*
とじる
*
とじる
*
とじる

【菊陽町】ドカ盛り海鮮丼がたったの1,450円!?爆安海鮮丼御膳が味わえる「うま魚」のコスパに仰天!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

菊陽バイパス沿いにある、個室居酒屋「うま魚」。

天草でとれた新鮮な魚をリーズナブルに味わえるお店で、ランチに行ってみたら驚きの価格とボリューム…!
物価高のご時世を感じさせないメニュー内容と価格帯に、久しぶりに衝撃を受けました!


行列ができる個室の繁盛店

「うま魚」があるのは菊陽町役場近く。

和風の造りで、なんだかほっと落ち着く、気取らずに行けるお店です。

駐車場も広々で、車もとめやすいので安心!

連日待ちが出るほどの超人気店で、呼び出し用のブザーが用意されています。

店内が満席で入れない時は、ブザーを持って車で待機し、ブザーが鳴ったらお店の中に入るというシステムになっています。

お店は中央の入口から入って右側と左側に席がある、個室の居酒屋となっています。

2人席からグループ用、大部屋まで、様々な広さの個室があるので、少人数でも団体でもOK!

個室でゆっくり料理が味わえるのは魅力的ですね!

破格のランチメニュー

ランチメニューはというと…

焼き魚定食やカキフライ定食といった海鮮系だけでなく、豚の生姜焼き定食や牛サガリ鉄板定食など、お肉のメニューも充実!

そして、中でも一番人気が特選海鮮丼で、なんとお値段1,050円という驚きの価格!

これ、どう考えても海鮮丼の値段じゃない…。

さらにドカ盛りも1,450円と、「ドカ盛りにしても安すぎでしょ!!」という極めて良心的な価格です。

呼び出しベルもありますが、タブレットも設置してあり、注文時にはご飯の大・中・小も選べます。

さらにランチセットでドリンクも+100円でつけられるというサービスも

ボリュームたっぷりのデカ盛り海鮮丼

これはもちろん、海鮮丼デカ盛りにいくしかないと、海鮮丼のデカ盛り(ご飯大)を注文してみました。

どーーーん!!!

写真では伝わりにくいですが、ものすごい丼の大きさ!

海老2尾にマグロやサーモンに鯛、タコやとびっこといった具材が、たっぷりと贅沢にのせられています!

さらに、ひじきの煮物や切り干し大根の煮物など、小鉢5品にミニハンバーグ&汁物までついているのにも驚き!!

お客様へのサービス精神が驚異的です!

食べてみると、「うま魚」という屋号の通り、海鮮はプリプリ新鮮で絶品!

白ご飯が美味しくいただけます。

さらになぜか、海鮮丼にミニハンバーグまでついてくるというのにも驚き…!

そして、汁物はあら汁になっているのが、これまた嬉しい…!

何度も喜びが畳みかけてくるような海鮮丼セットで、デカ盛りでもペロリといける美味しさでした!

そのほかの定食もおすすめ!

イチオシの海鮮丼だけではなく、そのほかの定食もおすすめです。

チキン南蛮定食は、最初にこちらの御膳が運ばれてきて、これだけで完結しても満足できそうな内容ですが、ここにプラスして、チキン南蛮が別皿でやってきます!

このチキン南蛮と御膳がセットになって…

こうなります!
これで1,000円はびっくりの内容で、こちらにも小鉢5種+あら汁+ミニハンバーグが…

チキン南蛮は肉厚ジューシーで、タルタルもたっぷり!

さらに揚げたて熱々を提供してもらえるので、一番美味しい状態で食せます。

ランチ後のドリンクも+100円なのに、しっかりと量もあり、もう大満足です!

まとめ

新鮮なお魚を驚きの価格で食べられる「うま魚」、もうあっぱれとしか言いようのない驚きの内容で、お客さんが並ぶのも納得の、サービス精神あふれるお店でした!

夜の一品料理も手ごろな価格で、メニューも豊富です。

お昼のコース料理もできるそうなので、昼飲みや、ランチでの集まりにも良さそう!

お子様ランチもあり、個室で食べられるので、お子様連れのご家族にもおすすめですよ。

※記事公開直後は混み合う場合がございますので、日を空けてのご利用をおすすめしています。

うま魚

営業時間

11:00~14:30(ラストオーダー14:00)

17:00~23:00

電話番号 096-295-7313

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【西原村】元気をチャージできる「萌の里」のひまわり畑!今なら切り花お持ち帰りも

2024.07.08

【合志市】お肉には自信あり!あの有名焼肉屋の新しい挑戦「とんかつ きく富」が6月28日(金)オープン

2024.07.03

【高森町】東京ドーム約1個分の広さ!!時間無制限で狩り放題のブルーベリーの楽園「アソブル」が7月13日(土)オープン!

2024.06.30

【南阿蘇村】まるで絵本の世界!森と溶け合える癒しのひとときが過ごせる素敵なカフェ・ギャラリー「緑の小箱」

2024.06.29

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】食べ飲み放題で2,500円!7月17日オープンの「おすすめ屋」はコスパ重視派におすすめ!

PR

2024.07.18

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】食べ飲み放題で2,500円!7月17日オープンの「おすすめ屋」はコスパ重視派におすすめ!

PR

2024.07.18

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal