*
とじる
*
とじる
*
とじる

自分好みの味と香りの珈琲豆に出会うならここ!南区野田の自家焙煎珈琲豆専門店「コーヒー焙煎研究所 わたる」

ライター:まりあ アバター

寒くなると温かいものが恋しくなってきますよね。かく言う私も、温かいコーヒーが大好き。食後のコーヒーや目覚めの一杯とか最高じゃないですか。パッと飲めるインスタントコーヒーを発明した人を褒め称えたいです。

「でも、せっかくなら家でも極上のコーヒーを堪能したい。」そんな願望を叶えてくれるのが、南区野田の自家焙煎珈琲豆専門店「コーヒー焙煎研究所 わたる」。

より美味しい! と感じることができる高品質のコーヒー豆を求めて行ってきました!


南区野田「コーヒー焙煎研究所 わたる」はオレンジ色の建物が目印!

南区野田にある「コーヒー焙煎研究所 わたる」は、2階に店舗を構えています。ビビットなオレンジ色の建物と縦看板が目印です。

階段を上り、ドアを開けると広がっていた木の温かみを感じる店内。こうホッと落ち着ける雰囲気で、コーヒー豆を選べるのって最高じゃありませんか?

常時9カ国のコーヒー豆がずらり!

そして、店内の奥には店長でコーヒー焙煎士の内山さんがセレクトした、こだわりコーヒー豆がずらりと勢揃い。常時9カ国のコーヒー豆が並んでいるとか。

そして、コーヒー豆は、店長が信頼のおける生産者から購入しているそう。香りや味をグラフ化した手作りポップから、コーヒーへのこだわりが存分に伝わってきます。

店内では、コーヒーの試飲もできます。やっぱり実際に飲んでみないことには、自分の好みに合っているかなんて分からないので嬉しいサービス。焙煎をしっかりされているので、試飲分でもしっかりオイル分が表面に出てきています。

そして、店長曰く「コーヒーの酸の質、甘み、香りなどは、コーヒー豆自体が上質なものでしか感じない」のだとか。…コーヒーってここまで奥深いとは!

「カフェイン摂取だ! 眠気覚ましだ!!」と言って、ものの数分で飲み干してしまっていたことを深く反省しました…。

せっかくなので、コーヒーを抽出してもらった

店内では、テイクアウトやイートイン用のコーヒーも用意されています。しかも、店内にあるコーヒー豆の全ラインナップから選べ、注文後にハンドドリップによるコーヒー抽出をしてくれます。

人に煎れてもらったコーヒーって、なんでより一層美味しく感じられるのでしょう。ちなみに、淹れ方を教わって私も挑戦してみましたが、香りも味も全く違うものと化しとてもお見せできるものではありませんでした。う〜ん、コーヒーって知れば知るほど深みが増しますね…。

ちなみに、家でも本格的なコーヒーが淹れられるようになるコーヒー教室も開いているそうです!

お土産にもピッタリ!自分に合うコーヒーに出会えること間違いなし!

口に含んだ瞬間に、鼻から抜ける香り。ちょっと甘いと思えば、スッと飲みやすいコーヒー豆もある。「コーヒー焙煎研究所 わたる」で自分好みの味や香りに出会うことができれば、よりコーヒーの美味しさを実感できるでしょう。

ちなみに、コーヒー液を抽出したときや、淹れたてのカップから感じることのできるのが「アロマ」。そして、コーヒーを口にした時に感じられる香りが「フレーバー」だそうです。こんなコーヒーの知識も身につけることができます!

お土産用やイートインでは、コーヒーに合うスイーツも用意されているそうなので、気になった方はぜひ!!

コーヒー焙煎研究所 わたる

営業時間

11:00~18:00

定休日

水・木曜日

住所

〒861-4114 熊本県熊本市南区野田2丁目30−31 フロンティアビル 2F

HP

https://coffeewataru.com/

電話番号 096-200-6572

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

アバター

まりあ

地方経済雑誌で記者と営業を経験した後、フリーライターとモデルになりました。25歳になったので年齢が見た目に追い付いてきたはず。

このライターが書いた他の記事

初日は本人が来熊!12月7日〜25日まで熊本パルコで【世界のYOKO FUCHIGAMI】期間限定ショップオープン

2019.12.03

自分好みの味と香りの珈琲豆に出会うならここ!南区野田の自家焙煎珈琲豆専門店「コーヒー焙煎研究所 わたる」

2019.12.02

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal