*
とじる
*
とじる
*
とじる

カキ小屋って何月までやっているの?八代の「やき処宗弘丸」に行ってきいてみた!

暑くなってきたから、シーズン終わっちゃうよねぇー---牡蠣。

冬が旬の牡蠣。

年中食べたい!というのが本心ではありますが、今年はギリギリいつまで食べれるのか???八代の「やき処宗弘丸」さんに行って聞いてきました!


やってきました「やき処宗弘丸」!

八代の港の近く、漁船が並ぶ八代マリーナのそばにあるカキ小屋「やき処宗弘丸」。

以前紹介したページはこちら

https://higojournal.com/archives/yakudokoro-munehiromaru.html

この日はあいにくの天気でしたが、海は穏やかで漁船も出ているようでした。

お天気が良い日は潮のかおりと海風に吹かれながら、対岸の天草の島々を眺めながら八代の海の幸を楽しむことができます。

しかし!美味いものがあれば、天気なんて関係ありません!

とにかく、牡蠣食べたい。

早速お店に入りましょう。

テーブルチャージ料がお一人300円ですが、ソフトドリンクバーがついているんです。つまり、ドリンク代ですね。

ドリンクバーはホットもアイスもあります。個人的にはコーンポタージュスープがあるのがうれしい!

こちらの券売機で購入し、お店の方に渡します。

セットメニューもあるので、悩んだらこれですね。時期によってセット内容も変わるようですよ。

ちなみにカキは在庫がなくなれば終了だそう。

他にも、牛肉、馬肉、刺身などもあり、海鮮が苦手な方も楽しめますね。

早速焼いてみた!

こちらが、Aセット(カキ5、アワビ2、ヒオウギ貝2、アワビ1、クルマエビ2)です。どれも新鮮。

活きています。

どれも新鮮だからでしょうか、内臓のえぐみや苦みがなくて食べやすい。

こうして食べると、命のありがたさを普段以上に感じます。

券売機のところに「1個800円」と書かれたカキと「時価」と書かれた呼子のヤリイカが。

結構お高いのね…悩んだ末に注文してみると。

手のひらの半分ほどある巨大なカキ!

右が天草天領岩ガキ。普通のカキの3倍以上あります。一口では食べられないくらい大きいカキが入っていて、味もクリーミーで濃厚。時期物なので、あれば食べる価値アリですよ!

イケメン店長が持ってきてくれた「呼子のヤリイカ」この大きさで3000円くらい。

透明で透き通っていて、まだ動いていましたよ!

刺身で食べるもよし、焼いて食べるもよし。柔らかくて甘味があります。

社長が漁から帰ってきた!

カキ小屋のお隣には「(株)宗弘水産」があり、ここの生け簀に先ほどの魚介類がいるそう。

中を覗かせてもらうと、コンテナに貝がたくさん!手前のコンテナにはアワビが!

ヒオウギ貝にサザエに

伊勢海老!

ワタリガニ!これほとんどメスですって。

先ほどいただいた、呼子のヤリイカさん。すごく元気が良いですね。

近づくと、頭を水の上に出してきます。

こちらは、社長の「宗弘道弘」さん。元漁師で、この日も漁から帰ってきたばかりのところでした。宗弘社長が漁から帰って来られると、社員総出でお出迎え。

従業員の皆さんと和気あいあいと話をされて、とても気さくな宗弘社長でした。

ソフトバンクホークスファン&ビールはアサヒが好きというのが、一目でわかるいで立ち。

6月ごろまでの営業

カキや貝類の旬は冬から春にかけてなので、夏場は材料がそろわずお休みされるそう。

お肉もありますが、やはり海鮮焼きを楽しんでほしい。新鮮さがハンパないんですもの!!

今シーズンは6月末か7月あたりでおしまいらしいので、急いで行っときましょう。

お持ち帰りもありますよ

獲れたての魚を加工したお持ち帰りもありましたよ。

社長自ら漁に行き、新鮮なお魚をすぐ食べられる。サイコーに贅沢なカキ小屋です。

八代の海の恵みに感謝していただきましょう!

おまけ

先日、海で泳いでいたところを、イケメン店長に保護された「ウミガメ」ではなく「アカミミカメ」のムネマル君?。なぜ海で泳いでいたのかは不明とのこと。看板カメとしてかわいがっていくそうですよ!

やき処宗弘丸

営業時間など

営業時間:11時~16時

定休日 :月、火曜日

インスタグラム

https://www.instagram.com/yakidokoro.munehiromaru/

電話番号 0965-45-9200

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

営業再開した人吉の老舗、醤油・味噌醸造元「緑屋本店」のアイスもなかはコクがあってたまらない!

2022.06.20

最近ワンピースが熱いので、ロマンを追い求める僕は船上で日の出を見たくて有明フェリーを利用した。

2022.06.18

湯前の老舗和食屋さん「魚八」はリーズナブルで地元の方に愛されているお店だった。

2022.06.12

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

流れ星にお願い事をするんじゃなくて、自らの手で叶えたい!!!~ビジネスの作り方を女性起業家に届けるWeb集客コンサルタント〜

2022.05.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal