*
とじる
*
とじる
*
とじる

前回のお話

調子こいてシリーズものを作ろうとしたら一発目で瀕死になった話

こんにちは、肥後ジャーナルりようです。

冒頭からご無礼いたしております。

さて、なぜ冒頭から私は倒れ込んでいるのか。
それでは今回も、回想シーンからどうぞ・・・

ポワンポワンポワンポワンポワワワワ~~~~~~ン


リタスタイル×上野P

はぁ…はぁ…
(チャーチャララーチャララッチャラチャー♪※ロッキーのテーマを脳内で流しながらお読みください)

フッ!…フッ!!
(チャララーチャララーチャララッチャラチャー♪)

んぐあぁぁあっ!!!
(チャーチャラチャラーチャッチャチャー♪ドーン(低い音)

っっつぁぁぁああああぁっっっ!!
(チャラチャーチャラチャチャーチャー♪)

ふぅ…ふぅ…

あぁぁぁ水!うめぇーーーーー!!!!!

店長「いい調子ですよ、上野さん!」

上野P「いやぁ、まだまだですよ。もっともっと追い込まないと。」

店長「いいですねー、ノッてますね!じゃああと1分休んだらまたドンドン追い込みましょう!」

上野P「ですね、お願いします!!っしゃあ!!」

….。

うそやん。。。。

20分前

こんにちは、りようです。

今日は、上野Pのトレーニング体験記の追跡調査にこっそりきました。

なぜこっそり来たかというと、

上野Pのことだから、多分ちゃんとトレーニングしてるはずがないからです。

上野Pは肥後ジャーナルの看板ライターとして、熊本のローカル情報を、明るくも悲しく切ない哀愁をその身にまといながらレポートするという中年の星です。

中肉中背のたるんだあのフォルムだからこそ感じる愛着と親近感にあふれている。

だから、激しいトレーニング取材なんてさせると、すぐにねをあげてしまうはずです。

その挫折してしまう悲しきリアルな中年男性の姿を包み隠すことなく、赤裸々に取材することこそが、同じように意志の弱い方に、あなたは一人じゃないんだよ、くじけたっていいんだよ。と励まし、さらには人間の飾らないあるがまま真実の生き様をお送りすることこそが、お送りすることこそが!!この肥後ジャーナルのジャーナリズムのひとつであり、アイデンティ….

…。

つい熱くなってしまいました。すみません。

つまり一言で言いますと、

「辛そうな上野Pを隠し撮りするの、マジおもしろそうヤバイwwww」

ということです。

なのに、、、

なのに…

だのに…

…なにしとんねん。

なにカチっとスイッチ入っとんねん。

なにコーチと完全に意気投合して高みを目指しとんねん。

てゆうか明らかに顔シュッとなってきとるやないか。

やばい。

これは肥後ジャーナルにとって由々しき問題だ。

物悲しい哀愁漂う中年男「上野P」というキャラが喪失してしまう。。

このまま行くと、中途半端に痩せて、中途半端に締まって中途半端にカッコイイ普通よりちょっと良い感じくらいのおっさんという没個性キャラになってしまう!!!

それはまずい!!!!!!

店長に相談だ!!

りよう「あ、あの、、店長、、実は…上野Pのトレーニングはネタみたいなもので、あんまりですね、その、ガチに良い感じなられるとですね、、、肥後ジャーナル的にですね、、、」

店長「りようさん、、、」

ガシィィィィィッ!!!!!

店長「僕に任せてください!!!!!!」
(多分、上野Pをバッキバキに高みに連れていってくれるという意味)

りよう「あ、これ止めるの無理なヤツだ..」

りよう「やってしまった…」

りよう「さらば中年の哀愁…」

回想終わり

皆様、おかえりなさい。

いかがでしたでしょうか。今回の流れ、ご理解いただけましたでしょうか。

どうやら私は、取り返しのつかない失策をしたようです。

このまま上野Pはイケてるおっさんになってしまうのでしょうか…。

そんなことはない、今が限界ギリギリで逃げ出す寸前と信じたい。。

トレーニング終了まで私は、「トレーニング成功」という恐怖におののき過ごしたいと思います。。。

最終レポートはこちら

10kgのダイエットに成功してしまった上野Pに30の質問をしてみた!

■RITA-STYLE 新市街店■

営業時間
9:00~23:00TEL
0120-325-306住所
熊本市中央区新市街12-3 グリーンノットビル2F地図

■RITA-STYLE 上通り店■

営業時間
9:00~23:00TEL
0120-325-306住所
熊本市中央区上通町7−6 マツモトレコード3階地図
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

PUBLIC RELATIONS

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

【10月5・6日公演】あの名作におてもやんが登場!?爆笑ミュージカル「ロミオとおてもやん」

2019.09.27

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal