*
とじる
*
とじる
*
とじる

昨年10月に新規オープンした鉄板焼店「鉄板ダイニングDK」。大人の雰囲気が漂うオシャレな空間でリーズナブルにステーキやハンバーグなどの鉄板焼きが楽しめるお店です。他にも美味しい料理がたくさんあると聞いて、早速うかがって来ました!


高級感あふれる街中の鉄板焼!

場所は中央区新市街のビル「CARNA A-3(カーナエースリー)」の1階です。新市街アーケードを福泉から入り、新市街パーキングや「博多餃子舎」の向かい側にあります。

一歩足を踏み入れると、高級感あふれる大人の空間が広がっています。

カウンター席は目の前で調理の様子が見られる特等席!おひとりでの来店も歓迎だそう。

一部屋だけ個室もあるので、ゆっくり語らいたい時にぜひ!

著名人も利用!店内にはサインがたくさん!

実はこのお店、著名人の来店も多いそうで、店内には多くのサインが残されていました。

熊本のグルメ探訪のテレビ番組でもお馴染み、ベテラン俳優・中原 丈雄さんのサインや、

お店の壁には多くの著名人のサインが書かれています!オープンしてまだ半年も経っていないのにすごい量です!

誰のサインかわかりますか?

お肉にピッタリのワインも勢揃い

お肉に合う各種ワインも多数揃っています。特にお店の推しは国産ワイン!高級ワインもあれば、手軽な価格帯でも美味しいワインもあります。熊本産「菊鹿ワイナリー」のワインも早速入荷していました。

最上級の空間で最高のお肉を!

ステーキは和牛ヒレステーキや厳選牛のリブロースからチキンステーキまで幅広く。そのほかハンバーグなども鉄板焼きで楽しめます。

アラカルトも充実していて、特に「しいたけのバター醤油焼き」なども最高の味わい。ヘルシーにいただけてクセになる旨さです。

新メニュー「カレーオムレツ」もオススメ!

阿蘇の絶品あか牛ステーキや、魚介類の鉄板焼きメニューが中心ですが、深夜遅くまで営業しているため、お客さんの求めに応じて手軽に食べられる食事も提供中。

店主の軽快な動きで、お客さんを手早くかつ丁寧に作られた料理は…

なんと「カレーオムレツ」!材料にこだわり抜いた本格カレーソースに、新鮮な県産高級卵を使用したオムレツです。

スパイシーなカレーとひき肉を鉄板で炒めたものを、まろやかな卵でとじたもので、早速人気のメニューの仲間入り!食事でもおつまみでもどっちもイケる、鉄板焼きならではの魅力的なオムレツでした!

ひとりでも誰かと一緒にでも落ち着いて食事ができる大人の空間!

ひとりでも誰かと一緒にでも訪れやすい「鉄板ダイニングDK」。街中で美味しいお肉が食べたいときにおすすめです!

■鉄板ダイニングDK■

住所:熊本市中央区新市街1-9 カーナA3ビル 1階

営業時間:17:00~翌3:00(週末は営業延長あり)

定休日:不定休(基本は営業)

電話:096-321-6564

地図

お店のHPはこちら

お店のFacebookページはこちら

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03