*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。川上です。

最近、街中の閉店の空き店舗を見て、寂しい気持ちでいっぱいでしたが、9月9日(土)に下通アーケードに新しいお店がオープンしました!

たいやき屋「鳴門鯛焼本舗」です。

オープン初日に行ってきました!


下通アーケードに9月9日(土)オープン!「鳴門鯛焼本舗」

たいやき屋がオープンしたので早速行ってきました。お店があるのは、下通アーケード内、「焼肉ライク」の隣です。

オープン初日からお店の前には列ができていました。

通りに面した窓からたいやきを焼いている様子が見えます。

焼きたてのたいやきが次から次へと並べられていくのは見ていて飽きません。

たいやきを焼いている良い香りが漂ってくるので、お店の前を歩くとつい買ってしまいそう。

焼きたて、熱々のたいやきを購入!

餡がたっぷりのたいやき

たいやきは3種類。十勝産あずき鳴門金時いもプレミアムカスタードがあります。

1匹はこのくらいの大きさ。大き過ぎず、子どもでもペロッと食べれそうです。

十勝産あずき

十勝産あずき280円

北海道十勝産あずきの餡が詰まっているたいやき。この餡は厳選されたあずきをじっくりと炊き上げて作られたそう。

断面を見ると、餡がたっぷりと詰まっています。豆の味をしっかり感じられ、甘さ控えめです。

たいやきの皮はパリパリで、時間が経っても柔らかくなりません。これは、たいやきを一匹ずつ丁寧に焼く『一丁焼き』をいう製法で焼き上げられたからだそう。専用の焼型を使い、直火によって短時間で焼き上げるのでこのようにパリパリになるそうです。

鳴門金時いも

鳴門金時いも280円

鳴門金時芋で作られた餡が詰まったたいやきです。

餡はとてもなめらかでしっかり甘い。芋の味がとても濃い!

プレミアムカスタード

プレミアムカスタード300円

マダガスカル産バニラビーンズを使用したカスタード入りのたいやきです。

もったりとした濃厚なカスタードクリーム。バニラビーンズの粒が見えて、香りが濃い。あっさりした甘さなので、飲めるように食べられちゃいます。

ぜひ行ってみて!

9月9日(土)に熊本市中央区にオープンした「鳴門鯛焼本舗」。目の前でたいやき職人が焼き上げる熱々たいやきを購入できます。

パリッパリの皮の中には、たっぷりの餡。どれも中の餡は素材の味を活かしながらも甘さ控えめで、ついパクパク食べてしまいそうです。がっつり食べたいときは2匹ぺろっといけそう。

焼き立ての熱々たいやき。ぜひ買いに行ってみて下さいね。

鳴門鯛焼本舗 熊本下通店

住所

熊本県熊本市中央区下通1-8-30

営業時間

10:00~23:00

ホームページ

https://www.taiyaki.co.jp/

電話番号 096-227-6066

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】4月14日オープン!出汁のプロによるラーメン屋「おだしと麺 むら平」の本気が凄すぎた。

2024.04.15

【阿蘇郡高森町】大自然の中で自分の”やりたい!”を開放!「奥あそフルーツガーデン」で多種多様な体験にチャレンジ!

2024.04.13

【球磨郡湯前町】ド迫力の龍神様がいる「龍神ハナグリ石神社」で大自然に癒されました。

2024.04.09

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal