*
とじる
*
とじる
*
とじる

こっちが熊本で!こっちが大分!?

密かな温泉街杖立温泉。その中でもひときわ目立つ、つえたて温泉ひぜんや

そのホテルの内部に、熊本県と大分県の県境を示す境界線がビシ!っと入っているという噂を聞き、阿蘇郡小国町の杖立温泉郷に行ってきました!


現場は大雪

めったにお目にかかれない一面の雪景色、慎重に車を進めながらの目的地まで向かいました。

旅館創業300年以上という老舗中の老舗ホテル!

阿蘇杖立温泉郷の中核ホテルにして、肥後(熊本)と豊後(大分)の県境に立っているという珍しいお宿です!

県境を確認

フロントとエントランスを抜け、真っ直ぐ進んでいくと渡り廊下「両国橋」に入り、例の「県境」の印が見えてきました!

私が歩いてきた方向が熊本県側。

そしてその黒い線をまたいで反対側が大分県側になるそうです!

天井を見ると、県境ラインを示す看板を発見!

一本の直線!正式にきっちり測った上での厳格な県境線となります。

県境を示す看板物などは、他の箇所もあるそうですが、このように線が引かれてハッキリと境界がわかるのは、ホテル内のこの場所だけ。

ホテルの上の階にも県境線を発見!

このモニュメントの線を境に肥後と豊後で分かれていました!

最後にホテルの案内

引用元:http://www.hizenya.co.jp/spa/

創業から現在まで約300年!長い間、杖立温泉の中核宿として、たくさんのファンがいらっしゃるそうです。

「ひぜんや」で宿泊するお客様は5つの違う温泉が楽しめます!その中でも「吉祥の湯」や「大自然」などはオススメです。

引用元:http://www.hizenya.co.jp/

現在、ひぜんやさんは全面リニューアル工事中です。2018年4月下旬にオープン予定なのが、新バイキングレストラン「八百万(やおよろず)ダイニング」。

春先にはまた一段とグレードアップした老舗ホテルがお客様をお出迎えしていることでしょう!

「吉祥の湯」などは日帰り入浴も可能ですので、ぜひ杖立に訪れてみてはいかがでしょうか?

■つえたて温泉ひぜんや■

住所
熊本県阿蘇郡小国町下城4223

お問い合わせ
0967-48-0141

地図

「つえたて温泉ひぜんや」のホームページはこちら

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

PUBLIC RELATIONS

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal