*
とじる
*
とじる
*
とじる

シフォンケーキが売ってあるお店は数あれど、シフォンの中にクリームやお惣菜をサンドしたシフォンサンドのお店って、かなりレア!今年の4月にオープンしたばかりで、大人気の「coco/anju(ココアンジュ)」に行ってみました!


テラス席もあるテイクアウト専門店

江津湖のすぐそばにある「coco/anju」。

モノトーンののぼりと看板、パラソルのあるテラス席が目印です。

お店はコンテナ風のシンプルな造りで、駐車場も広々!

店内には、カウンターとショーケースが設置されています。

anjuという名前は、オーナーの木庭さんが飼われている犬の名前で、ビション・フリーゼとプードルのミックスとのこと。このふわふわのワンちゃんがロゴマークにもなっていて、シフォンケーキのふわふわ感とリンクしています。

こんなにお手頃でいいの!?手の込んだシフォンサンド

ショーケースには、とってもかわいらしいシフォンサンドが並んでいて、価格は330円~とリーズナブル!

写真では少し見づらいですが、チョコレートクリームのサンドにはチョコクッキーがのっていたり、パンプキンの生地は竹炭入り&トッピングにはクマのクッキー。グリーンティーは釜炒り茶が使われていて、マシュマロやクッキーがのっていたりと、トッピングがかわいくて、どれもキュンキュンするようなシフォンサンドの数々!

卵やローストポークなど、お惣菜系のサンドもあるのが嬉しいところ!
小麦粉は熊本県産、卵は、環境や飼料にこだわっているという、おがたエッグファームのかぐや姫たまごが使われていて、素材も大切にされています。

また、お惣菜系のシフォンケーキの生地には、岩塩やハーブが混ぜ込んであったり、スイーツ系のものと、配合も変えられているそうで、手間暇かけて丁寧に作られています。

材料にもこだわり、見た目もかわいらしいシフォンサンドがこの価格で買えるのにはびっくり!
もともとは、オーナーさんがお子様の部活の差し入れなどで、シフォンを作られていたのがとても好評で、シフォンサンドのお店を始められたのだそう。「普通のシフォンケーキより、もっと美味しいものにしたい」、「スイーツ系ばかりでも面白くない」と、新しい発想で作られたのが、スイーツ&おかず系もある、こちらのシフォンサンド屋さんです。

ドリンクも豊富で、オーガニックのプレミアムコーヒーが250円、15時間以上かけて水出しされたダッチコーヒーが300円など、どれもリーズナブル!
原料高騰もあり、今後、値上げもあるかも…とのことですが、それにしても良心的な価格です。

ふわぁっふわで食べ応えもあるシフォンサンドに感動!

数あるシフォンの中から選んだのはこちら!

シャインマスカットがのったフルーツと、ポークローストとハーブガーリックチーズ。

ポークローストの、溢れんばかりの具の量にびっくり!!!

シフォンケーキが見えないぐらいたっぷり詰められています。食べてみると、シャキシャキのレタスと爽やかなハーブ、そして旨味がぎゅぎゅっと詰まったポークローストの相性抜群!さらにそれを包み込むふわふわのシフォンが優しくて、今まで食べたことのない、感動の味です!!!

マッシュポテトも入っているので、しっかり食べ応えもあって、最高です。パンではなく、シフォンケーキでサンドされていることで、口当たりが柔らかく、ふわふわで…新しい美味しさに出合いました!

続いて、生クリーム&シャインマスカットがサンドされたシフォンサンド。

こちらも、包み紙を外して手でそっと持ってみると、シフォンがふわぁっふわで、ちょっと力を入れると潰れてしまいそうな優しくエアリーな感じ!

食べてみるとこちらも、柔らかくて優しい食感と、マスカットのみずみずしさがたまりません!こんなシフォンケーキの上で寝てみたい!と思うほどのふかふか感で、お惣菜系もスイーツ系も、どちらも絶品でした!

江津湖も近く、「犬の散歩の帰りなどに、気軽に寄っていただければ…」とのこと。おやつに、ランチに、ちょっとした休憩に…ふらっと立ち寄れるお店です。今までにない、魅惑のシフォンサンドのお店。季節の商品が並んだりもするので、また何度でも訪れたいお店でした!

coco/anju

営業時間

11:00~17:00

定休日

不定休 月曜・火曜定休が多いです

*詳しくはInstagramのカレンダーをご確認ください。

駐車場

あり

Instagram

https://www.instagram.com/anju_chiffon/

電話番号 090-4441-5813

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【氷川町】扉を開ければイタリアの風!本格的なイタリア料理を堪能できる「trattoria Passione(トラットリア パッシオーネ)」

2024.02.20

【合志市】子どもと一緒にごろんしていいよ!泣けるほどありがたいカフェ「Jicca」がオープン

2024.02.13

【熊本市東区】芸術的フレンチを気軽に楽しめる!「mijoter(ミジョテ)」が昨年12月オープン

2024.02.07

【御船町】薪屋さんが焼くピザが美味しくないわけがないっ!!!「焚き火&ピザ もやし」

2024.01.24

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

【プレゼントあり!】大津町が突然「バイクの町」と言い出したから事実なのか調べてみた

2024.01.22

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal