*
とじる
*
とじる
*
とじる

【悲報】中華飯店 四海楼が閉店(´;ω;`)【50年の歴史に幕】

ライター:りよう りよう

またしても熊本の歴史のあるお店が閉店していました。

135d357f.jpg

700c2366.jpg

古城町の国立病院前にある【中華飯店 四海楼(しかいろう)】さんです。

この歴史のあるお店が昨日の12月29日を持って閉店されたそうです。

8f7da283.jpg

↓↓↓↓↓↓↓
d72f8f2a.jpg

すでに看板も撤去されており

1a6ea7d9.jpg

店頭のサンプル食品も無くなっていました。

四海楼さんが閉店されるという噂を知人から聞いて、本日慌てて向かいましたが一日遅かったようです・・・

店主がすでに店内の片付けをされていました。
店主の話によるとまた再開される予定もあるとのことですが、まだ何も決まってはないということみたいです。

四海楼さんは、国立病院機構熊本医療センターの前に古くからある中華料理屋さんで、この地で50年もの間お店を営まれているでご存知の方も多いことでしょう。

個人的には、ここの太平燕は絶品で無性に『太平燕が食べたくなった』時にはこちらのお店に食べに来ておりました。

太平燕以外にも酢豚や炒飯なども家庭的な中華と言った感じで絶品でした。

それだけに閉店が残念で仕方ありません。

また、ご主人おかみさん共にお元気になられて復活することを心より願っております。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal