*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。カレー大好き川上です。

カレーが好きでよく食べている私でも、実は毎回罪悪感に苛まれています。
そんな方も多いのではないでしょうか?

そんな、私のような方に朗報です!
中央区本荘に2021年11月にオープンした、スパイスカレーのお店「カレー&デリカ CHIDEN」。本格的なスパイスカレーを提供して下さいますが、国産の野菜を使うなどこだわりがたっぷりのカレーは全く罪悪感を感じないカレーでした。

ここは要チェックのお店でしたよ。


場所は本荘。医療センター前。


こんにちは。カレーを食べに本荘に来ました。


お店は産業道路沿いにあります。


熊本地域医療センターの向かいです。


こちらが「カレー&デリカ CHIDEN」。


イートインに加え、テイクアウトもされています。

一人でも行ける雰囲気が魅力

店内はカジュアルな雰囲気でおひとりさまでも気軽に入れます。

メニューは基本のCHIDENカレー月替わりカレーとのあいがけスパイスカレーとの2種類です。ここはもちろん…あいがけで!

罪悪感がないカレー


まず出てきたお茶は、無農薬レモングラス香る釜炒り茶。すでに体に良さそう。ハーブが入っていながらも飲みやすい味。こういう細かいところまでこだわっているのは良いですね。


ランチセットには、サラダとカシューナッツ付き。サラダには、国産野菜たっぷりドレッシングが掛かっていて、ドレッシングも美味しい。

カシューナッツは、砂糖でコーティングされていておやつ感覚で食べられます。無限にいけるやつ。


月替り あいがけカレー

こちらが、あいがけカレー。見た目が美しい。この時の月替わりカレーはいずみ鶏と海老のカルダモンカレー(上)でした。

いずみ鶏と海老のカルダモンカレーは、海老の旨味がぎゅっと詰まっていて濃厚。柔らかく煮込まれた鶏肉がトッピングされていて美味でした。添えられている国産のレモンを絞るとまた違った美味しさ。

CHIDENカレー(下)はとろみのあるルーです。国産野菜に加えて、国産の牛すじの形がなくなる程までトロトロに煮込まれています。旨味が溶け出していてとっても美味しい。


辛いのがお好みの方には、秘伝のタレがおすすめ。


ザクザクとした食感もあり。少量でもしっかり辛くなります。

お皿には季節の野野菜のピクルスが乗っていて、彩りをプラス。ちょうどいい酸味がカレーの味を引き立ててくれます。


ごはんは十六穀米。どの素材もこだわりがあって体にいいものばかり。ルーも野菜がたっぷり入っているので罪悪感が全くありませんでした。

カレー好きの方もそうでない方にもおすすめのカレー屋さんです。是非行ってみて下さいね。

カレー&デリカ CHIDEN

住所

〒860-0811
熊本市中央区本荘6丁目1-26

営業時間

[Lunch] AM 11:30~PM 3:00
(order stop PM 2:30)
[TAKEOUT]AM 11:30~PM3 : 30
[Dinner] PM 5:00~PM 11:00
(order stop PM 10:30)
Dinnerはコース料理のみ・要予約

定休日

日曜日

ホームページ

https://chidencurry.wixsite.com/my-site

Instagram

https://www.instagram.com/chiden.curry/?hl=ja

電話番号 090-9493-5656

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal