*
とじる
*
とじる
*
とじる

【感動】 熊本とアメリカの共同プロジェクトで制作された動画が感動的

ライター:りよう りよう

復興応援ムービー 熊本・アメリカ共同プロジェクト「くまもとサプライズ!」

熊本地震が発生してしまってから1年が経過しようとしています。熊本県広域で住宅の全半壊が5000棟以上という大きな被害が生じ、被害が特に大きかった益城町では震度7を記録。現在でも様々な復興活動が続いています。熊本の復興のために熊本県以外でもたくさんの方が支援してくれたりその度に感動しています。

今回ご紹介するのは
熊本県とアメリカの共同プロジェクトで製作された動画「くまもとサプライズ!」です。

熊本の素晴らしさをを世界に伝えるために
日本人だけではなくアメリカの人も動画に出演してくれ動画を観ていると感動します。
多くを語るとネタバレになってしまいますのでまずは動画をご覧ください。

【動画紹介】
復興応援ムービー 熊本・アメリカ共同プロジェクト「くまもとサプライズ!」 米空軍音楽隊カバーバージョン
地震発生から一年、アメリカから熊本への応援ビデオ。ボンボ藤井さん作詞作曲「くまもとサプライズ!」を米空軍太平洋音楽隊アレンジのカバーバージョンに乗せ、熊本の復興に向けた前向きな精神をたたえるとともに、熊本のすばらしさを世界に伝えます。蒲島郁夫・熊本県知事も特別出演し、在日米海兵隊、在日米空軍、熊本に住むアメリカ人のほか、阿蘇山、天草の崎津集落ではそれぞれ市のゆるきゃらや市民の皆さんが集結しました。アメリカからは、熊本市の姉妹都市サンアントニオ市、熊本県の姉妹州モンタナの皆さんが参加。クライマックスの熊本城にはキャンピングカーに乗ったくまモンが登場、350人もの皆様に出迎えられてお城の前でくまモン体操を踊りました。
※YouTube公式チャンネルより引用

最後に

まさか日本だけではなくアメリカの方が
熊本のために!魅力を発信してくれるなんて全く想像もしていませんでした。

この動画がきっかけとなり
1人でも多くの人が熊本に訪れてほしいと願っています。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

最近、存在感が低下している肥後ジャーナルの元編集長です。今何してるんですか?とよく声をかけられますが一生懸命生きてます。 登場した際には温かく見守ってください

このライターが書いた他の記事

熊本で唯一SIMフリーiPhoneが発売日に購入できるお店を発見!意気込んで早朝から並んでみた

2020.11.13

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

PUBLIC RELATIONS

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal