*
とじる
*
とじる
*
とじる

今回は旭志のブランド牛である旭志牛を食べるために道の駅旭志に行って来ました!

道の駅旭志は国道325号沿い、日本でも有数の畜産の地域で自然が豊かな場所です。


道の駅旭志に隣接している「食彩館」は旭志牛がお手軽なお値段で食べる事が出来るレストランです!


「食彩館」店内の様子

お座敷には、焼肉も食べる事が出来るテーブルがありました。

サイコロステーキとハンバーグが楽しめるセットを注文


本日のランチ含め、豚肉や牛肉(旭志牛、えこめ牛)の豊富なメニューの中からハンバーグもステーキも楽しめれるセット(1500円(税込))を注文!

定食以外にスィーツやお酒もあり、様々なシーンで食事が楽しめます。

選べる小鉢はレジ付近の総菜コーナーから

サラダや和え物、茶碗蒸しや肉じゃがなど沢山の惣菜の中から食べたいものをチョイス。

旭志牛を実食!!

ジュージューと音をたてて運ばれて来たハンバーグとサイコロステーキは、焼ける香ばしい匂いに食欲がそそられます!

箸をハンバーグに入れると柔らかく、自分好みの焼き加減で食べることができます。
旭志100%のハンバーグもステーキも柔らかく、牛肉の旨味がじゅわっ!と口いっぱいに広がります。

菊池のブランド牛を産直価格で購入できるコーナーがある物産館

旭志の特産品、とれたて新鮮野菜やブランド牛・旭志牛の精肉店があり、店内で加工した新鮮な牛肉を直売価格で購入することができます。
そして旭志の名店「焼肉 一休」のコーナーがあります。スタッフさんに聞くと牛すね肉など販売されていて、人気のコーナーとの事。

揚げ物コーナーは惣菜の中でも特におススメ!

ハムカツ、旭志牛のメンチカツ、里芋コロッケ、明太チーズ春巻き等々・・・豊富な惣菜。
注文すると、その場で揚げてくれて熱々でサクサクの揚げ物を食べることができます。


テイクアウトした旭志牛のメンチカツはサクサクで中身が柔らかい!お値段も手頃でお家ご飯やおもてなし、お土産などにピッタリです!

まとめ

ブランド牛・旭志牛のとてもジューシーなお肉の旨味を満喫できて幸せな気持ちになれました!

道の駅旭志は様々なイベントも開催されていますのでお出かけの際には是非、立ち寄られてみてください。

facebookページ

■道の駅旭志 旭志村ふれあいセンター 食彩館■

営業時間
11:00~21:00物産館
9:00~18:00

定休日
12月31日・1月1日・2日

TEL
0968-37-2945

住所
熊本県菊池市旭志川辺1886

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

合志市御代志にオープンした「肥後和菓子処 京櫻(きざくら)」!和菓子はもちろん、内装まで手作りの素敵なお店!

2019.06.28

こちょこちょとくすぐられる可愛さ 全国のハンドメイド作品が集まる雑貨屋「Cocho Cocho(コチョコチョ)」

2019.05.18

最高のおもてなしに何度でも通いたくなる合志市須屋の「ごとう食堂」

2019.05.11

Made in 熊本のファッションブランド!今年1月にデサキ熊本菊陽店にオープンした「gogaku」

2019.04.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal