*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。

みなさまコレをご存知でしょうか?

これは10月18日を正式に『天津飯の日』として認定されたことを記念して大阪王将でプレゼントされた「ふわとろ玉子1枚増量券」。※対象商品1人前ご注文につき1枚プレゼントするキャンペーンにより(2023年1月19日(木)~2023年1月25日(水))

※大阪王将公式ホームページより

これを使って大阪王将の人気メニュー「ふわとろ天津飯」(ふわとろ天津炒飯、ふわとろ麻婆天津飯も可能)を注文すると、ふわとろ玉子ふわとろ玉子1枚増量券1枚につき1枚増量されるんです!

※大阪王将公式ホームページより

つまり、こんなおバカな天津飯をオーダーすることも可能なんです。

やりたいじゃないですか。

ただでさえ大阪王将の天津飯の玉子って分厚くてフワフワしてるんですよ。

それがこんなタワーになるなんてもう「やる」以外の選択肢って逆にありますかね!?状態。

そこで肥後ジャーナル編集部、1月に大阪王将通いまくって、増量券集めること…

7枚!!

よし!これ持って大阪王将行くばい!!


本日からスタート!ふわとろ玉子1枚増量

増量ふわとろ天津飯にチャレンジするのは中年の星、伊藤。

「なんだかイケそうな気がします。」

このふわとろ玉子1枚増量券はふわとろ天津飯・ふわとろ天津炒飯・ふわとろ麻婆天津飯のいずれかを注文すると使用する事ができます。

意気揚々とこのチケットを7枚差し出す伊藤。

「これでお願いします!!」

するとお店のお姉さんに

「え?おひとりで食べられるんですか?」

と驚かれる始末。

その後、厨房がザワザワし始めました。そりゃそうだ。出した券は7枚。通常のふわとろ天津飯の玉子と合わせると8枚の玉子になるんですから。

待つこと10分ほど、ついにこの時がやってまりました。

動画でお楽しみください↓

「崩れる!」「倒れる!」スタッフさんが恐る恐る運んでくれました。

先ほどは厨房がザワザワしてましたが、今度はお客さん達ががザワザワ。

「はあ?」「嘘やろ」「たいぎゃすげー」と驚きを隠せませんでした。お騒がせてすみません。

さあ大阪王将菊陽店のスタッフ、そしてその場に居合わせた方、みんなをざわつかせた…

こちらがふわとろ天津飯+7枚玉子のスペシャルバージョンです。

見て下さい、この厚み!

玉子はぷるんぷるんです。

玉子タワーチャレンジ!

頼んだ以上、完食しなくては肥後ジャーナルの名がすたる。


「頂きます!!」


笑顔で食べ始めます。


これだけ高いと、どうやって食べようか迷いますよね。


しかし、油断すると玉子がこぼれそうになるのでお気をつけて。


食べた人を笑顔にするこの玉子。


中はふわっふわのとろとろ。

ちなみに断面はこんな感じです。上に掛かっている餡が優しい。もう絶品。てか、地層。


玉子増量にすると餡も足りないでしょうから、と別添えでついてくる優しさです。

餡もお好みでどうぞ。まるでパンケーキとハチミツ。

さて、食べきれるのか


絶品のふわとろ天津飯ですが、この量は…と隣にいたりようも助太刀。


美味しいですが、玉子8枚はボリューミーですね。

テーブルに備え付けてあるラー油やお酢などで味変しながら食べ進めます。これがまた合うのでおすすめ。


「美味しいですがキツくなってきました。」


突然運動し始める伊藤。


もう少し!


せっかく特別に作ってくれたものを残すわけにはいきません。


最後まで口に運び


ラストスパート‼

やっと…完食です!

体調を万全にしてチャレンジしてくださいね


完食した伊藤。苦しそう。

「もう天津飯はいらないって思いました。だけど、好きだからまた食べるんでしょうね。3日後くらいに。」

そんな伊藤は帰り道『玉子 食べすぎ 死亡』と検索していました。

「ムトーさん死ぬの?俺!」

「死なんけん!コレステロール値に引っかかるだけ!」


ちなみに通常の「ふわとろ天津飯」でも卵2個程使っているそう。今回は8枚なので…約2パック分でしょうか。


チャレンジされる方は体調を万全にして行かれる事をおすすめします。

このキャンペーンは今月いっぱいなので「ふわとろ玉子1枚増量券」をお持ちの方はチャレンジを!

持ってない方も毎月18日は天津飯の日として、1枚増量されるキャンペーンがありますよ!

大阪王将 菊陽店

住所

〒869-1101
熊本県菊池郡菊陽町津久礼2191-3

営業時間

11:00~15:00、17:00~22:00(LO.21:30)

ホームページ

https://www.osaka-ohsho.com/

電話番号 096-213-5717

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】風情ある空間での食事って最高!一軒家居酒屋「YOKOBACHI(ヨコバチ)」

2024.06.24

【南阿蘇村】12種類の野菜料理が圧巻!「ランチ&カフェふわら」のふわら御膳食べてきた。

2024.06.19

【オープン情報】熊本県民に寄り添ったがっつりだけど優しい二郎系ラーメン「麺屋とらい」6月6日オープン!【熊本市西区】

2024.06.05

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市南区】疲れてんなー最近…そうだ!ハイテンションな「香り」の伝道師に習おう!

PR

2024.06.18

PUBLIC RELATIONS

【熊本市南区】疲れてんなー最近…そうだ!ハイテンションな「香り」の伝道師に習おう!

PR

2024.06.18

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal