*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本市東区で愛される中華の名店「花梨亭」が北区清水本町に新規出店!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

熊本市東区で多くのお客様から愛されてきた「花梨亭」が今月、熊本市北区に出店!

北区にあった「黒酢チキン南蛮たかもとや」が東区に2店舗目をオープンしたのも記憶に新しいところですが、今度は東区のお店が北区へ…!北区にお住まいの方必見です!


ゆっくりと本格中華を味わえるお店

こちらが、熊本市北区清水本町に8月にオープンしたばかりの花梨亭です。お店の前と、向かって右隣に広い駐車場があり、車でも訪れやすいお店です。

民家の間取りをそのまま残して改装されたお店で、席もいろいろ!

通常のイステーブル席に加え、カップルにもピッタリのこんなカウンター席。

さらには、お座敷にソファーや座布団といった席も用意されており、家族連れでものんびりとくつろぐことができる、アットホームなお店です。席数を減らして換気扇を回すなど、コロナ対策もされているので、安心して食事を楽しむことができます。

なんといってもジューシーな餃子がたまらない!

花梨亭で人気のメニューといえば、なんといっても餃子!

大きくて、香ばしく焼き上げられた餃子は、8個で540円。

皮は分厚くもっちりとしており、一口食べれば肉汁があふれ出す、ジューシーな一品です。

餃子の皮は、もともと手作りされていたそうですが、ご主人が病気をされて以来、体力的に厳しくなり、今はご主人のレシピそのままで、荒木製麺所さんに作ってもらっているそうです。餃子の皮は、気温や湿度によっても状態が変わる繊細なものとのことですが、今なおこだわって、おいしい餃子を提供されています。

餃子と並んで人気がある担々麺は、当初はメニューにはなかったそうですが、お客様からリクエストがあって作ったところ好評で、それが定番メニューになったとのこと。調理人であるご主人は、四川系・台湾系・広東系のお店で修行を積まれてきたので、料理の味は間違いありません!

楽しみ方いろいろ

定番の酢豚(750円)などの単品料理も充実しており、できたて熱々を食すことができます。

五目汁そば(840円)も、具だくさんでしっかり食べ応えがありました!

お得なコース料理もあり、いろいろ食べたい方には、コース料理もオススメです!

気になる八反田店は…?

東区八反田にある店舗の方は、現在はしばしの間休業中とのこと。

コロナの影響もあり、今は人手不足でお店が開けられない状態だそうですが、地域の皆様に愛されてきたお店なので、餃子や担々麺、ラーメンだけでも出せるように準備中とのことでした。

清水本町店の方は、コロナ禍の中、大々的にオープンの告知もできず、ひっそりとオープンされたそうですが、オープン当初からお客様がたくさん!

「お店を愛してくださるお客様にも、お店が開けられない間、無給でも待っていてくれて、新店舗の塗装なども手伝ってくれたバイトの子たちにも、感謝しかない」と話される奥様。人を大事にされる奥様のお気持ちが、そのままにじみ出たような、あたたかいお店でした。

八反田店の復活も楽しみですね!

花梨亭

営業時間

Lunch 12:00~14:00

Dinner 17:30~21:00

定休日

木曜日

駐車場

あり

ホームページ

http://karin-tei.com/

電話番号 096-288-5489

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

こだわりぬいた薬膳フレンチに感動がとまらない!「キュイジーヌ テロワール 寿-ヒサ-」が大津にオープン!

2020.10.28

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal