*
とじる
*
とじる
*
とじる

【11月28日まで】くまもとクリエイターズマスク展に肥後ジャーナルオリジナルマスクも展示されているので行ってみた

ライター:りよう りよう

最近のマスクは種類も様々で「布」「不織布」「ウレタン」など、カジュアルでおしゃれなマスクが増えてきています。

今まで色々な種類のマスクを購入してきたという人も多いのではないでしょうか?

そして、お気に入りのマスクが見つかった人もいれば、なんかありきたりのマスクしかなくてイマイチお気に入りがないという人もいるはず。

どうせ毎日身に付けるのであれば、自分のお気に入りのデザインのマスクを身に付けたい!という人にオススメなのが、熊本県内のクリエイター達がデザインしたおしゃれなマスクが並ぶイベント「くまもとクリエイターズマスク展」

11月20日〜11月28日まで蔦屋書店熊本三年坂地下イベントペースで開催されていて、出店することになった肥後ジャーナル編集部がノリと勢いで作ったマスクも展示されています。

肥後ジャーナルのマスクはさておき、厳選されたおしゃれなマスクがたくさんあったので実際に行ってきました!


たぶん熊本で一番マスクが展示されている場所

熊本のクリエイター達が、デザインしたおしゃれなマスクが展示されています。

このマスクさえあれば、おしゃれ番長になれるんじゃないか?と個人的に思ったマスクをご紹介!

水曜日のダウンタウンに出演されているなど、誰もが知っている番組との関わりもある似顔絵アーティストのJEROさんが制作されたオリジナルマスク。

NHKで放送されていた、Eテレアニメ「くつだる。」の原作を担当されていたゴトウマサフミさんが制作したマスク。

熊本県に在住のグラフィックデザイナー芹川尚子さんが製作された来年の干支である寅がモチーフとなったマスク。

そのほかにも様々なマスクが展示されていて、デザインしたクリエイターさんについてやマスクについての説明も楽しめます。ちなみに展示中のマスクは1枚900円(税込)で購入できますので、人と被りたく方には特におすすめです!

マスク以外にも、使い込むほどにアジが出てくる和紙を使用したオリジナルデザインマスクケースも450円で販売中。

編集部がノリと勢いでデザインした5種類のマスク

山田、伊藤、りようの3人が今回デザインをさせていただきました!

1番と5番は相当な山田好きな人じゃないと買わないと思いますが、2番3番4番はもしかしたら1つくらい売れるんじゃないかと期待しています。

想像の50倍かっこいい

買っていただいたら、もれなく作った人から何かいいことがあるかもしれません。

クリエイターオリジナルデザインマスクをプレゼント

全てのマスクを紹介することはできませんでしたが、他にもおしゃれなマスクがたくさん展示されているので足を運んでみられてはいかがでしょうか?

そして、今回ご紹介したクリエイターオリジナルデザインマスクを10名様にプレゼント!

ほしい!という方は、下記フォームより超超簡単なアンケートに答えて11月30日までにお申し込みください。

プレゼントフォームはこちら

イベント情報

イベント名

くまもとクリエイターズマスク展

開催日時

2021年11月20日(土)〜11月28日(日)

会場

熊本市中央区安政町1-2
蔦屋書店熊本三年坂 地下イベントスペース

ネットショップ

https://kit-wasamon.com/

ライター紹介

りよう

りよう

最近、存在感が低下している肥後ジャーナルの元編集長です。今何してるんですか?とよく声をかけられますが一生懸命生きてます。 登場した際には温かく見守ってください

このライターが書いた他の記事

【11月28日まで】くまもとクリエイターズマスク展に肥後ジャーナルオリジナルマスクも展示されているので行ってみた

2021.11.20

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

「球磨の恵み」が熊本県代表でサミットに出場!全国1位にしたいからWEB投票よろしくお願いします

2021.12.04

PUBLIC RELATIONS

「球磨の恵み」が熊本県代表でサミットに出場!全国1位にしたいからWEB投票よろしくお願いします

2021.12.04

「アダルトショップに行ったことがない人間は信用できない」ヨッピーが語る人生の哲学

2021.11.30

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal