*
とじる
*
とじる
*
とじる

湧き水でカルピス作ると美味しいのか 阿蘇・南阿蘇・南小国の湧き水で飲み比べてみた

ライター:山田 山田

熊本といえばおいしい水。県内各地に湧き水や豊富な地下水があり、水くみ客もよく目にします。どこの水が美味しいとかよく議論になりますが、今回は「湧き水でカルピス作ると美味しいんじゃね?」と阿蘇、南阿蘇、南小国の湧き水を回って飲み比べてみました。


南小国の立岩水源

こんにちは、身体の6割が水で出来ている男、肥後ジャーナルの山田です。

美味しい水が飲みたい、そんな思いでよく水源に立ち寄るのですが、今回は南小国の立岩水源に来ています。

岩肌から伸びる水管から滾々と水が湧き出ています。

割と山奥なのですが、気温と比べて水温は低くなくそれほど冷たくもないですし、なにより

Wi-Fiが飛んでます。まじかよすごいな。

そして、今回はこの南小国の立岩水源と阿蘇、南阿蘇の水源を巡りながら

カルピス

を作って飲み比べてみたいと思います。

ただでさえ美味しいカルピスを湧き水で作るときっと美味しいはず。

そして、それぞれの水に違いがあるからこそ、カルピスの味わいも変わるはず!!!ということで飲み比べてみたいと思います。

まずは、原液をコップにたっぷり入れます。私は濃い目が好きなので気持ち多めに。

そして、湧き水を注いでいきます。

勢いありすぎて一瞬でカルピスが消えてしまいました…どうして…。

隣に、チョロチョロと優しく流れ出ている場所もあったので、こちらでリベンジ。

うんめぇっ。

立岩水源の水は、硬度が低くて柔らかいのが特徴。カルピスも味はしっかりしているのに水道水で作るときよりすっきり飲みやすくなっています。なんなら水温も丁度いい。1カ所目ですがこんなに変わるとは思いませんでした。

続いて阿蘇へ

続いてやってきたのは阿蘇神社。ここでも美味しいお水がいただけます。

お手水専用かと思いきや、よくここで水くみしている人も見るので美味しいのだろうと信じてやってきました。

先程の反省を生かして、先に水を入れてからカルピスを注ぎます。

うめっ。

飲み口はさっきの立岩水源の方がさっぱりしていましたが、阿蘇神社の水は水そのもの主張がしっかりしていて美味しさを実感できました。

南阿蘇の塩井社水源

続いて訪れたのは南阿蘇村にある「塩井社水源」。南阿蘇は水源も豊富ですが、せっかくなので今まで立ち寄ったことのない場所にやってきました。

別に、時間がなくて一番近くの水源にしよって決めたわけじゃないんだからねっ。

塩井社水源は池から直接注ぐタイプ。どこにも飲んでね!!って書いてなかったので飲用水にできるのか非常に不安でしたが、柄杓がおいてあるしきっとだいじょうぶでしょう。見た感じとても澄んでいてキレイでしたし。

半目になってますが、不安をよそに美味しく飲めました。

フレッシュな味わいで、先の2つと比べても甲乙つけがたいくらい美味しい。やっぱり水源カルピス最高かもしれない。

もちろん、このあとお腹を壊すこともなかったのできっと飲用水だと思います。たぶんね。

結論:水源カルピスはマジでうまい

ということで、唐突な思いつきで水源カルピス飲み比べをしてみました。

個人的には立岩水源のような柔らかすぎるくらいに柔らかい水が濃厚なカルピスの味わいを引き立ててくれて相性が良かった気がします。

でも、まあ個人の好みもありますし、誤差の範囲で、どこの水源でも水道水で割るよりはるかに美味しいカルピスが楽しめましたよ!!

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

いきなり団子を陣太鼓で作ったら美味しいのでは?「いきなり陣太鼓」を作ってみた

2022.05.05

南阿蘇で深呼吸しよ!!高血圧だと言われたので南阿蘇エリアをぐるっと回って深呼吸してきた

2022.03.31

玉子焼きは甘い(砂糖)派?しょっぱい(塩)派?それともだし巻き派?「おべんとうのヒライ」でだし巻き食べてたら論争が起きた

2022.03.18

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

エアコン掃除が2,200円!?4月29日30日に八代であるKクリーンの決算大セールがすごい

PR

2022.04.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal