*
とじる
*
とじる
*
とじる

朝採り野菜や搾りたてにんじんジュースを街中で!中央区練兵町の「OYAMA no YAOYA(おやまのやおや)」

フレッシュな野菜や果物が並んでいます。こちら、熊本市内しかも街近くで買うことができるんです! 「OYAMA no YAOYA(おやまのやおや)」で、30種類以上の県産野菜をゲットしよう! ということで行ってきました。


店長が厳選した朝採り野菜たちが店内にずらり!

店内は、早朝に収穫したばかりの新鮮な野菜を中心にズラッと並んでいます!

一番人気の真っ赤なミニトマト! 甘みが強く、お子さんのお弁当を彩ります。

巨大サイズの原木椎茸! 深い味わいと旨味が効いた出汁が取れるそうです。この椎茸で作ったお味噌汁とか美味しそう。

中の豆が甘いと言う「スナップエンドウ」。パリッとした食感がたまらないですよね。

野菜たちは、安全+美味しい+形が綺麗の3つを大切にし、店長の鈴木直人さんが街の路面店まで運んでいます。野菜は味が濃いので、茹でて塩だけで食べても美味しいそうです!

甘さ引き立つ搾りたての「生にんじんジュース」


菊陽町のフルーツニンジンのみ! 注文を受けてから搾る「生にんじんジュース」は、店内のカフェスペースで注文できます。

「え、砂糖も牛乳も入ってないの?」と疑ってしまうほど、とにかく甘い!! さらに野菜独特の臭みがなく、スッキリして飲みやすいです。

フルーツニンジンはお店で買うことができるので、料理にも使えます。にんじんは、βカロチンやカリウム、カルシウムを含んでいるそうで、アンチエイジングやイライラ予防にも効果的! 家事や仕事に疲れた方にはもってこいです。

他にも、コーヒーや青じそジュースも注文できますよ。スペースは広いので、赤ちゃん連れのお母さんもゆっくりしていかれるそうです。

店舗販売は火・水・木曜限定! 配達や移動販売もしています

路面店の場所は、中央区練兵町の肥後銀行本店のお隣です。入り口には、トラックのイラストが描かれた看板があります。

店舗での販売は、火・水・木曜日限定。お店は18時まで開いていますが、人気商品はすぐに売り切れてしまうそうなので、購入したい方はお早めに! お野菜だけではなく、こだわりセレクトの加工品やベビーグッズも並んでいますよ。

確実に購入したい方には、移動販売や配達もあります。移動販売の日程はFacebookから確認ができ、店長の鈴木直人さんが黄色のトラックで届けてくれますよ。

熊本の大地で育った新鮮なお野菜を食べてみませんか?

【おやまのやおや(OYAMA no YAOYA)】直営店

住所

〒 860-0017 熊本市中央区練兵町62

営業曜日

毎週火・水・木曜日

営業時間

10:30-18:00

電話番号 090-8649-2893

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

PUBLIC RELATIONS

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal