*
とじる
*
とじる
*
とじる
  • 県内のボーリング愛好家の方々や近隣住民の方々に親しまれてきた「水前寺スターレーン」が、今月25日(土)に閉店していました。1968年にオープンし、約50年。大勢の方々が遊んだ思い出の場所でした。

理由は施設の老朽化

閉店の理由は施設の老朽化。そんな感じも「水前寺スターレーン」の歴史を感じられていました。

手書きのスコア表や、まっすぐ転がらないレーンなど、個性的なボウリング場でしたが、料金の安さや、昔ながらの雰囲気に多くの方々から愛されていました。

肥後ジャーナルも昨年の7月に、思いつき企画で急に問い合わせたにも関わらず、とても快く引き受けていただき、「ボウリング対決」企画をやらせていただきました。

対決の結果はコテンパンに負けたわけですが、なんだかとっても落ち着くボーリング場で、大きな音響も一切なく、のんびりプレイを楽しめるボウリング場でした。

震災のダメージも大きく

震災後から、休業期間を経てようやく営業再開をしたものの、施設はあちこちで鉄骨の補強が施された状態でした。

その補強が解消されることなく、ついに施設自体が閉鎖となってしまいました。

早くも工事関係者の方がいましたので、建物も見られなくなるかもしれません。

店内は昭和の雰囲気の残る貴重な空間

昭和の雰囲気の残る貴重なボウリング場でした。

もはや名物となっていた紙のスコア表。自分で書いて計算するその手間もまた楽しい思い出です。

ペーパーのスコア表もおそらく県内でもここだけだったのではないでしょうか。

熊本の歴史あるボウリング場の終幕 今までありがとうございました

水前寺成趣園の入り口のすぐ横にあって、この50年間たくさんのプレイヤーを楽しませてきた「水前寺スターレーン」の閉店。平成が終わりに、昭和の建造物も次々に消えていき、寂しさを覚えます。

思い出に残っている方も多いのではないでしょうか?

長い間、本当にありがとうございました。

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

熊本を拠点に販売中!環境に配慮したデニムリメイクファッション「CALINA.」

2024.03.05

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal