*
とじる
*
とじる
*
とじる

1月11日熊本初上陸!トマラー専門店「THE SNOOUP」が浜線バイパスにNEW OPEN

ライター:ogin ogin

みなさんは、トマトラーメン(通称=トマラー)を食べたことがありますか?私、生まれてこの方トマトラーメンなるものを食べたことがないんです。名前を聞いただけでも、なんだか身体に優しそうですよね。

そんなトマトラーメンで有名な「THE SNOOUP(ザ・スヌープ)」が、熊本に初出店するということで1月11日のオープン前日にさっそく初体験してきました。トマトが苦手なお子様にも人気だそうですよ!


浜線金龍跡地に「THE SNOOUP」誕生

場所は、平成けやき通りと浜線バイパスの交差点そば。以前金龍があった場所です。木の鎧張りにトマトラーメンの店頭幕、真っ赤なスヌープオリジナルの雷紋が目印です。

ちなみに、白山方面からお越しの際は「とり康」さんのお隣だと覚えておくとわかりやすいですよ。

オープン準備中の店内

店内は、椅子・ベンチ席が10テーブルと少人数用の席を合わせて約70席ほどあります。ベビーカーでも利用しやすい広い通路に、子ども用の食器やハイチェア・オムツ交換台も準備されていて小さなお子様連れでも利用しやすいのは嬉しいポイントです。また、麺を切るためのハサミや紙エプロンも準備されているそうなので、お子様連れの方や女性の方はぜひ利用されてみてください。

スープまで食べ尽くせ!パスタとラーメンの良いとこどり

※しばらくの間(1~2ヶ月程度)は、混乱を避けるためNo.6〜No.8の数量限定メニューはお休みをされる予定です。

創業12年のスヌープのトマトラーメンは、9種類のグランドメニューに豊富なトッピング(3種類のFREEトッピングあり)・チーズご飯やジェノバライスなどのリゾットご飯(税込165円)・具材入りの替玉からスープ付き替玉(税込330円)まで豊富なラインナップ。トッピングまで入れれば常時約40種類ほどあり、組み合わせ次第ではメニューは無限大です。今後は、季節限定メニューも予定されているそうなのでお楽しみに!

さらに、ミニラーメンとリゾットがセットになった小学生以下限定のHAPPY SET・替玉or杏仁豆腐が選べる学生のみのグループ限定(ご家族連れの場合は適用不可)嬉しい¥100オフ学割りサービスもあります。

そんな豊富なメニューの中から今回作っていただいたのは…

人気No.1のチーズ味付き煮卵炙り鶏チャーシューをトッピングした3点盛り(税込1,188円)

豪快にたっぷりの粉チーズに絡めて、トマトパスタのように食べるもよし

トマトの適度な酸味と風味を味わいたいなら、炙り鶏チャーシューと全てのラーメンに使用されている小松菜(地産地消)を一緒に食べるのがおすすめです。

そして、出会った時からすっごく気になっていたこの魅惑の半熟味付煮卵

自家製麺にも使用されている都城のブラント卵きみ恋卵をチャーチューのタレに漬け込んだとろっとろっの半熟煮卵は、白身までとろっとろっで持ち上げるとお箸がどんどん食い込んでいってしまうほどの柔らかさ。お店の方が、「日本一美味しい味付煮卵」っておすすめされる気持ちがわかります。

ラーメンといえば、自分流の味変を楽しみたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために各テーブルに用意されているのが、「レモン風味のオリーブオイル」と辛いものが苦手な方にも定評があるというスヌープオリジナルの「スヌスコ」

そこで特に私がおすすめしたいのは、こちらのスヌスコ。メニューの中に0~3辛まで選べる辛麺もあるのですが、「そこまでの辛さはちょっと…」と思われる方にぜひ食べてみて欲しい一品。市販のタバスコに比べるとまろやかな辛さで、とても食べやすく食べ終わってからもヒリヒリしないんです。ただし癖になりやすいので序盤でかけてしまうと、もう後戻りできませんよ!

店内の全てのラーメンやスヌスコなどは、全てテイクアウトが可能。混雑時やお仕事帰りに電話予約をして利用される方も多いそうです。遠方の方や後日食べたい方・ギフトで贈りたい方に便利な冷凍ラーメンの発送もできるそうなので、気になった方は店舗予約のほかホームページから受付可能なのでチェックしてみてください。

まとめ

オープン前日ということもあり、皆さんとてもお忙しそうにされていたんですが、「せっかくなのでお話を伺っても…」と声を掛けてみると

快く対応してくださったのは、坂口店長。

今回熊本初上陸のTHE SNOOUP(スヌープ)は、鶏ガラスープをベースとしたトマトパスタのようなラーメン。通称トマラーと呼ばれているそうなんですが、完熟オーガニックトマトを使ったスープにオリーブオイルと鶏ガラスープで仕上げ、48時間寝かせた自家製豆乳ウコンのストレート細麺は伸びにくく歯ごたえがあるのが特徴だそうです。(※つけ麺のみ三河屋製麺の太麺を使用)

スープまで飲み干した人だけが気づくであろうドンブリの裏側には、有田焼の文字。軽くて冷めにくいのが特徴で全国の店舗共通のこだわりだとか。

本日のオープンを待ちきれず、カップルからおばあちゃんやお子様とご一緒のご家族連れまで、取材中に少なくとも5〜6組のお客様がご来店されていました。そのひと組ひと組に、丁寧に対応されている姿はとても素晴らしかったです。お客さまの声を聞きながら日々進化していく「THE SNOOUP」さんがこれからも楽しみですね!

トマトラーメンをまだ食べたことがない方やトマラーの熊本初上陸を待ち望んでいた方まで、身体に優しく胃もたれの心配がいらないトマトラーメンを食べにぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

THE SNOOUP(スヌープ)

住所

熊本市南区田迎6-1-41

駐車場

20台
※表にも2台分あり

営業時間

Open/11:00
Close/21:00(L.O/20:30)

定休日

なし

Instagram

https://instagram.com/snooup_is_yours?utm_medium=copy_link

※全店舗共通アカウント

ホームページ

https://www.snooup-is-yours.com/

電話番号 096-378-0900

ライター紹介

ogin

ogin

なかなか昭和から抜け切れずにいるogin。人の想いや温もりに触れることが好きで、頭の中でひとり情熱〇陸を繰り広げる日々。泣いたり、笑ったりしながら楽しく生きています。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

2021年肥後ジャーナルアクセスランキング!今年熊本で熱かった話題はこれだ!!

2021.12.31

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

PUBLIC RELATIONS

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

年末恒例!ガソリンスタンド地獄の大渋滞にはまってるあなたに朗報&お年玉あげちゃう

2021.12.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal