*
とじる
*
とじる
*
とじる

肥後ジャーナル読者さまより。メールをいただきました。

「西里線を田原坂方面に走っていると、右手にモアイ像が建っているのです。調べてもらいませんでしょうか?」

熊本に何箇所かモアイ像が建っているところは知っているのですが…田原坂近くにあるのは知らなかったので、行ってきました。

しかも、モアイ像を冬仕様にするためのお手伝いもさせていただきました!


確かにモアイいました

情報にあったように、西里線を崇城大学の方から田原坂方面へ車を走らせました。

左手は畑や田んぼ、右手に住宅が並んでいます。この辺なのは確かなんだけどな

んん???

いた!!!

いましたよ!!(青丸で囲ってるところ)って小さくて見えないですね、近づきます。

はい、間違いなくモアイ像です。

個人宅なので、場所は特定したくなかったのですが…無駄ですね、目立ちすぎる。

ここまで来たら、持ち主に話を聞かずにわはおれぬ。

こちらが、モアイの持ち主である古財さん。

「ズバリ!何故ここにモアイがあるのですか?」

「全部で4トンあっとですよ」

4トン!

めちゃ重い!!のは分かったのですが、質問に答えてください。

「えーと、金額はちょっと言えないです」

知りたい!

でも、とりあえず聞きたいのはそれじゃない。

「えーと」

「好きだから」

ですよねぇ!

好きじゃなきゃ買わないもん!!

「なぜここに置いたのですか?」

「目印になるように」

どんだけ目立ちたいのよ!もう、古財さん面白すぎる。

「私の父が、古いものを集めていまして、その影響で私も集めるようになりました」

聞けば、古財さんのお父様は田原坂資料館の館長さんだったそうです。

お父様が集めたコレクションを見てるうちに、歴史のロマンに取りつかれたそうです。

「ちょっと、見てみます?」

鉄砲・大砲・土器・銅鏡などなど

図々しくお宅に上がらせてもらい

西南戦争にまつわるものを沢山見せていただきました。

実際に西南戦争で使われた兵銃や火縄銃、銃剣、大砲など所狭しと置いてありました。

銃はほとんど今も使えるものらしいです。

タヌキさんが、すごい存在感。見るとこはそこじゃありません。

採掘された不発弾。持たせてもらいましたが、ずっしりと重く片手では無理。こんなものが飛んできてたなんて…。

これが実際使われていた、イギリス兵銃「ウェストリーリチャーズ」。これも重い。戦争の歴史がこの銃に秘められてると思うと、重厚感が一層増してきます。

「こっばかかえて山ば登ったり走ったりしよったんだけんねぇ」

考えるのは、どれだけきつかったのかよりも、どれだけの想いを抱えて走ってたんだろう…。その想いはきっと銃よりも重かったはず。

これに、鉛を流し込み弾を作っていました。

そうそう上手くは作れないようです。

西南戦争の話はここまでで、次は太古の昔に作られた銅鏡を見せてもらいました。

方格規矩文鏡(ほうかくきくもんきょう)といって、弥生時代中期から後期に使われていたものらしい。

こちらは弥生式土器。ラッカーうすめ液は現代のものです。

「ちなみに、コレクションの中で一番貴重なのは何でしょうか?」

ゴソゴソ…

「これですね」

取扱い注意!!

先日まで博物館に貸し出していたそうです。

西南戦争を描いた版画です。

古町と書いてある(現在の新町)ところから煙が。段山での戦闘を描いたものですね。

なかなか、お目に係れないものを間近で見れせてもらいました。モアイからの貴重な体験でした。情報を寄せてくれた方に感謝です。

モアイの冬支度

TKUの人気番組「かたらんね」が以前取材に来たそうです。

写真を見せてもらいました。もっこすファイヤーさんと奥様の孝子(きょうこ)さま。

奥様にも出てきていただき、モアイの冬支度をお手伝いさせてもらいました!

今からこのモアイ像にマフラーを巻きます。

私が脚立に上り、マフラーを巻き、奥様が結びます。

どうでもいいけど、

モアイって超なで肩。

奥様のお友達が作った、手編みのマフラー。絶対暖かい!色使いかわいい!

任務完了!!

朝夕の寒さにもこれなら大丈夫。

古財さんご夫婦が、モアイ像に対して愛情深く接しているのが、なんとも温かくほっこりしました。

突然の取材に対して、とても丁寧に応対していただき、本当にありがとうございました!

これからも、読者様の情報お待ちしております。全てに取材対応できるわけではないので、申し訳ないこともあるのですが、どしどしお寄せください!

ライター紹介

伊藤

伊藤

演劇の先生やったり、アニソンやメタルのDJやったり、バンドやったり、サブカル好き思春期47歳独身。健康診断で中性脂肪が赤信号だったので、たまにジョギングすることにした。やっぱり犬が好き。

このライターが書いた他の記事

【閉店情報】熊本で1番有名なガソリンスタンドといっても過言ではないENEOS北部店(津地石油)が閉店していました

2022.11.19

トロットロのスープが麺に絡みつくその名も「濃いラーメン」(天下一品のラーメンよりはサラリとしてます)

2022.11.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

PUBLIC RELATIONS

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal