*
とじる
*
とじる
*
とじる

売切れ必至!でっかいこだわりといちごが乗った「フランス菓子 オルタンシア」のいちごタルトが想像以上の迫力でした。

ライター:川上 川上
キーワード:

こんにちは。川上です。

ほんとに旬ですよね。

いちご

世の中がいちごで溢れていて幸せです。

そう。いちごが溢れていると言えば、
宇土市にある「フランス菓子 オルタンシア」のいちごタル

その名も『大きすぎるいちごタルト』

ほんとにタルトから転げ落ちそうなくらい大きないちごが乗っています。

早速ご紹介していきましょう。


フルーツたっぷりのケーキが魅力的!宇土市「フランス菓子 オルタンシア」


本日ご紹介する「フランス菓子 オルタンシア」の特徴は旬のフルーツを贅沢に使ったケーキ。ショーケースに沢山並んでいます。


宇土市のお隣、宇城市のデコポンのタルトや、


スイーツとしては珍しいきんかんまで。いろんな種類のフルーツを使ったケーキがあります。


そして今日のお目当ていちご!見て下さい。この大きないちご。下のタルトが小さく見えますが…そんなことはありません。よく見かけるタルトとほとんど大きさは変わりません。オーナーシェフがこだわって大きないちごを毎回選ばれているんだそうです。

いちごは、その日によって大きさが変わります。


「今日のいちごは小さいんです…」
とちょっと寂し気。え?そうなの?


フルーツを使ったケーキ以外に、シンプルなのに人気者のロールケーキや


ナッツ、ミニガレットブルトンヌ、サブレ、ドライフルーツなどがぎっしり乗って、食べ応えのありそうなたっぷり木の実のブレンドショコラ、


焼き菓子まで色々揃っています!

こだわりって言葉が陳腐に聞こえるくらい、素材へのこだわりが凄い


オーナシェフ 平田さん

ケーキのこだわりについて、オーナシェフの平田さんにお話を聞きました。


「いちごタルトが凄いと聞いてやってきました。いちごのこだわりを教えてください。」


「いちごは農家さんから直接仕入れていて、なるべく大きなものをお願いしています。大きい方が美味しいんです。その他にもフルーツは旬にこだわっていますね。自分の目で見て決めないと使いません。自分で市場へ足を運んでいます。市場にいるケーキ屋はうちだけだと言われます。笑」


「かなり時間を掛けて選ばれているんですね!選び抜かれたフルーツ絶対美味しいですね!」


「ケーキに使うフルーツは、完熟しないと使いません。だんだんフルーツと会話が出来るようになるんです。完熟したらフルーツが合図をしてくれます。それからしか使いません。長い時だと仕入れて2ヶ月くらい寝かせます。」


「2ヶ月…なるほど。フルーツ以外にはどんな部分にこだわられていますか?」


「生クリームです!100%純生クリームを使っています。一般的には純生クリーム80%が多いです。うちは植物油脂は入っていません。だから口に残らないんです。」


「生クリームに入れている砂糖もグラニュー糖ではなく氷砂糖です。これを名古屋のメーカーに直接お願いして、2種類の粗さの粉末にしてもらってます。

これを使うと甘みにキレが出て、しつこくないんです。だから年配の方や甘い物が苦手な方にも食べて頂いています。」


「強いこだわりにびっくりしました!それであれば、ケーキを是非食べて欲しいですね!」


「ケーキももちろん食べて欲しいですが、焼き菓子もおすすめです!バターも100%で作っています。」


「それなら焼き菓子も食べてみたいです!」


「チョコも人気ですよ。」


「チョコも是非頂きます!笑」

平田さんおすすめのスイーツ一挙ご紹介!

大きすぎるいちごタルト


まずは今回の目的、『大きすぎるいちごタルト』。上にも下にもいちごがたっぷり。


いちごが大きい。

上から見ても大きい。これで小さいってどういうこと。

クリームは生クリームとカスタードクリームの2層になっています。こちらもタルトからはみ出ているというサービスっぷり。

タルトも綺麗な色。絶対美味しい。


いちごは三角町の農家さんから直接仕入れているそう。このいちごはさがほのか。時期ごとのベストないちごを使うので品種はその時次第。


クリームはさっぱりした感じ。軽く食べられます。

ガレット


焼き菓子で1番こだわっているのがこのガレットだそう。


平田さんが長年使っているバターをふんだんに使われているそう。

良い焼き色です。とっても美味しそう。ホロホロしている感じがすでに分かりますね。


サックサクです。ほろほろと崩れそうな繊細な生地。後から追いかけてくるバターの風味がたまりません。

もち米ショコラ


お客様から人気のあるのはこちら。

もち米ショコラです。炒ったもち米と白胡麻が入っていて香ばしい。

一口サイズでパクパクと食べれます。小ぶりで、可愛いパッケージなのでちょっとしたプレゼントにもいいですね。

試食させて頂いた別のアーモンドチョコもとっても美味。こちらもおすすめです。

迫力満点の『大きすぎるいちごタルト』はもちろん、焼き菓子もチョコもこだわりたっぷりなので是非食べてみて下さいね。

フランス菓子 オルタンシア

住所

熊本県宇土市松原町101-2

営業時間

11時〜19時

定休日

毎週水曜日、第3火曜日

Instagram

https://www.instagram.com/orutansia_09/?hl=ja

電話番号 0964-27-9567

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal