*
とじる
*
とじる
*
とじる

「ともに すすむ くまもと」、1月下旬公開

熊本県が1月下旬に熊本地震復興ドラマ「ともに すすむ くまもと」の公開を予定しているそうです。

県は震災以降、ご支援いただいた全国の皆様への感謝と、震災の記憶を風化させないように、首都圏を中心に復興プロモーション活動に取り組んでいます。

前回の復興プロモーション動画では、郷土のスター「水前寺清子」さんが歌う「三百六十五歩のマーチ」にのせたWEB動画「フレフレくまもと!」を公開し、大きな反響を呼びました。

今回は、復興プロモーション第二弾として、熊本復興ドラマ制作プロジェクトとして、「ともに すすむ くまもと」を公開するそうです!


引用元:http://tomoni-susumu.jp/

昨年はミュージックビデオ風の映像でしたが、今回は本格的なドラマとして作成されます!

熊本県民の実話をもとに、地震に直面しても悲観的にならず、日々を明るく、前向きに歩みを進める県民の姿をリアルに描く、笑いや感動を交えたストーリーで展開する予定だそうです。

出演者は高良健吾、倉科カナなど!主題歌は「WANIMA」

このドラマでは出演者も熊本出身者らが決定しています!行定監督作品「うつくしいひと」でも主演を務めた熊本市出身の高良健吾さん、同監督の次回作「いっちょんすかん」でヒロインに決まっている倉科カナさん、「うつくしいひと サバ」での名演技が光った名俳優中原丈雄さんなど、豪華ALL熊本俳優陣が出演するそうです!

さらに!このドラマの主題歌は、紅白出場も果たした「WANIMA」が歌う「ともに」という曲。

主題歌となったこの歌は、熊本震災翌日のレコーディング予定だったそうで、真っ先に地元に戻りたい気持ちを抑えながらの敢行だったそう。そのような経緯もあり、主題歌に選ばれたそうです。

まとめ

公式サイト「ともに すすむ くまもと」では、ドラマ主題歌を歌うWANIMAのスペシャルインタビューも掲載!

彼らの熊本に対する熱い思いや、熊本へのメッセージなどが掲載されています。

この特別制作ドラマは、一月下旬の公開を予定しているそうですので、詳しい情報は公式サイトからの発表をお待ちください。制作過程も随時公開されるそうですよ!

「ともに すすむ くまもと」公式サイトはこちら

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

パルコパーキング前にタイマッサージ&雑貨の店「nimroom(ニムルーム)」がオープン!天国かと思う時間を過ごしてきた

2020.07.23

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal