*
とじる
*
とじる
*
とじる

【山鹿市】菊鹿町に眠る穴場発見!想像の上をいく栗ご飯が食べられる「五葉松」のランチにびっ栗!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

家ではなかなか作らない栗ご飯。

だけど食べたい栗ご飯。

そんな美味しい栗ご飯と、旬の野菜を使った料理を堪能できる居心地のよいお店を、菊鹿町で発見しました!


鹿子木農園が営む居心地抜群のお店

菊鹿町にある、栗を使ったランチを思う存分堪能できる隠れ家的なお店がこちら。

「五葉松」の看板がなければ、一見普通の民家…。

お庭にはなぜか、たくさんの植木や苗が販売されています。

ハウスの中にも果樹や多肉植物などもあり、充実した品ぞろえ…!

「ここ本当に食事処なの?」と思ってしまいますが、実はこちら、栗園や植木や苗の販売を行う鹿子木農園が始められたお店なのです。

ご親戚のお家だった場所を改装して、お店を作られたそうで、まだオープンして1年ほどだそうです。

選べる席が嬉しい!ゆったり快適空間

店内は広々としており、テーブル席もお座敷席も用意されています。

靴のまま気軽に座れる土間のテーブル席。

靴を脱いでゆったり座れるテーブル席。

さらに奥には、お座敷席が2テーブルあり、のんびりゆったり、おうちのようにくつろげます。

ウッドデッキのテラス席もあり、晴れた日はお外も気持ち良さそう。

いろんな席があって、どこに座ろうか迷うのも楽しい時間です。

絵本やおもちゃもあるので、子どもと一緒でも楽しく過ごせそうです。

リーズナブルなランチメニュー

食事メニューはこちら。

五葉松ランチは1,200円で、予約すればミニデザートまでつくという嬉しいサービスが…!
さらに+200円で、ご飯を栗のまぜご飯に変更できます(要予約)。

今回は、五葉松ランチ+栗ご飯+ドリンクに、ミニデザート付き(予約特典)のセットにしてみました。

ドーン!とお盆いっぱいのご飯におかず!!
栗ご飯にお味噌汁、さらに小鉢がなんと12種類と驚きの内容です!

こんなにも栗に覆われた栗ご飯を、いまだかつて見たことがありません!

見事な大きさの立派な栗がごろごろ!その下は椎茸や人参がたっぷり入ったまぜご飯になっています。

ほくほくと柔らかい栗は、ほんとに美味しくて、こんなにも贅沢な、栗てんこもりの栗ご飯が食べられるとは、思ってもいませんでした!

小鉢も野菜をメインに、お肉やお魚もあり、それぞれ醤油味だったり、スパイス風味だったり、からしがきいていたりと、味も一つずつ違って、おかずのワンダーランド!

野菜は畑でとれた新鮮な旬の野菜を使われているので、美味しさも栄養価も文句なしです!

どれもこれもとっても美味しくて最高ー!

…と幸せに浸りながら食べていると、「これ出すの忘れてました!」とさらに追加の一品まで持ってきてもらえました。

「まだあったのか…!」と驚きましたが、こちらは栗の天ぷら。

カリッとした衣の中には、つぶした栗のペースト。

これまた栗がほっくり甘くて、美味しい…。

栗園が営んでいるからこそ作れる、贅沢で心から満たされるランチでした。

食後のお楽しみも…

食後はサービスのデザートも…

ミニデザートと、+150円でセットにできるドリンクがこちら。

デザートは通常2種類だそうで、栗の小豆餡添えとコーヒーゼリーがありましたが、「今日はちょうど柿もあったので…」と柿までついた、豪華3点盛り!

サービスでつくとは思えないほどのクオリティです。

ドリンクも充実しており、バタフライピーのドリンクはお庭でとれたお花から作られた自家製。

さわやかな色合いで、気持ちまで青空のように晴れやかな気分になれました。

アクセサリーも販売中

さらに入口横では、手作りのアクセサリーや、近所のおじいちゃんがつくった草鞋なども販売されています。

アクセサリーはオーナーさんが作られたもので、お手頃な価格で販売されています。

栗園の栗に、農園でとれた野菜を使った、手作りの美味しいランチを味わえて、さらにお花の苗やハンドメイド作品などのお買い物も楽しめる「五葉松」。菊鹿町の隠れた名店で、おすすめです!

栗はなくなり次第終了となるそうなので、贅沢すぎる栗ご飯を食べたい方はお早めにご予約ください。

五葉松

営業時間

11:00~16:00(O.S.15:00)

定休日

不定休

駐車場

あり

Instagram

https://www.instagram.com/goyomatsu_kanakoginouen

電話番号 080-3947-6708

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【氷川町】扉を開ければイタリアの風!本格的なイタリア料理を堪能できる「trattoria Passione(トラットリア パッシオーネ)」

2024.02.20

【合志市】子どもと一緒にごろんしていいよ!泣けるほどありがたいカフェ「Jicca」がオープン

2024.02.13

【熊本市東区】芸術的フレンチを気軽に楽しめる!「mijoter(ミジョテ)」が昨年12月オープン

2024.02.07

【御船町】薪屋さんが焼くピザが美味しくないわけがないっ!!!「焚き火&ピザ もやし」

2024.01.24

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

【プレゼントあり!】大津町が突然「バイクの町」と言い出したから事実なのか調べてみた

2024.01.22

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal