*
とじる
*
とじる
*
とじる

【人は心だろうが】金ナシ車ナシでも相手を喜ばせるくらい出来らぁ!0円デート選手権!【熊本大会】

ライター:言 言
キーワード:

とりあえずゆめタウン行きがち、ライター言です。

大人になって遊びといえばグルメだったりショッピングドライブといったところでしょうか。

言ってしまえば、何をするにもお金が必要。利用させてもらっているので当然といえば当然なのですが、いうてパターンもなくなっていきます。

でも子どもの頃ってお金なんて持ってなくても無限に朝から晩まで遊んでいられましたよね。

大人になって遊び場が少なく感じてしまうのは、お金がないからでも場所が少ないからでもなく心意気なんじゃないでしょうか?

面白いことを見つけよう、という工夫相手をどうにかして喜ばせよう!という思いやりが大切!

そう思ったワタクシは、0円デート選手権を開催することに致しました!!


0円デート選手権とは

0円デート選手権とは、すなわち0円でデートをするというものです。

細かいルールはこちら!

・デート中にお金は一切使わない。もちろん相手に出させてもいけません。

・車移動はガソリン代を使うので不可。当然公共交通機関も不可。

・プレゼントやお弁当など持参してくるものも0円。(Diorのバッグを持ってきた人が優勝になってしまうので)

・常識の範囲内で(人に迷惑かけない)

つまり1円も払わずに1番相手を喜ばせた(キュンとさせた)人が勝ちです!

なお、今回は公平さを保つため、サクラマチクマモトに集合を全員統一しております!

審査はワタクシ、街を歩けば誰もが二度見するでお馴染みのライター言が承ります。

それではスタート!!!

1人目 熊本の初代インフルエンサー(自称)・りよう

10分遅れでやってきました。早速減点です。

トップバッターは肥後ジャーナル創設者のりよう

熊本を知り尽くしているので0円で楽しませるなんてお手のもの…なはず!

ちなみに作戦は「歩きながら考える」だそうです。

「お待たせしましたぁ〜!まぁ、まずはコーヒーでも飲みにいきますか!」

というわけでサクラマチクマモトの地下にやってきました。

今回はデート費用0円なので当然カフェなんかには入れませんが…

カルディでもらえる試飲のコーヒー!0円!

「なるほど!まあこれならお店のご厚意なのでOKではありますね…」

「あ、まだ飲まないで!」

「え?」

というわけで上の階へと移動します。

やってきたのは屋上。

「ほら!席空いてますよ!」

「あ…ハイ」

2人だとめちゃくちゃバランス悪いですが、童心に戻れてこれはこれでいいかも!

「ここから熊本城も見えますよ」

確かに!これは素晴らしい眺めですね〜

恋愛リアリティ系でありそうな写真が撮れました

ちょっとエモい雰囲気〜いいと思います!

続いてCOCOSAへやってきました。

無印良品で家具を眺めます。

将来一緒に住むとしたらこういうインテリアにしたいね、みたいな話をすると夢膨らみますよね〜

ぜひお試しくださいと書いてあるのでぜひ試します。 

「よし、ここで水をもらっていきましょう!」

「え?ペットボトル持ってきたんですか?」

「持ち込みは0円ならいいって言ってたじゃないですか!」

「いや、まあいいですけど…」

CO2削減に貢献してるんすよ!!SDGs!!!ECO!!!

一瞬ケチかなと思いましたが、確かに地球規模で考えたら立派なことです。見習いたいかもしれません。

「さて結構歩いて疲れたし、休憩がてらちょっと癒されますか…」

猫ちゃんのいるカッフェ!!!

…を外から眺めて癒されます。ガラス越しでも猫は可愛いです。

続いて鶴屋にやってきました。

地下をうろうろし始めるりよう。

「あのー…何やってるんですか…?」

試食がないか探してるんすよ!

隅から隅までうろうろしましたがご時世でしょうか、試食はあんまりありませんでした。

そして結局、コーヒー屋さんでまた試飲のコーヒーをもらい…

フードコートで水を飲みます。

(お腹がチャプチャプなんだが…)

「あ!そうだ!今バレンタインの催事があってるからそこなら試食がもらえるかも!」

というわけで東館のバレンタイン催事でチョコレートの試食をゲット。

チョコレートはめちゃくちゃ美味しいですが、試食を求めてうろうろするのはなんかちょっとスマートさに欠けるというか無計画さが出ているというか…け…けt…

という空気を察したのか、りようは足早に地下へと向かいます。

足早すぎて喧嘩したんかっていうくらい先行ってます。

「ここでおしゃれなエモい写真撮れるんですよ!記念に撮りましょ!」

8番出口みがありますよね

ちょっと加工したら確かにエモい写真になりました!これは素敵です!

続いて手取天満宮へ。

今回はお賽銭を入れられないので鳥居の前でぺこりとご挨拶だけをして…

そのままNewS館へ向かいます。

そして地下のアウトドア専門店で…

キャンプごっこ

室内とはいえテントの中に入ると若干楽しい気持ちになりますよね。

キャンプしてるつもりで色々と語り合いました。

というわけでここでりようの0円デートは終了!

不安になるシーンもありましたが、意外と知られていないスポットなどをたくさん教えてくれました!

2人目 イケメン代表・Ruy

彼女募集中だそうです。

続いてのチャレンジャーは編集部の意向でライター名が危うく「イケメン」になりかけたライターRuy

作戦(?)は「昨日めちゃくちゃ考えました」だそうです。

果たしてどんなデートをしてくれるのでしょうか!?

「えっと。今日は、俺と勝負してもらおうかなと思います」

「ほう。勝負とな」

「このサクラマチクマモトの中に、くまモンハートどっちが多くあると思う?」

「うーん。普通に考えたらくまモンだけど、今ちょうどバレンタインイベント中だしハートの方が多い気がしますね」

「じゃあ俺はくまモン派、言さんはハート派でどっちが多いか数えて勝負しよ!

というわけでカウンターアプリを入手!

アプリダウンロードは0円でしたので問題ナシ!

早速サクラマチクマモトに入場!

入ってすぐにバレンタイン特設コーナーがあり、でっかいハートがお迎えしてくれます。

「ハイ質問!ポスターの柄のハートはアリですか?」

「ありあり。絵でも立体でもハートだったら数えてOK!」

「これめっちゃハート描いてあるけど大丈夫?」

男に二言はない!!!!

「お菓子屋さんにもハートあった!」

バレンタイン関連のディスプレイだけでなく、お洋服の柄やお菓子の形などハートをバンバン見つけていきます。

「こういう目線で見るのも楽しいですね」

「てかくまモン全然いないんだけど…」

「ドンマイ(笑)」

意外にも1階でくまモンを見つけることはできませんでした。

2階に置いてあるジオラマも注意深く観察します。

「あ…!いた!!!」

なぜか牛乳を抱えていますね。

ちーちゃいくまモンがいました。

いつもは素通りしてしまうジオラマですがこういった目線で見ると楽しいです。

続いてやってきたのはくまモンビレッジ

うおおお…!めっちゃいるやん…!

得点が限りなく0に近かったRuy、これはチャンス!

くまモンは本当にいろんなグッズやコラボをしていますね。数えながらも会話が弾みます。

ハート型でくまモングッズという2人の得点になるものもありました。

ちなみにお店にいるくまモンを全て数えると200万点とかになってしまいそうなので一つの商品につき1点というルールにしました。

それでも見渡す限りのくまモンパイセンに得点が止まりません。

「やばいこっちの棚まだ数えてなかった!えーっと…1、2…」

言は天性の飽き性

長くないか?

もはや棚卸ししてるやん」

「ご…ごめんね、つい夢中になっちゃって…」

なんとここで倍の差をつけられて逆転されてしまいました。

その後もハートやくまモンを探しながら館内をまわりました!

結果は…

くまモンチームの勝ち!

「結構いい勝負だったね!」

最後に大きなくまモンの前で記念撮影!

勝負にガチりすぎなところもありましたが、スマホ一台でできるし買い物以外の新たな発見もあって楽しかったです。

内容を変えてアーケード街や公園でやるのもいいかもしれませんね。

3人目 中年の星・伊藤

ラストは年上代表伊藤

豊富な人生経験を活かした余裕のあるエスコートが期待されますね。

作戦は「昨日下見してきたもののおかげで若干疲労気味」だそうです。大丈夫か?

洋服も0円(貰い物)コーデだそうです。

「えっととりあえず、一旦落ち着いて座りませんか?」

というわけでサクラマチクマモトの地下に行きます。

またカルディコーヒーでしょうか?以前別の男と来たのできまGです。

と思いきや…

フードコート。

「ささ…どうぞ、新鮮な注ぎたてのお水です」

というわけでまずはフードコートのお水で乾杯。

お水も飲んで一息ついたところで移動します。

「結構歩いて疲れたでしょう。ちょっと座りましょうか」

「そ…そうですね!ありがとうございます!」

もしかしたら下見疲れの伊藤は自分が座りたかっただけかもしれませんが、デートということでおしゃれしてヒールとか履いて来てるのでこまめな休憩はありがたいです。

座っている時も小粋なトークは欠かしません。

足は動かないけど口は動く、それが初老大人というもの。

ほら見てくださいこの木…控えめですが一生懸命生きてて…我々もこんな風に謙虚で強く生きていきたいものですね…

え?ああ…そっすね…(急にどうした…?)」

休憩も終えCOCOSAへやってきました。

やってきたのはCOCOSA内にある献血ルーム

「私献血ってしたことないんですけど、いきなり行って大丈夫なんですか?」

「大丈夫ですよ。ほら見てください、今日は60人の献血が必要なのにまだ16人しか来てないみたいです」

「人助けといきましょうか!」

というわけで献血をしていくことに…

「マイ献血カード持ってます!」

まずは受付をします。タブレットで必要な事項を入力したり、体重を測ったりします。

その後、問診や血圧の測定…

少量の血液で貧血の心配がないかどうかなどをチェックしてもらいます。

いきなり血を抜かれるわけではなく安全かどうかちゃんと診てもらえるので安心ですね!

何も問題がなければ、いよいよ献血スタートです!

 毛布とかもかけてくれます。優しい。

スタッフさんも優しくて初めてでもホッとします。

「言さん大丈夫?僕がついてるからね。痛かったら言うんだよ??」

大丈夫なので自分の席に行ってください…

かかる時間は献血の種類によっても違いますが、400ml・200mlの献血で大体10分〜15分ほどです。

一つ一つの席にテレビが付いていたりするので眺めているとあっという間ですね。

献血が終わった後は30分ほど休憩が必要です。

休憩中はジュースや…

お菓子…

マンガもずらり!!!

携帯の充電器やWi-Fiもあります!!充実!!

もちろん献血をした方は無料です!

大きな声でおしゃべりはできませんが、こうしてゆったり過ごす時間も大事です。

良いことをした後なので心晴れやかな気分。

絆創膏ももらったよ

休憩も無事終え、1階のフォトスポットで記念撮影もしました!

続いて、鶴屋にやってきました。

本館で行われている催事に向かいます。

「お菓子を食べたとはいえ、もう少し食べてスタミナつけないとね!」

というわけで、試食…!

試食…!

試食…!!!

さすが下見をしてきた伊藤、バンバン試食を配っているところにスマートに誘導してくれます。

ラーメンなんかもありました!普通に美味しすぎて企画が終わった後買って帰りたい。

お腹も満たされたところで伊藤の0円デートは終了!

途中ジェネレーションギャップなのか変な雰囲気にもなりましたが、

気にはなってたけど1人ではなかなか勇気が出なかった献血に連れて行ってくれたのは個人的に楽しかったです。

0円デート選手権終了

3人の0円デートいかがだったでしょうか??

条件は同じでも三者三様のデートだったように思います。

もちろんお金を使えるのであれば、経済を回す意味でも使ったほうが絶対いいとは思いますが

大切なのは相手を喜ばせよう楽しい時間を一緒に過ごそうという気持ちですよね。

たまには視点を変えてこういったデートをするのも悪くないかもしれません!

※今回は企画のために色々とご協力をお願いしておりますので、施設等を利用される際は常識の範囲でお願いいたします。

ライター紹介

言

読み方はKoto。 犬とスイーツが大好きな洋服オタク。 いつも普段着だよ。

このライターが書いた他の記事

【熊本市東区】豊富なメニューでたすかる。健軍付近でランチ迷子になったらここに行こう。「麺酒菜 伍乃四〇」

2024.07.09

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal