*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。

最後の晩餐に食べたいものは玉子焼き。卵が大好きな川上です。

山鹿市に美味しい卵が買える&食べられるお店「Once upon an egg -Lifestyle yard- 」が5月18日にオープン。

さっそく行ってきました!


Once upon an egg -Lifestyle yard- って何がある?

5月18日、山鹿市久原にオープンしたのがOnce upon an egg -Lifestyle yard-(ワンスアポンアンエッグ-ライフスタイルヤード-)。こちらは25年以上、卵の卸しをする企業だったそう。今回、初めて一般向けに店舗をオープンされました。

この施設は、たまご直売所を始めとしたショップ、

レストラン、

外のフリースペース、そして公園もあります。

施設があるのは『くばるの森』。沢山の木々があって自然豊かです。

建物の正面には不動岩も見えます。

こだわり卵を気軽に1個から

ショップに入ると、真っ先に目に入ってくるのが

平飼い有精卵を販売されています。

自社最高傑作ともおっしゃる、こだわり抜いた卵が1個から購入可能。卵のバラ売りって初めて。これもこだわりの1つなんだとか。

1人暮らしや卵を沢山食べない家庭では、賞味期限内に食べきれないこともありますよね。せっかくこだわった卵だからこそ、新鮮な状態で食べて欲しい。だから必要な分だけ購入できるようにされたそう。

さらに容器は別売り。

ギフト用のパッケージもあります。プレゼントに特別な卵って良いかも。

ちなみに卵以外にも、自家焙煎の珈琲や

卵を使った焼き菓子なども購入できます。

卵をふんだんに使った料理

レストランは朝8時から営業で、モーニング、ランチ、カフェと様々な使い方が可能です。(5月いっぱいは11時からの営業です)

産直たまごのよくばりたまごかけプレート1,180円

やっぱり、新鮮な卵で頂きたいたまごかけご飯。モーニングで11時まで食べられます。

黄色味の強い卵をご飯に落として頂きます。

ご覧ください。この弾力。

盛大にぷちゅんして頂きます。

卵の本来の味をダイレクトに楽しめるよう、味付けは控えめ。卵は生臭さを感じず、あっさり。しかし、後味はしっかりとしたコクを感じます。

卵とご飯は食べ放題なんですって。最高かよ。

Once upon an eggのフライドスコッチエッグ1,380円

そして、こちらは「Once upon an egg -Lifestyle yard- 」のスペシャリテ、スコッチエッグ。ロンドン発祥の伝統料理です。これ、美味しいけど、家で作るとなるとかなり難しいんですよね。

自慢の卵に、地元の精肉店のお肉を使われています。揚げる温度、時間を何度も試して完成されたそう。

お肉はあっさりしていて、卵の味が引き立ちます。生卵も美味しかったんですが、火が通るとまた違った良さが。白身部分がぶりんっとして弾力があります。

Once upon an egg TALT680円

デザートも卵がふんだんに使われています。エッグタルトは、とろっとろの飲めるようなクリームにサクサクのタルト。口の中でクリームがあっという間になくなって、その後にはしっかりしたタルトを堪能できます。

たまごたっぷりフレンチトーストと季節のフルーツ1,180円

フレンチトーストは、地元のパン屋の食パンを卵たっぷりのアパレイユに一晩漬け込んで作られています。

柔らかくて、卵プリンみたい。卵をしっかり堪能できます。酸味のあるフルーツソースが良いアクセントに。

飲食は店内ではもちろん、テイクアウトして外のフリースペースを使うことも可能。ピクニックセットもあるので、手ぶらでピクニックも。

茶目っ気たっぷり!まるでテーマパーク

お店には、東京の夢の国でキャストをされた経歴のある店長さんと、元気なスタッフさんがいて明るい雰囲気。

撮影スポットもあるし、

敷地内には卵のモニュメントも多数。

是非、“隠れ卵”探しもしてみて下さい。

卵のテーマパークはいかが?

卵のこだわりはもちろん、自然豊かな空間も魅力的な施設でした。

『ちょっと卵買ってくる』

そのついでにコーヒーでも。そんな使い方をしてほしいと言う「Once upon an egg -Lifestyle yard- 」はもう卵のテーマパークですね。

是非1度訪れてみて下さい。

Once upon an egg -Lifestyle yard-

住所

熊本県山鹿市久原3685

営業時間

8:00〜18:00※変動の可能性あり

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【阿蘇郡南阿蘇村】フレッシュないちごが無制限食べ放題!「南阿蘇ふれあい農園」に行ってきた!

2024.03.01

【球磨郡多良木町】沼案件。寝台列車の世界を気軽に満喫できる「ブルートレインたらぎ」に泊まってみた!

2024.02.22

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal