*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちわ。

勝手に韓国大好き大使、川上です。

先日ご紹介して多くの方から反響を頂いた、11月30日オープン「カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼」

ずっと気になっていたんですよ。


だって安いから。

どうして!?

こんなにメニューあるのになんで安くできるの?美味しいの?

と言うことで、お店の方にお願いしてオープン前にお邪魔しちゃいました!
今日は気になる「カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼」の潜入レポートです!


上益城郡嘉島町。肉肉うどん跡に韓丼あり。

やってきたのは上益城郡嘉島町。

ちょうど交差点があるところですね。


開店前から目立っております。

中へ入ってみましょう!


席はグループで利用できそうなテーブル席と


カウンター席。おひとり様も大歓迎と言わんばかり。サクッとランチによさそう。

説明しよう!なんで安くできるのか。

気になっていた安さ。

その理由はしっかりとしたオペレーションにありました。


入口付近にある食券販売機の導入と、フードコード形式のオペレーションによって人件費を大幅にカット。それにより安価で提供できるそう。


それに加え、実は原価率もかなり高めに設定するという暴挙企業努力で実現した安さ。有難いですね。

早速食券を購入してみます。

トップメニューより店内をプッシュ。


項目別に分かれたメニューから選んでいきます。


メニュー多いから迷うっ。


とりあえず川上は美味しいとこどりセット(スン豆腐とカルビ丼セット)。


スン豆腐は激辛で。


辛いのが好きので辛さMAXをオプションで。


食券が出てきたところで同時に厨房にオーダーがいくシステム。


あとは、店内のモニターに番号が出るまで待つだけ。


出来上がったら取りに行きましょう。このシステムって簡単な上に非接客なので今の世にぴったりなのでは。

厨房にもこだわりたっぷり

せっかくなので調理しているところも見せてもらいました。


名物のカルビ丼は注文が入ってから1つ1つお肉を焼き上げます。


そのお肉をたっぷりとごはんの上に。


もう一つの名物スン豆腐も1つずつ鍋がセットされ、丁寧に作られています。


毎回ちゃんと味見してくれるという丁寧さ。


ただ、味見をするのは7辛まで。「それ以上は味見をさせません。」と笑顔の店長。


川上の辛さMAXのスン豆腐は味見無し。ここから辛そうなジャンや


怪しげな粉や


赤い液体をこれでもかと入れられて


真っ赤になりました。えええ。大丈夫?私。

食べさせていただきましたー!


美味しいものがあると聞きつけた編集部メンバーみんなで頂きました!

カルビ丼はじめ丼メニュー


カルビ丼(550円)

まずはカルビ丼(550円)

こんなにお肉が乗っていて550円ってやっぱり安い気がします。

新鮮な野菜とフルーツから成る甘めの味付けで子供から大人まで好きな味。にんにくの風味がしっかりとするタレはごはんがどんどん進みます。


上カルビ丼(890円)

その他にもワンランク上のお肉を使った上カルビ丼(890円)はしっかりとしたお肉のうまみを感じます。お肉を食べてる!って感じ。


キムチカルビ丼(690円)

ガッツリ系がお好みの方にはキムチカルビ丼(690円)や、


ねぎ塩牛タン丼(880円)

さっぱりが良かったらねぎ塩牛タン丼(880円)などバリエーション豊富。

名物スン豆腐

次はもうひとつの名物のスン豆腐を頂きました!


ホルモンスン豆腐(680円)

スン豆腐はホルモン・海鮮・豚キムチ・牛すじ・白海鮮・名古屋味噌から選べます。多い!
メインの豆腐をはじめ、きのこや春雨なども入っていてバランスが良い。辛さの中に旨味を感じるお味。ヘルシーだけど満足!

さらに、オプションも愉しめます。

チーズ党にはとろーりチーズ


〆にぴったりラーメンなど。


もちろん私のように辛さも追加可能です。


欲張りさんにはカルビ丼ミニとスン豆腐のセット(990円)がおすすめ!これで1000円でお釣りがくるんですもの。


カルビ丼が甘めの味付けなので辛いスン豆腐と一緒に食べると良いコンビネーションを発揮します。辛さMAXのスン豆腐は辛いながらも味噌(コチュジャン?)の旨味を感じられる深い味。美味い!

他のメンバーや辛い物がいける伊藤も滝のような汗を流して悶えていましたけどなんでだろう。りようは「身体の危険を感じる!」とまで。辛いのが好きな方以外は普通の方がいいかもしれません。


辛いのが得意じゃないよ!という方は海鮮白スン豆腐(680円)や、


石焼ビビンバ(780円)もおすすめです!

まとめ

11月30日オープンの「カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼」は、丼・スン豆腐・定食などバリエーション豊富でどんな時に行っても食べたいものが見つかると言っても過言ではありません。

私のように激辛好きでもそうでない方も、お子様でも誰でも美味しく愉しめる場所でした!

さらには安い!これに尽きますね。

ただ、出来立てのあっつあつのお料理を食べられるのでめっちゃ汗かきます。みなさまお気を付けください。

11月30日が楽しみですね!

カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼

住所

〒861-3101 熊本県上益城郡嘉島町鯰1897-1

営業時間

11:00~23:00(L.O.22:30)

定休日

不定休

電話番号 096-235-6222

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

2021年肥後ジャーナルアクセスランキング!今年熊本で熱かった話題はこれだ!!

2021.12.31

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

PUBLIC RELATIONS

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

年末恒例!ガソリンスタンド地獄の大渋滞にはまってるあなたに朗報&お年玉あげちゃう

2021.12.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal