*
とじる
*
とじる
*
とじる

上通りアーケード内にできている不思議なお店

上通りアーケードを歩いていると不思議なお店がありましたので、行ってみることにしました。

dsc_0114

場所は、アーケードの中間あたりの「オモキビル」です。
こちらにはかつて移転前の「サンマルクカフェ」が入っていました。

オモキビルは、熊本地震の被害が大きく、テナントビルとして営業していくことが困難とされ、
築100年の歴史に終止符を打ち、建て替えられることがきまってます。

その取り壊されるまでの期間を利用して2か月限定の【躯体から観える記憶展】が開催されています。

オモキビル


躯体から観える記憶展とは?

■躯体から観える記憶展■

この企画展は現在空きスペースになっている場所を、期間を限定して、今回の震災で活動場所をなくした、アーティスト、クリエイター、ショップ(フリーランス)などに提供し、そこで面白いことをやっていただくものです。
企画展会場は元のテナントの内装が取り除かれて、いわゆるスケルトンの状態になっています。ビルの手前3分の1は、築100年になる大正時代からの建物で、いろんなダメージで漆喰が崩れ落ち下地壁がそのまま露出してたりして、まさに『躯体』があらわになっています。

大正から昭和(戦時中まで)にかけては『肥後塗り 面木漆工場』、戦後はは『オモキ屋靴店』、昭和53年以降現在まではテナントビル『OMOKIビル』として時を刻んた建物と、現代のアーティストたちがコラボレーションして、他にはない素敵な空間になっています。(OMOKIビルFacebookより)

このようなお店が出店されています。
dsc_0116

dsc_0117

20160911_15243143220160911_152625490

20160911_152715965

20160911_152831569

20160911_152849001

20160911_152900200

さらには週末限定で、「宝の持ち腐れ市」が開催されています。
dsc_0115

10月15日までの期間限定のの開催となっています。
上通りアーケードを通られた際には、是非立ち寄られてみてください。

躯体から観える記憶展
 
住所:860-0845 熊本市
中央区上通町7番11 OMOKIビル1F
電話番号:090-8397-8176
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りゅう

りゅう

彼は恥ずかしがり屋なのであまり表には出ませんが 流行に敏感なので色んな場所を飛び回っています。 得意技はカクテルを作ることです。

このライターが書いた他の記事

震災の影響で休業していた御領にある昭和風居酒屋「居酒屋元」が復活!

2017.12.16

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal