*
とじる
*
とじる
*
とじる

ジブリ好きの店主がはじめた八百屋さん「おくらの花」に行ってきた♪

キーワード:

新鮮野菜を求めて”おくらの花”へ

美と健康は食べ物で作られると思っている私。新鮮な産直野菜はもちろん、無農薬などのこだわり野菜には目がありません。そこで、先月オープンしたての八百屋さん“おくらの花”に早速行ってきました。

お店のコンセプトは「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」!

ジブリ好きの店主自らがDIYでリフォームしたおくらの花は、「となりのトトロ」「魔女の宅急便」がコンセプト。無垢材にこだわった店内は、心地よい木の香りでいっぱいです。

壁一面の黒板ボードに描かれた阿蘇も、店主の渾身の作品。チョークを使っているとは思えないほどに美しく、迫力満点です。

新鮮野菜がいっぱい

店内の棚には、新鮮野菜がぎっしり!竹かごや新聞紙が、野菜の鮮度を際立たせています。

ハイクオリティーなジャンボ野菜たち!

大きなものが大好きな店主は、野菜の大きさにもこだわっています。

ピーマンの高さは、約9cm!中身の容量が多いことから、肉詰め用に購入されるママさんが多いようです。

人参嫌いも食べられるかもしれないフルーツ人参もあるよ!

地場野菜の他に、産直野菜も盛り沢山の店内。甘味のあるフルーツ人参は、生産者さんからの直行便。当日朝、店主自らが農家さんのところまで買い付けに行っているそうです。

晩柑は子どもにも大人気!

野菜の他に、果物類も充実しています。

スーパーなどではあまり見かけることのない葉付きの晩柑は、とってもジューシー。甘酸っぱさが程よく、我が家の子どもたちはペロリと食べてしまいました。

地場野菜はこだわりの“秀”品!

地場野菜とは、市場で売られている野菜のことです。野菜のクオリティーにとことんこだわる店主が選ぶのは、ワンランク上の“秀”品。当たり外れのあるトウモロコシも、安心の甘さでした。

置き方にまで妥協しない信念!

痛みやすいバナナはできるだけ本体に重みがかからないように、置き方にも一工夫。クオリティーに妥協を許さない店主の信念が感じられます。

「肥後ジャーナルを見た!」で店名にちなんだオクラをプレゼント!

一日しか咲かない、貴重なオクラの花。“おくらの花”という店名は、「鮮度」「珍しさ」の象徴です。

おくらの花では、「肥後ジャーナルを見た!」オクラをサービス中!

鮮度がよくて珍しい野菜たちを買いに、おくらの花に行ってみませんか。

■おくらの花■

営業時間:11:00頃(農家さんの畑から帰り次第)~20:00
定休日:日曜日 不定休日:水曜日
(※お休みでもお客さんの要望で営業する場合があるそうです)
TEL/FAX:096-200-8001
住所:熊本市東区長嶺東2-13-30 コーポナガサコ102
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

夏だ!星を見よう!「森林体験交流センター さかもと八竜天文台」でキャラの濃い館長と遊んできた

2019.08.12

手羽唐がうまかぁ!移動販売の「久舷(きゅうげん)商店」の直売所が氷川町に7月17日にオープンしたぞ!!

2019.08.05

7月4日オープン!早くもグルメの間で噂「中華そば SANYO」の透き通ったスープの中華そば!

2019.07.17

映えるのはあたりまえ! 素材にこだわりまくったタピオカシーンのニューフェイス「茶林堂」、7/1市立体育館前にOPEN!

2019.07.10

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03