*
とじる
*
とじる
*
とじる

えぇーっ!いちごの軍艦ってアリ?いろり料理も食べられる和水の「寿し丁」がすごい!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

いちごのおいしい季節がやってきました!

いちごのショートケーキやパフェもおいしいですが、和水町になんと!いちごの軍艦寿司が食べられるお店があるという情報をキャッチ!「これはぜひ食べてみたい」と好奇心で行ってみたら、贅沢な料理の数々と、あたたかく明るい大将の人柄に、完全にノックアウトされました!


予約限定!いろりがあるお寿司屋さん

和水町の金栗四三生家近くにある「寿し丁」は、通常は営業しておらず、予約でしか開かないお寿司屋さんです。

お店の中に入ると、立派なカウンターが目に飛び込んできます。

そしてその左側には、大きないろりがあるお部屋があり、いろり料理が名物というお店です。

まぁ~出てくるわ出てくるわ!

いろりでは、大将の今村さんが、「一番良い状態で食べてほしい」との思いで、すべて目の前で焼いて、取り分けてくださるので、私は食べるだけでいいという、お姫様待遇!

まず出されたのが、つやつやと光る新鮮なお刺身!お寿司屋さんとはいえ、いろりでお刺身が食せるとは贅沢です。

そして、いろり料理の一品目は、イカの丸焼き!炭火で焼いたイカは香りも良く、絶品です。

さらに、大きな牛肉もドーン!!!焼けた頃に、ハサミで切ってお皿に入れてもらえて、これまたおいしい!

その後も追い打ちをかけるように、立派なハマグリに、とうもろこし、久留米のお店で買ったという天ぷらや、トマトベーコンに、合鴨のつくね、巨大ウインナーと、まぁ~、具材が出てくる出てくる!!!

魚介にお肉に、こんなにいただいていいんでしょうか…と思うほど。2人前でこの量なので、これだけで、お腹いっぱいになります。しかし、それだけでは終わりません!

大きな地鶏のモモ肉も、豪快に一枚焼き!切ったお肉を焼くよりも、こうして丸ごと焼く方が、ジューシーでおいしいそうです。

その後、炭をひいて、とろ火でシシャモを焼いたあと、いろりの炭の下から、なにやら取りだされたものが…

これはもしかして…と思っていたら案の定!

炭でじっくりと焼かれた焼き芋!しっとりした紅はるかは甘くておいしくて、大満足でした!

通常はこれに、かっぽ飯までついて4,000円と、お値段以上のボリュームで、食べきれないほどの量!「せっかくお客様に来ていただくんだから、あれもこれも食べてほしいと思うんです」と、どこまでも優しい大将。そのサービス精神に恐れ入りました。

いよいよお寿司とご対面

いろり料理を食したあとは、カウンターの方に案内され、いよいよ例のお寿司!

なんと、シャリの上にホイップクリームといちごがのせられるという、大胆な発想の軍艦寿司!

早速いただいてみると…

普通にジューシーでおいしい!これは意外とアリです!

思っていたほどの違和感はまったくありません。ホイップクリームがないと、いちごとシャリがぶつかってケンカしてしまうそうですが、ホイップクリームがあることによって、味がまとまるのだとか。

鮮やかな手つきで握られた、魚のお寿司もおいしくて、いろり料理とお寿司をダブルで楽しめるなんて、最高でした!

とにかく明るい今村さん

しかし、こちらのお店、日頃営業していないとなると、大将の今村さんの本業はというと、いちご農家さん!

ゆうべにを生産されているので、11月~5月までは、いちごのお寿司が提供可能とのこと。

いろりの炭や、ビールを冷やす、この竹のクーラーも自ら作られたという、器用な大将。「これ、手作りですか?」と尋ねると、「足じゃ作れません」と返してくれるような、明るくて楽しい人です。

障子には、「妻がすき よその嫁さんもっとすき」の言葉が飾られていますが、実際は、かなりの愛妻家!

東北でバスガイドをされていた奥様とは、結納まで含め、たった5回だけ会ってご結婚!奥様のどこに惚れ込まれたのかを尋ねると、「ぜ~んぶ!」と答えてくださいました。

大将と同じく、太陽のように明るい奥様と、二人三脚で営業されており、とってもアットホームで居心地がよく、思わず長居してしまいました。ずっと笑いっぱなしの楽しい時間と、おいしい料理をいただくことができ、大好きになったお店でした!

※仕入れや状況により、内容は変わりますので、予約の際、ご予算等、お電話でお問い合わせをお願いします。

寿し丁

営業時間

完全予約制

駐車場

あり

電話番号 0968-34-3343

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

これはお粥革命!とろふわで体にも優しい餡かけお粥が絶品!「粥菜レストラン 季寿」

2020.05.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた#2 汚部屋化に歯止めを。

PR

2020.05.20

勃発!「ママチャリvsクロスバイク論争」どちらが便利か主婦としゃりんかん浜線店のガチンコバトル!

2020.05.20

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた#2 汚部屋化に歯止めを。

PR

2020.05.20

勃発!「ママチャリvsクロスバイク論争」どちらが便利か主婦としゃりんかん浜線店のガチンコバトル!

2020.05.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal