1. TOP
  2. 【航空ファン必見】なんと“77年前”の名旅客機 「ダグラスDC-3」が熊本に飛んでくる!!

【航空ファン必見】なんと“77年前”の名旅客機 「ダグラスDC-3」が熊本に飛んでくる!!

まさに「空飛ぶ文化遺産」“77年前”の名旅客機「ダグラスDC-3」が被災地熊本に飛んでくる!!

引用元:http://www.breitling.co.jp

さて、ブルーインパルスの話題の次に、またもや熊本の航空ファンの皆様に朗報です!
初回製造“1935年”。戦前・戦中・戦後と、当時の航空輸送の世界に革命をもたらし、
航空史上最も重要な航空機としてその名を知られた「ダグラスDC-3」

引用元:http://www.breitling.co.jp

当時の生産台数も総数1万台を超えるなど、もはや世界で無くてはならない名機だったDC-3ですが
実は耐久年数の良さでも知られ、なんと70年以上経った今でも現役で飛んでいるDC-3は100台以上を数えるとのこと!ただ、このオールディーズな旅客機を日本で観ることはまずありません。。。が!

今回が特別に、大震災の被災地としてもはや世界でも知られた熊本で、復興支援の意味合いも込めて、ブライトリング社が所有する「ダグラスDC-3」が77年記念の世界巡回ツアーで飛び回っており、その立ち寄り先として、日本のエリアでは「熊本」に特別に寄航致します!!

実は今回のDC-3ワールドツアーでの日本での寄航場所は、「神戸」「福島」「熊本」の三都市で、
時期は違えど、いずれも「大震災」により大きな被害を受けた都市となります。

 

ところでブライトリング社って?

引用元:http://www.breitling.co.jp

今回の世界ツアーを企画したのは、「ダグラスDC-3」を所有する
スイスの高級時計メーカーの「ブライトリング社」です。

 

なぜ時計メーカーが往年の旅客機を所有しているのか?

その答えは、このメーカーの開業当時は、一般時計の他に、飛行機の「コクピットウォッチ」などを製造していた関係で、時計メーカーでありながらも航空業界に昔から太いパイプを持ち、高級時計メーカーでありながら、飛行機の「アクロバット」チームと「レーシング」チームを所有しているという、ユニークな時計メーカーです。

そんな企業が所有する通称「ブライトリングDC-3」が、熊本に寄港するわけです!

 

「ブライトリングDC-3」のPR映像がこちら!!

しかし、本当にこれが70年以上前の飛行機なのか!?と思えるほどの素晴らしい状態の良さ、美しさですね!

まぁ相当なメンテナンスは掛かってそうですね。。

実はこの寄港に合わせて、高級時計メーカーブライドリンク社の会員のみが参加できる特別イベント「クラブ・ブライトリング DC-3 ミーティング」では、DC-3の体験フライトや機内見学会などが行われるようです!

上野P
って、俺はそんな高級時計メーカーの会員なんてとても無理ですわ。。時間を見るのもスマホだし。。

ということで、我々庶民は往年の名機の外観を楽しむことにしましょう。。
※参加エントリーも4/2で終了しております。

 

なお、寄港場所は「崇城大学 空港キャンパス」の模様

引用元:http://www.sojo-u.ac.jp/campus/facilities/airportcampus.html

DC-3の寄港場所は、熊本空港ターミナルそばにあります、
日本の大学で唯一の「空港キャンパス」である「崇城大学 空港キャンパス」になります。

最後に

今回のDC-3の来熊は、おそらくこの機会を逃したらもう二度と熊本では観られない。。と言ってもいいかもしれませんね。戦前から現役で活躍するオールディーズ旅客機の登場は、きっと被災地熊本の皆様に、何事にも負けないという元気を与えてくれることでしょう!

残念ながら多分機内見学までは難しそうですが、
ぜひ一度、いやもう二度目は無いかもしれない「ブライトリングDC-3」を観に行きたいですね!!

※なお、「ブライトリングDC-3」ワールドツアーの様子は、公式Facebookページで随時更新中です!

 

■ブライトリングDC-3ワールドツアーin熊本■

開催日時:平成29年4月30日(日)午後から。
開催場所:崇城大学 空港キャンパス
住所:〒869-1104 熊本県菊池郡 菊陽町大字戸次1569−1
詳しい情報は公式ページがある、こちらへ!!


\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった
媒体での仕事経験が豊富な上野P
りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。
ピコジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも
グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

他の記事も読んでください‼︎  記事一覧

  • あの巨大唐揚げで有名だった「ちきゅう屋」は今も阿蘇で元気に営業中!!!

  • アスペクタが熱い!阿蘇ロックフェスティバル2017が5月27日に開催!!!

  • 熊本一安いランチ?学割価格で食べられると噂のモンマルトに行ってきた!!!

  • 【4K空撮可】ミルク牧場で最新の“ドビードローン”を飛ばしてみた!

こちらもオススメです‼︎

  • ついに!!!TOHOシネマズ光の森が9月13日に再開予定

  • 【ミサミサが熊本に】熊本パルコOPEN30周年記念イベントで「佐野ひなこさん」が来熊!!

  • ふじの蔵が12月7日にオープン【菊陽・光の森】

  • くまモンが来年から東京で大活躍?東京メトロ銀座線でくまモンラッピング電車が登場するぞ!!!

  • サンリブシティくまなんが9月上旬に営業を再開‼︎

  • 水前寺成趣園ゆかた月間及び夜間解放が8月1日から始まります!!!