*
とじる
*
とじる
*
とじる

【閉店】【熊本市中央区】心がほぐれて胃が満たされる「和食ともき」のランチを満喫してきた

ライター:lico lico
キーワード:

あったかい麺類がおいしい季節になりました!

特にうどんや蕎麦は、朝昼夕いつ食べてもお腹にやさしいし、トッピングを追加するのも楽しみの一つです。

並木坂に、本格和食のお店が出すお蕎麦のランチがあると聞いて「和食ともき」さんへ行ってきました。


ビル奥の藍染タペストリが目印!

お店は並木坂、ろじぱんさんのお隣、「浅井ビル」の1階奥にあります。

ビルの入り口に提灯とメニュー表が出ています。

お店の入り口は、鯛が目を引く素敵な藍染のタペストリが目印。

扉を開けたら、情趣のある内装が。

靴のまま入れます。

店内はカウンターとテーブルがあり、おひとり様でもグループでも居心地よく過ごせそうです。

今日は一人なのでカウンターに座っていると、何やらいい香りが…。

茶香炉!

お店の細部まで丁寧に設えられていて、食べる前からほっと一息ついて寛いじゃいます。

お茶はセルフで。お店でおかわり頼むタイミングがド下手なのでありがたい。

うどんと蕎麦と丼と

ランチメニューはお得なセットと単品があります。

セットメニューは今後、変更予定もあるそうなので、気になる方はお店の外のメニュー表などご確認ください。

追加で色々食べられるのいいですよねー!

揚げ物大好きなので、丼セットの「小エビと野菜のかき揚げ丼とそば」に決めました。

注文はテーブルに置いてある紙に書いてお渡しします。

オニギリもおいしそうで迷いましたが、足りなかったら注文するのでとりあえず保留で。

そしてやってきたのがこちら。

じゃじゃん!

めっちゃボリュームある!

エビは生から揚げているのでぷりっぷり、野菜は薄切りなのでサックサク。

つゆもちょうどいい量で、お米の味が引き立ちます。

高火力で揚げられた天ぷらはやっぱりお店でしか食べられない味ですね!

自宅だと油をケチって揚げ焼きみたいになっちゃう…。

そしてお蕎麦!

お出汁が効いてて、ほんのり甘いつゆがめちゃめちゃ美味しい。

丼と相性抜群です。

しかも、つゆは注文ごとに徳利に入れて温めて出しています。

「鍋に作って火にかけておくと、風味も飛んでしまうから」

というご店主のこだわりと心遣い。

やっぱりプロは一味も二味も違います。

追加注文しようかと思っていましたが、セットだけで満腹になったので今回は断念。

次回は天ぷらうどんとおにぎりのセットにしようかな、とすでにリピート確定な予定を立ててます。

夜のコースとお弁当

「和食ともき」では、夜は要予約のコース料理と単品中心のメニューになります(写真は一例)。

美味しいお酒とのペアリングも楽しめますよ!

また、3日前までの予約で、お弁当や酒肴詰合せなども楽しめます。

詳しくはホームページやInstagramをご覧ください。お家で美味しいものを食べたい方、おすすめです。

ほっと一息つけるお店「和食ともき」、心と体の栄養補給にぜひ行ってみてください!

和食ともき

住所

熊本県熊本市中央区上通町11-3 浅井ビル 1F

定休日

日曜日

営業時間

ランチ 11:30~14:00(L.O.13:30)

ディナー 18:00~22:00(L.O.21:30)

ホームページ

https://washokutomoki.com/

Instagram

https://www.instagram.com/washokutomoki/

電話番号 096-273-6274

ライター紹介

lico

lico

リコと読みます。本と映画と手仕事好きな食いしん坊で呑兵衛。気になる情報があればどこまでも!

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

PUBLIC RELATIONS

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal