*
とじる
*
とじる
*
とじる

幻想的灯り!西原村「冬あかり」萌の里で今年も開催!!!

ライター:上野P 上野P

今年は熊本復興を込めての特別なイベントとなった「冬あかり」

huyu-1

引用元:https://this.kiji.is/200789921667497988
(熊本日日新聞web版「被災地包む希望のあかり 西原村に3千基」)

なんと3000個ものキャンドルシェードが並ぶ幻想の世界

熊本地震で大きく被災し、長く休業状態が続いていた、西原村の俵山交流館「萌の里」。

ようやくレストランも再開し、今年から本格営業を目指す中、
西原村商工会主催で毎年行われていたイベント「冬あかり」が、今年も行われました。

私も西原村には縁があって先週お伺いしたのですが、俵山トンネル開通!という喜びの反面、
まだまだ通行禁止になっている道も多く、復興もこれから!というまだ厳しい状態。

ですが、西原村は地域の皆様の団結力も強く、住民で積極的に会合などを重ね、
常に前に行こうという気持ちが一際強い所ではないかと、住民の方々のお話を聞いて感じました。

そんな復旧作業に忙しい中でも、
地域が産み出した新しい祭り「冬あかり」には今年も変わらず力を入れられて、無事開催なされたようです。

TVニュースを紹介

下の画像をクリックで「冬あかり」のニュース映像が見れます!

huyu-2引用先:https://www.tku.co.jp/news/西原村 冬あかり/

最後に

熊日新聞さんが書かれているタイトル通り、これは被災地包む希望のあかり」

「竹あかり」から始まったこの灯りのイベントは、
熊本各地で、とても良い地域振興アイテムとして浸透しているようですね。

この希望の灯りを、今年も沢山つけられるように、熊本は立ち上がっていけるものと信じております。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

行列のできるラーメン屋「天外天」の週末1番並んでいない時間を調べてみた!

2019.03.15

PUBLIC RELATIONS

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25