*
とじる
*
とじる
*
とじる

三味線・高﨑裕士氏プロデュースのお店「旬酔 かなで」に行ってみた!

キーワード:

全世界で活躍している熊本出身の三味線奏者、高﨑裕士氏。彼の演奏を聴いたことがあるという方も多いのでないでしょうか。

その高﨑氏がプロデュースしている飲食店があると聞いて、早速お店に行ってきました!


和モダンの落ち着いた空間

お店の名前は「旬酔 かなで」。長嶺南のシュロアモール近くにあり、駐車場も広く、車でもアクセスがしやすい場所です。

竹あかりが飾られた、オシャレな外観です。

お店に入ると、内装も和を基調とした、落ち着いた雰囲気でした。

あでやかな和傘に、モダンな柄の襖。
伝統を意識しながらも、新しい風を取り込む、高﨑氏の三味線の演奏を彷彿とさせるデザインです。

いけすもあって、魚たちが優雅に泳いでいました。

コース料理を食す

「旬をかなでる… 食をかなでる… 夢をかなでる…」がコンセプトのこのお店、
コースのお料理も、新鮮で、手の込んだ丁寧なお料理ばかり・・・その一部を紹介したいと思います。
この日はマグロフェア期間中とのことで、脂ののったマグロを堪能!

鯛の天ぷらや西京焼きも上品なお味でした。そして、お店一押しの、牛イチボステーキ!

にんにくと醤油だれが香ばしい、熱々鉄板のステーキ、思わず笑みがこぼれるおいしさでした。
しめの海鮮チラシも、上品なサイズで、大満足のコース内容でした。

旬にこだわる手書きメニュー

「旬酔 かなで」の名のとおり、旬にこだわるお店だからこそ、お料理のメニューは頻繁に変わっているようで、すべて手書きでした。

お酒が好きな人なら、見るだけでよだれが出そうな、”絶対間違いない”メニューの数々、たまりません。

なんと急遽、高﨑氏登場!

たまたまこの日、高﨑氏がプライベートでお店に来られているとのことで、私たちの席にもお話に来てくださいました。撮影にも快く応じていただいた高﨑氏、ポーズが若いっ!

まとめ

オシャレな空間で、旬のお料理とお酒が楽しめる「旬酔 かなで」個室あり、カウンターあり、大人数もOKで、ステージまで完備されていて、さまざまなシーンで利用できそうなお店でした。

居心地の良い空間で、話も弾みついつい長居してしまいました。お料理もとてもおいしく、
高﨑氏のあたたかい人柄にも感動し、また来たいと思えるお店でした!

■旬酔かなで■

営業時間
平日:17:30~0:00
週末:17:30~翌1:00
定休日:火曜日TEL
096-385-2310
住所
熊本県熊本市東区長嶺南1-3-1豊栄ビル1F

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

老舗の回らない寿司は庶民の財布でも食べられる 水前寺の東寿司のランチがコスパ良し!

2021.06.18

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal