*
とじる
*
とじる
*
とじる

自家栽培ハーブショップ「DAISY」さんでハーブティーの魅力に触れてきた!

ライター:言 言
キーワード:

お料理などの香り付けはもちろん、種類によっては身体を暖めてくれたり心を静めてくれたりする効果があるといわれている「ハーブ」。
ヨーロッパなどではハーブをお茶にして飲む「ハーブティー」は生活に欠かせないものですが、日本ではあまりなじみがないですよね。

今回は、そんなハーブティー専門店があると聞いて菊陽町に行ってきました!


菊陽町のハーブショップ「DAISY」さん

光の森から311号線を大津・阿蘇方面に進んでいると、左手にございます。
以前肥後ジャーナルでも紹介させて頂いた、グレープヴィレッジ寿園さんの敷地内に2年前の12月にオープンされたとのことです。

ぶどう園には普通にヤギさんたちがほのぼのお食事タイムでした。

こちらの建物がハーブティーがいただける「DAISY」さん。

明るい店内は、ぶどう園はもちろんハーブを育てているお隣の畑も見渡すことが出来ます。

店長の名月さんはなんと22歳!明るい笑顔でたくさんお話しして頂きました。
ニューヨークへ留学し、震災後に帰国したのちにこちらのハーブティーショップをオープン。
ご家族で自家栽培したハーブを提供されているとのことです。

自家栽培ハーブティーでリフレッシュ!

いただけるハーブティーはたくさんの種類がございますが、今回は店長さんおすすめのリフレッシュブレンドをいただくことに。
砂時計が落ちていくのを待ちます!わくわく。

ペパーミント、ネトル、ハイビスカス、レモングラスのハーブがブレンドされています。
ティーバッグでは何が入っているのか気にも留めませんが、こうして透明の容器でそれぞれ特徴のあるハーブの形を見れるのもお店ならではですよね。

出来上がりは優しい色合いです。ハイビスカスの酸っぱさもなく、程よいミントの清涼感で飲みやすいティーでした!
ハーブティー慣れしていない方はハチミツなどのトッピングもできますのでおすすめですよ。

心なしか気持ちがシャキッとした気がします。

ハイビスカスのカップケーキも一緒にいただきました!

食べ物の持ち込みは可能だそうなので、お好きなお菓子を持ち寄ってお茶会をするのもいいかもしれませんね~

もっと気軽にハーブを楽しんで欲しい!

ハーブティー以外にもハーブの摘み取り体験(春~秋)や、香りの好みによりその時の体調にピッタリのハーブを教えてもらえる、嗅覚反応分析(サードメディスン)などのメニューも!

ハーブは値段的にお高いイメージだったりハードルが高いという印象を持たれる方も多いそうでもっと気軽に、そして身近に楽しんで頂きたいと、ワークショップやランチ会など毎月イベントも開催されているようです。

そしてせっかく飲むのであれば、熊本でとれたものを味わってほしい!と自家栽培で育てているハーブのみを使用しているとのこと。

お子様にも安心して飲んでいただくことができるそうですよ。

もちろんティーバッグの販売もございますので。自宅で楽しむこともできますよ。店長に色々と相談しながら自分に合ったハーブを見つけるのもいいかもしれません!

是非DAISYでハーブの世界に触れてみてはいかがでしょうか

DAISY

住所

熊本県菊池郡菊陽町沖野1丁目5666-191

営業時間

10:00~17:00

定休日

木曜日

駐車場

ホームページ

http://www.daisy-herb.jp/

電話番号 070-3322-7562

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

言

読み方はKoto。時空旅行服飾魔女。 美味しいもの&かわいいもの・綺麗なものを求めてあちこちふらふら冒険中。

このライターが書いた他の記事

猫のいる雑貨店nëcoさんの宣伝部長ジュニアくんが可愛すぎる件について

2019.12.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal