*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本最後の「満遊書店」南高江店が6月30日で閉店

ライター:山田 山田
キーワード:

熊本市南区南高江にある古本屋「満遊書店 南高江店」が、6月30日(水)で閉店するそうです。かつて、九州各地に存在し、県内にも日赤通りや坪井、菊陽などに店舗を構え一斉を風靡した古本屋です。今回閉店する南高江店は熊本最後の店舗です。6月からは閉店セールも実施予定だそう。


満遊書店 南高江店

今回、閉店が決まったのは「満遊書店 南高江店」。国道3号線沿いにあり、向かい側にはぐるぐる倉庫があります。

「満遊書店」はのれん分けで展開し九州各県に店舗を構え、かつては県内にも数店舗あった古本屋です。

漫画だけでなく、ゲームやCD、DVD、グッズ等を扱うお店でした。

店頭には閉店のお知らせが。1992年に創業しこれまで営業されていましたが、6月30日を持って閉店するそうです。

マニア心くすぐるレトロなお店

足を踏み入れると昔ながらの本棚にギュッとコミックが詰まっていて、古本の香りに懐かしい気持ちになりました。

昔と変わらない雰囲気のまま今まで営業されていました。

CDは在庫処分として1枚50円、10枚なら300円で販売されていました。もしかしたら掘り出し物もあるかもしれません。

グッズ類は袋に詰め放題で330円。グッズの詰め放題って斬新ですね。

懐かしいものがたくさんあって、これも欲しくなってしまいます。

階段を登って2階に登る途中にも懐かしいポスターがたくさん貼ってありました。

この雰囲気も今ではなかなか味わえないので、なんだか寂しいですね……。

2階にはフィギュアを始めとするグッズなどがたくさん並んでいました。この雑多な感じが好きなんです。

ショーケースにはわりと最近のアニメや漫画のグッズも。

現在でも詰め放題等で在庫処分をされていますが、6月からは閉店セールを実施するとのこと。

他にも、店内で使用している什器類は希望する方に差し上げるとのことです。

懐かしいお店がまたひとつ

かつて県内各地に存在した「満遊書店」。南高江店が閉店することで、県内から「満遊書店」が姿を消すこととなります。

すでに買取は終了していました。販売に関してもセールが始まると一気に無くなると思いますので、何かをお探しの方はお早めに。

昔通っていたけれど、最近はあまり…といった方も最後に足を伸ばされてみてはいかがでしょうか?

満遊書店 南高江店

住所

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江7丁目6−番8号

営業時間

11:00~21:00

定休日

木曜日

電話番号 0963583703

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

デブ大歓喜の1キロ定食発見!泗水の「めしまる」でボリューム満点飯!

2021.09.18

海に鳥居があるならそこから入って参拝するのが当然だよね?永尾神社に海から参拝してきた

2021.09.17

「冷やしかしわそば」が美味しすぎる!暑い日にぴったり汁まで飲み干せるさっぱりそばを九品寺「川しま」で!

2021.09.15

こんな場所にお地蔵さん??洞窟の中にいる虚空蔵さんに会いに行ってきた

2021.09.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal