*
とじる
*
とじる
*
とじる

江津湖の畔にある「醤油そば琥珀」の「琥珀そば」が琥珀色に輝いていた!!!

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

こんちには、Pカイトです。

皆さん好きならーめんはなんですか?

醤油、味噌、塩、豚骨?

熊本県民たるもの豚骨でしょ!っと思っている方も多いのではないでしょうか?

否!あるんですよ!豚骨じゃなくても美味しいお店が!

今回は、豚骨ではないお店をご紹介。江津湖の畔にある「醤油そば琥珀」に行ってきました!


江津湖の畔、江津塘沿いにある「醤油そば琥珀」

東バイパスから江津塘沿いに右折し、車で3分くらい走っていると左手に見えてくる「醤油そば琥珀」

一見民家っぽく見えるので見逃してしまいがちなので注意!(ただし、わき見運転は厳禁です!!!)

メニューには、醤油系、塩系、味噌系、辛い系に分かれています。

豚骨だけがありません。熊本ではなかなか見ないメニュー構成。

さらに、麺もちぢれ麵、平打ち麺、細麺の3種類から選べます。

私は人気メニューの「醤油モツそば」を頂こうと思いましたが、なんとモツが完売。残念・・・

店員さんからこちらも人気メニューです!と勧められた「琥珀そば」をちぢれ麺で頂くことに!

琥珀色に輝く「琥珀そば」

見てください!この琥珀色に輝くスープ。

豚骨はあのガツンと来る濃厚なスープが特徴的ですが、醤油はこの透き通ったスープです。

もはや芸術作品ですね。早速麺から頂くことに!

ちぢれ麵がスープとめちゃくちゃ絡みあう!

あっさりとしたスープなのですが、ちぢれ麵と絡み合うことで豚骨にも負けない深い味わいです!

この味の深みはこのスープです!この透き通った琥珀色のスープ。

あっさりとしていながら深みのある味わい。

初めてですよ。スープにギャップ萌えしたのは。

さらに、この焦がしせせり!めちゃめちゃ香ばしい香りが鼻腔を突き抜けた後に来る、鳥のうま味の爆弾!

次から次へと味が押し寄せてくるのですが、味が一つにまとまっています。

完成された一品ですわ。

そして、器の淵付近についている柚子胡椒を入れるとまた違った味に!

ゆずの風味がプラスされて香りのいいアクセントになっており、柚子胡椒の辛みが味のいいアクセントになっています!

少しの柚子胡椒を足すだけで、違った味わいを堪能することができます!

今回、替え玉をしようかめちゃくちゃ悩みましたが、お腹が気になるので今回は断念。

次回は違う麺や味を食べに行きたいと思います!

熊本は豚骨だけじゃない!絶品らーめんをぜひ「醤油そば琥珀」で!

私は、根っからの豚骨ラーメン派だったのですが、今後はどの派閥にも属さないことにします。

結論、全部美味しいですもん。

らーめん屋に抵抗のある方や、デート、女性のみの方にも超絶お勧めです!

ぜひ一度「醤油そば琥珀」にいかれてみてはいかがですか?

熊本は豚骨ラーメン!という常識が変わるかもしれませんよ?

醬油そば琥珀

営業時間

火、木、金、土、日 11:30~14:30

定休日

水曜日

住所

〒862-0942 熊本県熊本市東区江津1丁目1−12

電話番号 096-362-3751

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

ほっこりする家庭的なランチがいただける細工町の「ふみの台処」は優しい女将さんが迎えてくれる家のような店だった。

2022.11.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

【いい肉の日】熊本のお肉事情を発表!焼肉で注文するとツウぶれる部位1位はあの部位!!

2022.11.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal