*
とじる
*
とじる
*
とじる

2018年7月1日(日)に、「くまモングッズ」を中心としたお土産等の販売と、熊本の県南地域の情報発信基地として、八代市の本町一丁目アーケード内に「くまナンステーション」がグランドオープン!


県南地域の観光ステーションとしてくまモンパワーも!

白黒のくまモンカラーで統一された外観が素敵なデザインの店舗です。以前は確か全国チェーンの美容室が入っていた記憶があります。

まさに店内が“くまモンづくし”! くまモンファンにとっては夢のスペースかも知れませんね!

さまざまなくまモン関連グッズが勢ぞろい! こんなにたくさんのくまモン関連品があったんですね!

パッケージはくまモンだけど、中身は高品質なものばかり!

パッケージはくまモンのイラストが描かれて、くまモングッズの仲間内になっていますが、実際に手に取ってみると国産の純蜂蜜だったり、手間暇かけた高級な海苔だったりと、郷土のアイテムとして素晴らしい品質のものばかり!

これ別にくまモンわざわざ付けなくても全然勝負できるんじゃない!?とさえ思えてしまうものですね。

くまモンキャラの知名度で一度手に取ってもらえれば、その物のよさに、いずれその品物自体のファンになる方が増えていけば、とてもいいかと思います。

八代ならではの、くまモンと“い草”のコラボ製品なども!

このくまモンだってまさに職人の技! 外国人観光客にもきっと喜ばれることでしょう。

もちろん一般的なくまモングッズも盛り沢山! とは言っても、どれもなかなかに凝った作りのアイテムばかり、一般的だなんて言葉では言い表せないですね!

これは何!?「くまモンの自動販売機」で楽しもう!

これは一体なんだ!?と唸ってしまう機械が登場!「くまモンの自販機」が店内にありました。

販売してあるものは、全て“熊本の水”のペットボトルだけなのですが。

なんと、この自販機で買うと、一回「くまモンと写真が一緒に撮れる」というサービスが!?

ペットボトルを買い終わったあとに、撮影をするかどうかの選択が始まります。

自販機にカメラが内臓されていますので、まずは自販機の前でポーズを決めよう!

撮影が終わったら、すぐに結果画像が出て参ります!

そしてなんと、撮影された人物がなんらかのポーズを撮って撮影されたら、イラストのくまモンがその撮影者のポーズを真似て一緒に写り込んでくれるようです!

これと一緒に出てきたQRコードをスマホで読み取ると…

こんなページが読み取れます! これをそのままSNSページにも転載できますし…

写真をスマホに直接ダウンロードも出来ますよ!

店内にはもっと多様にくまモンと撮れるプリクラもあります!

店内には「くまモンカフェ」もあり!

店内にはカフェスペースも準備。買い物だけではなく、地元八代などの名産果実などを使ったオリジナルドリンクが頂けます。

お店オススメの「晩白柚スカッシュ」を頂きました。少し酸っぱさがまた爽快感を際立たせ、口の中をサッパリとさせてくれます! 暑い時期に最適のドリンクですね!

インバウンドも取り込める戦略的店舗かも!?くまモンファンはぜひ!

同店は、買い物の際の決算でクレカだけでなく、中国専用の「銀聯カード」と、中国で普及する電子マネー「アリペイ」と「ウィーチャットペイ」にも対応。インバウンド対応でこれだけ幅広く決済システムが揃っているのもここだけかも!?

「くまナンステーション」は、くまモンだけでなく、熊本県南情報もリアル店舗から発信していく常設店という役割もあるようです。もしお近くに寄る機会がありましたら、一度お店に伺ってみるのもいかがでしょうか?

■くまナンステーション■

営業時間:10:30~18:30

定休日:木曜日・年末年始

住所:熊本県八代市本町1-10-36 本町アーケード内

電話:0965-37-8281

地図

お店のHPはこちら!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

PUBLIC RELATIONS

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

【10月5・6日公演】あの名作におてもやんが登場!?爆笑ミュージカル「ロミオとおてもやん」

2019.09.27

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal