*
とじる
*
とじる
*
とじる

【感動】 熊本とアメリカの共同プロジェクトで制作された動画が感動的

ライター:りよう りよう

復興応援ムービー 熊本・アメリカ共同プロジェクト「くまもとサプライズ!」

熊本地震が発生してしまってから1年が経過しようとしています。熊本県広域で住宅の全半壊が5000棟以上という大きな被害が生じ、被害が特に大きかった益城町では震度7を記録。現在でも様々な復興活動が続いています。熊本の復興のために熊本県以外でもたくさんの方が支援してくれたりその度に感動しています。

今回ご紹介するのは
熊本県とアメリカの共同プロジェクトで製作された動画「くまもとサプライズ!」です。

熊本の素晴らしさをを世界に伝えるために
日本人だけではなくアメリカの人も動画に出演してくれ動画を観ていると感動します。
多くを語るとネタバレになってしまいますのでまずは動画をご覧ください。

【動画紹介】
復興応援ムービー 熊本・アメリカ共同プロジェクト「くまもとサプライズ!」 米空軍音楽隊カバーバージョン
地震発生から一年、アメリカから熊本への応援ビデオ。ボンボ藤井さん作詞作曲「くまもとサプライズ!」を米空軍太平洋音楽隊アレンジのカバーバージョンに乗せ、熊本の復興に向けた前向きな精神をたたえるとともに、熊本のすばらしさを世界に伝えます。蒲島郁夫・熊本県知事も特別出演し、在日米海兵隊、在日米空軍、熊本に住むアメリカ人のほか、阿蘇山、天草の崎津集落ではそれぞれ市のゆるきゃらや市民の皆さんが集結しました。アメリカからは、熊本市の姉妹都市サンアントニオ市、熊本県の姉妹州モンタナの皆さんが参加。クライマックスの熊本城にはキャンピングカーに乗ったくまモンが登場、350人もの皆様に出迎えられてお城の前でくまモン体操を踊りました。
※YouTube公式チャンネルより引用

最後に

まさか日本だけではなくアメリカの方が
熊本のために!魅力を発信してくれるなんて全く想像もしていませんでした。

この動画がきっかけとなり
1人でも多くの人が熊本に訪れてほしいと願っています。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03