総数約10万点!第一回「売れていない商品を探せ!inスーパービバホーム熊本中央店」開催!

2020.10.10

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal