*
とじる
*
とじる
*
とじる

廃車で販売!思い切って訪れたら絶品のホットドッグが待っていた!「ホットドッグ 四つ葉」

ライター:上野P 上野P

熊本空港より車で数分。第2空港線と国道334号を繋ぐ「平田交差点」角の空き地にポツンとあるホットドッグ専門店「四つ葉」。古い車で営業されていて、なかなかインパクトのある外観。この歴史を感じるフォルム…。目にすると気になる存在です。


歴史を感じる元移動販売車内で営業中!

この地を拠点にホットドッグの営業を始められてから30年以上!

以前は移動販売車として、ここ以外にも別拠点やイベントなどにも出されていたようですが、今はこのように廃車状態になって10年近くが経過している模様。それでもしっかり営業中で、ファンも多いそう!

年季の入った食品ケースがありますが、今はあまり使用されていない様子。

注文を受けてからひとつずつホットドッグを手作りされています。

7種類の豊富なホットドッグメニュー

ホットドッグは全部で7種類!

数年前に少し金額が上がったそうですが、300円という求めやすい金額ながら、これで税込価格なのです!安いですね!

営業は本来14時からでしたが…

実はお店の「回転灯」がくるくる回っていたので営業中かと思って12時前に入ったら、「すみません今準備してるのでもう10分ほど待ってくださいね!」との返答が。

あとで確認すると営業は14時からだそう。2時間近く早く入ってしまったわけですが、そんなことを全然気になされる様子もなく、優しく対応してくださいました。

しかも私のあとを続々と車が入ってくる状態で、あっという間に5台の車が!

いつのまにかこのように行列ができ、開店予定の2時間前にもう営業スタート!大変です。

もともと深夜まで営業をされているのですが、最近は夕方過ぎて材料が尽きてしまって早じまいされるケースが続いているとのこと。

ホットドッグ(ミックス)をいただきました

このリョーユーパンの紙袋に入って提供されるのが、長年の「四つ葉」さんのスタイルです!

「貴方に幸福」というメッセージと店名が入った半透明袋に包まれて提供されます。

出来立てほっかほか! 今は注文後にひとつひとつの手作りなので、混み合うとそれなりのお時間は掛かりますが、いらっしゃるお客さんに聞くと10数年通っているという常連も多く、みなさんのんびりと待っているようです。

実際に食べてみると、みなさんが待ち続けても食べたい理由がよくわかりました!これは本当に美味しい!!

適切に焼かれたサクサクのパンと、ふわふわで中に挟まれた具が一緒に口の中で溶けていくかのような感覚です!

割って見ますと、ミックスの中にはキャベツやハム、ソーセージ、ゆで卵が挟まっています。
そこに昔ながらのケチャップの味が加わり、少しカリカリに焼きあがったパンがその味わいを引き立てます!

昔懐かしい味!ですが、とにかくシンプルに旨い!これは誰しもが幸せになれる味です!

実はしばらくお休みしていたそうです

話をお聞きすると、店主がご病気で長期間お店を閉めていたそうで、最近ようやく営業を再開されたとのこと。

すると、ファンを中心にその情報がネットで拡散され、現在ホットドッグ四つ葉さんは大盛況となっているようです。

長くお休みしていたのは存じませんでしたが、きっと多くのファンの方々をやきもちさせていたんでしょうね。

本来の営業は深夜までありますが、そんな事情で最近は夕方で品切れ閉店が続いているようですので、ご利用されたい方は、お早めの来店をオススメ致します!

なかなか気になっていたけど一歩踏出せなかったお店でしたでしょうが、実際に食べたら格安で絶品のホットドッグがいただけるお店でした!

■ホットドッグ四つ葉■

営業時間:14:00~翌1:00

※最近は夕方でsold outが続いているようです。

住所:熊本県上益城郡益城町平田2240

定休日:不定休(雨の日は休み)

お問い合わせ:090-3075-9115(ホットドッグの事前予約は可能)

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

PUBLIC RELATIONS

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal