*
とじる
*
とじる
*
とじる

【高森町】東京ドーム約1個分の広さ!!時間無制限で狩り放題のブルーベリーの楽園「アソブル」が7月13日(土)オープン!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

旬のフルーツって、みずみずしくて甘くって、本当においしいですよね!

これからの季節、子どもから大人までみんなで楽しめるのがブルーベリー。

この夏、高森町にオープンする広大なブルーベリー園「ASOBLUE(アソブル)」は、

今季限定で大人1,500円→1,000円!

しかも時間制限なし&子ども無料

という、驚くほど良心的なシステム!

「これはもう行くしかない!」という、超大規模なブルーベリー園をご紹介したいと思います。


植木屋さんがブルーベリー園をオープン!

7月13日(土)にオープンする大阿蘇ブルーベリー園「ASOBLUE(アソブル)」があるのは、阿蘇郡高森町。

観光スポットとしても有名なサクラミチの近くで、サクラミチを作った大阿蘇造園さんが新しく作られたブルーベリー園です。

のどかな山の中にあるブルーの看板を目印に、ブルーベリー園へと向かいます。

行ってみたら、まぁーーー!!!

とにかく広い!驚くほど広い!

Aエリアだけでも相当広いのに、Dエリアまであり、もうこれは、ブルーベリーのテーマパークのよう!

敷地はなんと、東京ドーム約1個分ということで、そこで品種20種類以上、2,500鉢以上のブルーベリーが育てられています。

早速ブルーベリー狩りを体験

駐車場に車をとめ、こちらのカフェで受付を行います。

料金は、通常料金大人1,500円のところ、今シーズン限定で大人1,000円!

さらに大人1名につき、子ども(小学生まで)2人まで無料という、子ども連れにはとてもありがたい料金システムです。

受付をすると、リストバンドとブルーベリーを入れるパックをもらえます。

そして、園内食べ放題だけではなく、このパックにつめたブルーベリーも、料金内でお持ち帰りOKというのだから、驚き桃の木山椒の木。ちなみに2パック目以降は、1パック500円で買い取りとなります。

カフェ前の看板に「本日の狩りエリア」が表示してあり、狩り場の確認ができます。

受付をされた方は、狩人の証であるリストバンドをはめて、いざブルーベリー狩りへと出陣!

脳内では「あずさ2号」が流れだしましたが、なんだかゲーム感覚になれるこの看板、いいですね。

園内に入ってみると…

おびただしいほどのブルーベリーの数!

下には防草シートが敷いてあり、上にはソーラーパネルがあるので、暑い日も、多少の小雨が降っても園内はとっても快適!ちなみに、エリア限定でペット同伴も可能です。

ソーラーパネルも、ブルーベリーの生育に影響がないような傾斜と配置になっているので、ブルーベリーもとっても元気です。

こちらには「TH605」という、特許をとっている、特定の植木屋さんでしか扱えない特殊なブルーベリー苗もあるそうで、熊本県内で育てているところはほぼないのではないか、というほどの希少な品種も育てられています。

もうブルーベリーというよりも、ぶどうのような実のつきかた!

大阿蘇造園の社長もいらっしゃって、「枝の先の方が甘くて美味しいよ」と教えてくださいました。

ひとつとって食べてみると、めちゃくちゃ甘くてみずみずしくてジューシー!

これはほんっとに美味しいブルーベリーです。

粒も大きく、黒い宝石のようなブルーベリー。

いくらでも食べられそうな罪深い美味しさです。

園内でたくさん食べた後に、サービスで1パック分お持ち帰りも…!
かなりたくさん入ります。

持って帰って子どもにあげたところ、「このブルーベリー、世界一美味しい!」(まだ世界を知らない5歳児談)と大絶賛でした!

ドリンクやソフトクリームが楽しめるカフェも

最初に受付をしたカフェでは、ブルーベリーのドリンクやソフトクリームも楽しめます。

ドリンクのシロップやソフトクリームのソースは、すべて園内のブルーベリーを使って手作りされたもの。

ブルーベリースカッシュ(500円)は、砂糖は10%ほどしか使われていないそうですが、ブルーベリーの甘みをしっかり堪能できるさわやかな飲み口!

ブルーベリーソースにミルクとコーヒーを入れたラテ(600円)も大人の味で、コーヒーとブルーベリーも、意外と相性が良いことにびっくり!甘い飲み物が苦手な方でも楽しんでいただけそうです。

ほかにも、生乳感たっぷりなのに軽い口当たりのソフトクリームやパフェなどもあり、ブルーベリースイーツも楽しめますよ。

高森をもっと盛り上げたい!

この広いブルーベリー園の管理をされている、大阿蘇造園の営業部長・後藤さんと、カフェを担当されている奥様。

「植木屋として、地域のため、人のためになにができるか…」と考えながら、逆風を恐れず、新しい取り組みに挑戦されています。

もともと石が多く、猪や鹿といった獣害もあるため、耕作も放棄されていた場所を開拓。「ブルーベリー園として蘇らせ、訪れる人に楽しんでもらえる場所にするのと同時に、阿蘇の貴重な地域資源、土地を守っていきたい。そして地域一体となって高森を盛り上げていきたい!」という想いをもって活動されています。

取材日は小雨で、根子岳が見られませんでしたが、晴れていれば美しい根子岳を見上げることができる抜群のロケーション!

さらに、夏に美しい花を咲かせるサルスベリの木も園内に200本ほど植樹されており、新しい観光スポットにもしていきたいとのこと。

単なるブルーベリー狩りにとどまらず、それが子どもたちの食育になったり、大人が癒される場所となったり、町が盛り上がるきっかけとなったり…。大きな志を持ってオープンされるブルーベリー園です。

最高のロケーションで、かつ手頃な価格でブルーベリー狩りが楽しめる新スポットのオープン、今から楽しみですね!

※果実確保のため、ブルーベリー狩りに行かれる際は、事前に電話予約をお願いいたします。

※広大の敷地とブルーベリーの管理など、大変な作業をされながら運営されています。良識をもってブルーベリー狩りを楽しんでいただくよう、お願いいたします。

大阿蘇ブルーベリー園「ASOBLUE(アソブル)」

営業時間

10:00~15:00(LO 14:30)

定休日

月・火曜日(天候により臨時休業あり)

月曜日祝日の場合は営業 その場合は、火・水曜日がお休みになります

駐車場

あり

電話番号 090-3320-3794

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【西原村】元気をチャージできる「萌の里」のひまわり畑!今なら切り花お持ち帰りも

2024.07.08

【合志市】お肉には自信あり!あの有名焼肉屋の新しい挑戦「とんかつ きく富」が6月28日(金)オープン

2024.07.03

【高森町】東京ドーム約1個分の広さ!!時間無制限で狩り放題のブルーベリーの楽園「アソブル」が7月13日(土)オープン!

2024.06.30

【南阿蘇村】まるで絵本の世界!森と溶け合える癒しのひとときが過ごせる素敵なカフェ・ギャラリー「緑の小箱」

2024.06.29

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】食べ飲み放題で2,500円!7月17日オープンの「おすすめ屋」はコスパ重視派におすすめ!

PR

2024.07.18

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】食べ飲み放題で2,500円!7月17日オープンの「おすすめ屋」はコスパ重視派におすすめ!

PR

2024.07.18

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal