*
とじる
*
とじる
*
とじる

デサキ熊本菊陽店にボリューミーな手作りハンバーガーショップ「THE LOCAL BURGER」がオープン!

ライター:ひらの ひらの
キーワード:

1月12日、デサキ熊本菊陽店の店内に、こだわりのハンバーガーショップ「THE LOCAL BURGER(ザ・ローカルバーガー)」がオープンしました。普通のハンバーガーじゃ物足りないという方には、ストライクな味とルックスだということで、さっそく食べにいってきました。


デサキ店内に入ってすぐ左手に発見!

デサキ熊本菊陽店は、文具や雑貨、可愛い洋服を中心に販売しているショッピングプラザです。

広々とした店内にはずらりと雑貨類が並んでいます。

正面入り口を入って左手にウッディーなカウンターを発見しました。

広いイートインスペースもあるので、見つけやすいと思います。

こちらがレジカウンターで注文します。一体どんなハンバーガーが食べられるのでしょうか?

ボリューミーなハンバーガー!ここにしかない個性的メニューばかり

メニューを見ると、ほかではあまり見かけないようなものもたくさん!そして、ひとつひとつのボリュームがすごいんです。ランチタイム11時~15時はドリンクが100円引きです。迷いに迷った挙句、ゴルゴンゾーラバーガーとハンバーガー、そしてメロンソーダーを注文。「ゴルゴンゾーラはかなり癖の強いチーズですがお味は大丈夫ですか?」と丁寧に聞いてくださいました。

待っている間、ジューっと焼ける音が聞こえてきて期待度がアップ。

イートインスペースは全25席。光の入るカウンター席が気持ちよさそう。

小さなお子さん用に、ベビーチェアーもあります。

カウンターの上に、蛇口のついたボトルを発見。

ルイボスティー、レモン水、竹炭水が「お口直し用です」、と設置してあります。料理を注文すると、セルフサービスで利用できます。

頬張れるかな?魅惑のハンバーガー登場!

来ました。焼きたてのゴルゴンゾーラバーガー!

どどーん。

ぶ厚っ!こんなに大きく口は開きません!かぶりつくのが無理という方用に、ナイフとフォークもちゃんと用意されています。

きれいな色にレモンが入ったメロンソーダーも一緒にいただきます。

食べて驚き。まるでステーキのような食べごたえの大きなハンバーグ。しっかりとしたお肉の味を、ソースがより一層引き立ててくれています。食材は熊本県産のものにこだわって選んでいるそうです。

一日限定10食の日替わりカレーも

10食限定ということで、売りきれ必至のカレーです。

こちらはビーフカレーの高菜添え。

スパイスであるカルダモンが効いていて、これまたお肉が柔らかくて美味しい。何度も言いますが、1日限定10食なのでお早めに!

まとめ

ボリューミーなハンバーガーは、すべてのメニューがお持ち帰り出来ます。店内で雑貨を見ながら待つのもよいですが、電話で先に注文しておくとスムーズかと思います。

デサキ熊本菊陽店にオープンした「THE LOCAL BURGER」は、地元の食材をふんだんに使った贅沢なハンバーガーが食べられるお店でした。イベントなども定期的にされているそうなので、興味のある方は「THE LOCAL BURGER」のインスタグラムをチェックしてみてください。

THE LOCAL BURGER

住所

菊池郡菊陽町津久礼2648 (デサキ熊本菊陽店内)

営業時間

10:00~19:00(ランチタイム11:00〜15:00)

定休日

なし

電話番号 090-4784-5674

ライター紹介

ひらの

ひらの

本が好き、映画が好き、作る事が好き、でライターに辿り着きました。 熊本県以外に住んだことがない、肥後純血種。

このライターが書いた他の記事

【熊本市西区】美しい湧き水の流れに、昔の人々の生活を見る~延命水~

2024.05.20

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal