*
とじる
*
とじる
*
とじる

今年も熊本に『復興ねぶた』がやってくる!クラウドファンディングもやるぞ!!!

ライター:りよう りよう

昨年、熊本城にやってきた「復興ねぶた」をご存知ですか?

青森県の「ねぶた祭り」で熊本地震からの復興を後押しようと、
現地のスタッフらが集まった「熊本復興ねぶた・纏組」の方々が開催してくださったのですが、
その「復興ねぶた」が今年も熊本にやってくるそうです!!

そして、その開催資金をクラウドファンディングで調達するらしいのですが、
出資するとさまざまな特典がつくようです!要チェックです!
ちなみに、昨年開催された復興ねぶたには肥後ジャーナルでも取材しました!!

熊本復興ねぶたに行ってきた!!!


2017年の「復興ねぶた」について

今年の「復興ねぶた」は9月2日(土)も18時~20時と、9月3日(日)12時~14時に熊本城二の丸公園で開催されます。
一緒にマルシェも開催されるようです!
詳細は「復興ねぶた・纏組」の公式サイトに掲載してあります!

クラウドファンディングによる資金調達

また、主催者の方によると、復興ねぶたの開催には多額の費用がかかるそうです。

それは実際に青森県のねぶた祭りで使用している、重さ4トンのねぶたを一度解体し、
約2000kmの道のりを輸送してくるなどの理由があるそうです。
昨年は赤字になりながらもやり遂げてくださいました。
「また来年も」その期待に応えるため、今年はMakuakeによるクラウドファンディングで資金調達に挑戦するようです。
出資することで、提灯や行燈へに名前が掲載されたり、扇子や手拭い、オリジナルの下絵などが手に入るようですので、ぜひチェックしてみてください!
クラウドファンディングのページはこちら!

もし、クラウドファンディングが成功しなくても、復興ねぶたは開催するとのことですが、
せっかく熊本のために遠い青森県からやってきてくれますので、感謝の気持ちも込めて応援していきたいですね!

昨年、実際に目にしましたがかなりの迫力でしたので、みなさんもこの機会にぜひ見に行ってくださいね!

クラウドファンディングとは?

【私はこんなモノが作りたい!】【私はこんなサービスを作りたい!】【今の世の中の問題を、こんなふうに解決したい!】といったアイデアやプロジェクトを持つ人が、インターネットサイトを使って、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03